スバル新型レヴォーグが2019年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバルレヴォーグの画像

スバル新型レヴォーグの2019年に行われるマイナーチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるスバル新型レヴォーグのマイナーチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

また、記事の後半ではスバルレヴォーグの特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2019年にマイナーチェンジが行われるとされているスバル新型レヴォーグについて見てみましょう!

スポンサーリンク

スバル新型レヴォーグのマイナーチェンジ情報まとめ

スバルレヴォーグは現行型モデルが初代モデルとなるためモデルチェンジサイクルは現在不明です。

ただしスバルは年次改良を毎年行っていることから2019年にマイナーチェンジが行われることが判明しています!

トヨタ新型ランドクルーザーの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

スバル新型レヴォーグのエクステリデザイン

スバル新型レヴォーグのテストカー

スバル新型レヴォーグのテストカードイツのニュルンベルクにてリークされています。

ただしこのテストカーは2020年にフルモデルチェンジされる次期型スバルレヴォーグの可能性もあります。

また、スバル新型レヴォーグではエクステリアデザインの軽微な変更が判明しています。

スバル新型レヴォーグの具体的なデザインの変更点が判明次第お伝えします。

スバル新型レヴォーグのインテリアデザイン

スバル新型レヴォーグのインテリアデザインについて具体的な情報は現在のところ判明しておりません。

しかしながら一部口コミサイト等からリークされている情報によるとアイサイトのバージョナップに伴う一部インテリアデザインの変更があると言われています。

スバル新型レヴォーグのインテリアデザインについて具体的な変更点が判明次第お伝えします。

スバル新型レヴォーグのエンジン

スバル新型レヴォーグのエンジン

スバル新型レヴォーグに搭載されるエンジンは以下の通りです。

  • 水平対向4気筒1600ccガソリンターボエンジン(既存)
  • 水平対向4気筒2000ccガソリンターボエンジン(既存)
  • 水平対向4気筒2000ccガソリンエンジン+E-BOXER(新設)

スバル新型レヴォーグには新しくE-BOXERモデルが追加されます。

スバル新型レヴォーグにもE-BOXERが追加されることによってスバルレヴォーグにさらなる価値観・多様性が生まれることになりますね!

ここでスバルの新型ハイブリッドエンジンであるEーBOXERについて簡単にご解説します。

スバル新型ハイブリッドエンジンのE-BOXERの特徴

スバルE-BOXER

スバル新型XVに搭載されるE-BOXERはアシストをメインにパワーや燃費向上させるマイルドハイブリッドに分類されます。バッテリー出力は11kWhです。

スバルのE-BOXERではハイブリッド特有の高燃費よりもスポーツ性能を高めたハイブリッドシステムとなります。

スバルの価値観がよく現れたエンジンと言えますね。

日本の主力ハイブリッドであるトヨタTHSⅡやホンダi-MMDはバッテリー走行をメインとしており、燃費が大幅に改善する一方で本体価格が大きく跳ね上がります。

一方、スバルが開発したE-BOXERは安さ・性能で差別化されています。比較すると以下のような違いがあります。

メリットデメリット
スバルE-BOXER
  • 割安
  • 重量が軽い
  • EV走行ができない
  • 燃費があまり向上しない
トヨタTHSⅡ、ホンダi-MMD
  • EV走行が可能
  • 燃費が大幅に改善
  • 車両価格が高い
  • 重量が重い

また、スバルE-BOXERでは直噴エンジンを採用することによって200ps確保しており、スポーディな運転が楽しめるでしょう。

スバル新型レヴォーグの先進安全装備(アイサイト)

スバル新型フォレスターのインテリアデザイン

スバル新型レヴォーグにはアイサイトが拡張されドライバーモニタリングシステムが搭載されます。

ドライバーモニタリングシステムはドライバーの居眠りやわき見運転の検知機能が搭載されている他、シートポジション、ドアミラー角度、空調設定をドライバーごと自動調整します。

ドライバーモニタリングシステムは車が自動的に運転手を認識し運転に最適なポジショニングへと調整する世界初のシステムとなります。

スバル新型レヴォーグの発売日・発売時期

スバル新型レヴォーグの具体的な発売日は判明しておりません。

しかしながらある程度発売時期は予測されており、2019年7頃だと言われています。

スバル新型レヴォーグの具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スバル新型レヴォーグの価格

スバル新型レヴォーグの価格は現在のところ判明しておりません。

スバル新型レヴォーグの価格について情報が入り次第お伝えします。

スポンサーリンク

スバル新型レヴォーグの2019年マイナーチェンジ情報まとめ

スバル新型レヴォーグの2019年に行われるマイナーチェンジではデザインでは大きな変更が行われないもののエンジン、アイサイトに大きなテコ入れが行われる模様です。

大規模な変更となるプラットフォーム、デザイン、エンジンの大きな変更は2020年に行われる次期型スバルレヴォーグに期待したいですね。

それでは最後にスバルレヴォーグの特徴を簡単に振り返ります。

スポンサーリンク

スバルレヴォーグの特徴

スバルレヴォーグのデザイン

スバルレヴォーグは、スバルが販売しているステーションワゴンです。

以前販売されていたスバルレガシィツーリングワゴンの後継車として作られており、日本におけるトップオブワゴンといえるモデルですね。

スバルダイナミックソリッドデザイン

スバルレヴォーグはスバルのアイデンティティである”DYNAMIC×SOLID”をベースとしてデザインされています。

ソリッド(塊)感が強く、昨今の流行であるなめらかな流形デザインとは一線引いたデザインです。

動きだす瞬間の最も力が溜まっている構え、たくましい骨格を感じる塊、動的で剛性感のある表情をひとつに纏めたものこそがDYNAMIC×SOLIDの特徴であるといえますね。

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力といえば、まずはその革新的なデザイン性が挙げられるでしょう。

スバルレヴォーグはシューティングブレークと呼ばれる、欧州発祥のクーペワゴンデザインを採用しています。

シューティングブレークは調整が難しく、一体感がなくチグハグ感があるデザインになりがちです。

一方、スバルレヴォーグは完璧とも言えるような落とし込みをしています。唯一無二のデザインです。

価格相応にインテリアも素晴らしく、機能的かつ先進的なインテリアデザインとなっています。

もちろん、ワゴン特有のユーティリティ性の高さも忘れられません。

後部座席は広く、トランクも広く作られています。カーゴルームにランプがあるポイントもナイスです。

そしてスバルと言えば、予防安全技術の原点とも言える存在です。

アイサイトの最新バージョンであるアイサイトツーリングアシストが搭載されています。

アイサイト搭載車と非搭載車を比べると、なんと事故率が6割も減少しています!

アイサイトブランドの強固さは圧倒的です。下取り価格にももちろん反映されます。

唯一無二のスポーツワゴンであり、ユーティリティ性もあり、最新バージョンのアイサイトが利用可能であることが、スバルレヴォーグの魅力と言えるでしょう。

スバルレヴォーグの派生車種

スバルレヴォーグには派生車種としてスバルのスポーツブランドであるSTiモデルがあります。

デザインがよりスポーディなデザインが採用されている他、エンジンや足回りがチューンナップされており通常のスバルレヴォーグよりも更に磨かれたスポーツ性があります。

金額は跳ね上がるものの、相応に魅力が輝いているモデルですね。

スバルレヴォーグのサイズ

スバルレヴォーグのサイズは全長4690mm、全幅1780mm、全高1490mmです。重量は1490kg、ホイールベースは2650mmです。

ホイールベースの長さに対し全長が非常に長く設定されています。その理由はワゴンらしくトランクが大きいためでしょう。

その一方で全高が低いですから、流行のワイドアンドローなデザインとなっています。

スバルレヴォーグの価格

スバルレヴォーグの価格は、278万円~356万円と比較的高めに設定されています。

実質的にライバルが存在しないこともありますから、スバルとしての値付けを高く設定していると考えられますね。

しかしながら下取り価格はナンバーワンです。流行のSUVではないにも関わらず、下取り価格はトヨタハリアー・レクサスNXと同等レベルとなります。

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジンは以下の2種類が搭載されています。

  • 水平対向4気筒1600ccガソリンターボエンジン(レギュラー対応)
  • 水平対向4気筒2000ccガソリンターボエンジン

すべてのエンジンにおいてスバルのアイデンティティである水平対向エンジン、通称ボクサーエンジンを搭載です。

ボクサーエンジンとは、ボクサーが殴り合うように左右からシリンダーが動くことから付けられているあだ名です。

スバルレヴォーグに搭載されている1600ccターボエンジンはレギュラー対応、2000ccターボエンジンはハイオク専用となっています。

それでは次のページから、スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする