スバル新型レヴォーグが2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク

スバルレヴォーグの画像

スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報です。

本記事では、スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジに伴うエンジン、デザイン、価格、発売日といった変更点を記載します。

スバルは近年スバル新型フォレスタースバル新型XV等、新しく開発されたE-BOXERと呼ばれるハイブリッドエンジンの搭載に力を注いでいます。

スバル新型レヴォーグでも同じくE-BOXERが搭載されるのでしょうか?

まずはスバルレヴォーグの特徴について振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

スバルレヴォーグの特徴

スバルレヴォーグのデザイン

スバルレヴォーグは、スバルが販売しているステーションワゴンです。

以前販売されていたスバルレガシィツーリングワゴンの後継車として作られており、日本におけるトップオブワゴンといえるモデルですね。

スバルダイナミックソリッドデザイン

スバルレヴォーグはスバルのアイデンティティである”DYNAMIC×SOLID”をベースとしてデザインされています。

ソリッド(塊)感が強く、昨今の流行であるなめらかな流形デザインとは一線引いたデザインです。

動きだす瞬間の最も力が溜まっている構え、たくましい骨格を感じる塊、動的で剛性感のある表情をひとつに纏めたものこそがDYNAMIC×SOLIDの特徴であるといえますね。

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力といえば、まずはその革新的なデザイン性が挙げられるでしょう。

スバルレヴォーグはシューティングブレークと呼ばれる、欧州発祥のクーペワゴンデザインを採用しています。

シューティングブレークは調整が難しく、一体感がなくチグハグ感があるデザインになりがちです。

一方、スバルレヴォーグは完璧とも言えるような落とし込みをしています。唯一無二のデザインです。

価格相応にインテリアも素晴らしく、機能的かつ先進的なインテリアデザインとなっています。

もちろん、ワゴン特有のユーティリティ性の高さも忘れられません。

後部座席は広く、トランクも広く作られています。カーゴルームにランプがあるポイントもナイスです。

そしてスバルと言えば、予防安全技術の原点とも言える存在です。

アイサイトの最新バージョンであるアイサイトツーリングアシストが搭載されています。

アイサイト搭載車と非搭載車を比べると、なんと事故率が6割も減少しています!

アイサイトブランドの強固さは圧倒的です。下取り価格にももちろん反映されます。

唯一無二のスポーツワゴンであり、ユーティリティ性もあり、最新バージョンのアイサイトが利用可能であることが、スバルレヴォーグの魅力と言えるでしょう。

スバルレヴォーグの派生車種

スバルレヴォーグには派生車種としてスバルのスポーツブランドであるSTiモデルがあります。

デザインがよりスポーディなデザインが採用されている他、エンジンや足回りがチューンナップされており通常のスバルレヴォーグよりも更に磨かれたスポーツ性があります。

金額は跳ね上がるものの、相応に魅力が輝いているモデルですね。

スバルレヴォーグのサイズ

スバルレヴォーグのサイズは全長4690mm、全幅1780mm、全高1490mmです。重量は1490kg、ホイールベースは2650mmです。

ホイールベースの長さに対し全長が非常に長く設定されています。その理由はワゴンらしくトランクが大きいためでしょう。

その一方で全高が低いですから、流行のワイドアンドローなデザインとなっています。

スバルレヴォーグの価格

スバルレヴォーグの価格は、278万円~356万円と比較的高めに設定されています。

実質的にライバルが存在しないこともありますから、スバルとしての値付けを高く設定していると考えられますね。

しかしながら下取り価格はナンバーワンです。流行のSUVではないにも関わらず、下取り価格はトヨタハリアー・レクサスNXと同等レベルとなります。

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジンは以下の2種類が搭載されています。

  • 水平対向4気筒1600ccガソリンターボエンジン(レギュラー対応)
  • 水平対向4気筒2000ccガソリンターボエンジン

すべてのエンジンにおいてスバルのアイデンティティである水平対向エンジン、通称ボクサーエンジンを搭載です。

ボクサーエンジンとは、ボクサーが殴り合うように左右からシリンダーが動くことから付けられているあだ名です。

スバルレヴォーグに搭載されている1600ccターボエンジンはレギュラー対応、2000ccターボエンジンはハイオク専用となっています。

それでは次のページから、スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする