スバル新型レガシィアウトバックが2020年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバルレガシィアウトバック

スバル新型レガシィアウトバックのの2020年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2020年に行われるスバル新型レガシィアウトバックのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事ではスバル新型レガシィアウトバックのについて以下の情報を速報でお伝えしています。

  • スバル新型レガシィアウトバックの新型エンジンの詳細
  • スバル新型レガシィアウトバックの新型ハイブリッドエンジンの詳細
  • スバル新型レガシィアウトバックの新開発の先進安全装備搭載
  • スバル新型レガシィアウトバックの新型プラットフォーム採用
  • スバル新型レガシィアウトバックの発売時期は2020年上旬予定
  • スバル新型レガシィアウトバックの予測されている価格

それでは2020年にフルモデルチェンジが行われるとされているスバル新型レガシィアウトバックについて見てみましょう!

スポンサーリンク

スバル新型レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ情報

スバル新型レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ情報が入っています。

フルモデルチェンジに伴う変更点を一つずつご紹介します!

スバル新型レガシィアウトバックのコンセプトカー

2018年3月に行われた欧州最大のモーターショーであるジュネーブモーターショーにて、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTがワールドプレミアしました。

スバル新型レヴォーグのコンセプトカー スバル新型レヴォーグのコンセプトカー

コンセプトカーのコードネームであるVIZIVとは”Vision for Innovation”の造語であり、スバルの未来を表しています。

本コンセプトカーはワゴン形状であるものの、以降リリースされるすべての車種は本コンセプトカーをベースに作成される模様です。

DYNAMIC×SOLIDデザインを採用しているものの新しい解釈としてよりアグレッシブなデザインとなっています。

本コンセプトカーには現行型スバルデザインと比べると以下のような違いがあります。

  • ホークアイヘッドライトが細長く釣り上がったデザインへと変更
  • 塊感を強調する造形
  • フロントグリルが拡大
  • フロントバンパーのデザインが変更
  • テールライトが細長いデザインへと変更

スバルのアイデンティティであるDYNAMIC×SOLIDを延長線上的に順当進化させたコンセプトカーですね。

スバル新型レガシィアウトバックのデザイン

スバルレガシィアウトバック

スバル新型レガシィアウトバックのデザインは、現在のところ判明しておりません。

源流であるスバル新型レガシィのスパイショットは撮影されていることから、近々スパイショットが撮影されることでしょう。

スパイショットが撮影されれば予測デザインや全体的なデザインシルエットが判明することになります。

スバル新型レガシィアウトバックのデザインが判明次第お伝えします。

スバル新型レガシィのプラットフォームはSGP採用

スバル新型フォレスター SGP

スバル新型レガシィアウトバックには、スバルインプレッサ以降順次搭載されているSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

スバル新型レガシィアウトバックに搭載されるSGPはあらゆる点において最高のプラットフォームであり以下のような特徴があります。

  • ボンネットエアバッグが搭載されており、交通事故時に歩行者の衝撃を吸収
  • 衝撃を効率的に吸収するボディ構造
  • ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ハイブリッド、EV、PHVに対応可能
  • 高剛性と低重心化によって地面に張り付くような運転の楽しさを追求
  • ホイールベースが延長され後部座席の快適性が向上
  • 車内静粛性が飛躍的に向上
  • サスペンションとの相性を最適化し乗り心地の快適性が向上
  • 重量が減少

SGP採用こそがスバル新型レガシィアウトバックのフルモデルチェンジにおける最大のメリットと言えるでしょう。

スバル新型レガシィのエンジン

スバル新型レガシィのエンジン

スバル新型レガシィアウトバックのエンジンは以下のエンジンが搭載されると考えられています。

  • 水平対向4気筒直噴2500ccガソリンエンジン
  • 水平対向4気筒直噴2400ccガソリンターボエンジン
  • 水平対向4気筒直噴2000ccハイブリッドエンジン(E-BOXER)

スバル新型レガシィアウトバックでは北米向けに展開されていた水平対向6気筒3600ccガソリンエンジンが廃止され水平対向4気筒直噴2400ccガソリンターボエンジンへと代替されます。

本エンジンは北米で展開されていたことから国内で展開されるのか不明です。

また、スバル新型フォレスターで初めて搭載されたハイブリッドエンジン(E-BOXER)も搭載されるでしょう。

方向性はちがうものの、ライバルであるマツダCX-5のディーゼルエンジンに並ぶ高燃費と高パワーのエンジンが搭載されますね。

スバル新型レガシィのアイサイトはバージョンアップ

スバル新型レガシィのアイサイト

スバル新型レガシィアウトバックではアイサイトのバージョンがアップし、アイサイトVer4が搭載されると報道されています。

また、スバル新型フォレスターに初搭載されたドライバーモニタリングシステムも搭載されるでしょう。

ドライバーモニタリングシステムはドライバーの居眠りやわき見運転の検知機能が搭載されている他、シートポジション、ドアミラー角度、空調設定をドライバーごと自動調整します。

ドライバーモニタリングシステムは車が自動的に運転手を認識し運転に最適なポジショニングへと調整する世界初のシステムとなります。

アイサイトVer4の詳細が判明次第お伝えします。

スバル新型レガシィの発売日・発売時期

スバル新型レガシィアウトバックの発売日について、具体的な情報は現在のところ判明しておりません。

しかしながら発売時期はある程度判明しており、スバル新型レガシィアウトバックの発売時期は2020年上旬だと考えられています。

現在のスパイショットが最初期段階であること、2019年にスバル新型レヴォーグがリリースされることを考えると間違いないと考えられるでしょう。

具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スバル新型レガシィの価格

スバル新型レガシィアウトバックの価格は現在のところ判明しておりません。

しかしながら新プラットフォームであるSGP採用以降のモデルはすべて値上げされていることから、少なからず値上がりすると考えられるでしょう。

具体的な価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

スバル新型レガシィアウトバックのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • デザインはSUBARU VIZIV CONCEPTを踏襲
  • 新型プラットフォーム”SGP”が採用
  • 3種類のエンジンが採用
  • アイサイトVer4搭載
  • 2020年頃発売予定
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする