SUBARUのフォレスターがビッグマイナーチェンジをしたようですね

スポンサーリンク

あまり注視していなかったから……違いがわからない……!!!


以下引用

【東京モーターショー15】スバル フォレスター 大幅改良モデル公開、アダプティブドライビングビームを初採用
富士重工業は、スバル フォレスターの大幅改良モデルを10月6日より専用サイトで公開、10月28日の東京モーターショー プレスデーにて正式発表する。
今回の改良では、安全性能をさらに強化。「アイサイト(ver.3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用することで、安全性能に磨きをかけた。
エクステリアは、フロントフェイスを刷新。スバルアイデンティティを強調したヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーはワイド感を表現することで、頼もしさを感じさせるデザインへ進化させた。
インテリアは、インストルメントパネルにシルバーのフレームとピアノブラック調のコンビネーション加飾パネルを採用し、質感を向上。メーターパネル中央にカラー液晶のマルチインフォメーションディスプレイを採用し、アイサイトやSI-DRIVEの作動状況をはじめ、運転に必要な情報を分かりやすく表示する。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
955563.jpg
フォレスターって口がぐわって開いてるタイプ(ヘキサゴングリルの下の部分ね!)が現行だと思ってばかりいたのですが
グレードによってぐわって開いてるのか小さく怒り口なのか違うんですね。知らなかった……。
スバルのオレンジ色ってキレイ。
画像はX-breakというグレードです。
全グレードはソース内にあります。
現行に比べアイラインがより強調されて、精悍な顔つきになったように見えます。
フォグは現行よりも大きくなり、アウトバックに近いデザインになりましたね。
顎をがっしりさせた感じ。
また、ヘキサゴングリルも大きく変更されており、ハニカムグリルから新しいデザイン変更されております。
エンブレム左右のメッキ部分が細くなりました。
……このメッキ部分はないほうがかっこいいと思うんだけどなあ……。
更にビッグマイナーチェンジによって、アイサイトVer2からVer3に変更。
アイサイトはトヨタの新しい安全装置のように相互通信をするようなタイプではありませんが
カメラ、レーダー等を駆使して自動ブレーキ、レーンキープアシストシステム等がついております。
更にスバルでは初のLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプにも対応。
これは、右にハンドルの方向に合わせてライトを動かしてくれる機能ですね。
アイサイトにはまだ装備されていなかったので、これは朗報です。
こちらのフォレスター、東京モーターショーに合わせてお披露目になるそうです。
楽しみですね。

スポンサーリンク