スバル新型レヴォーグが2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバルレヴォーグの画像

スバル新型レヴォーグの2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われるスバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

本記事ではスバル新型レヴォーグについて以下の情報を速報でお伝えしています。

スバル新型レヴォーグのポイント!
  • スバル新型レヴォーグのコンセプトカー
  • スバル新型レヴォーグのエクステリアデザイン
  • スバル新型レヴォーグのインテリアデザイン
  • スバル新型レヴォーグのプラットフォーム
  • スバル新型レヴォーグのエンジン
  • スバル新型レヴォーグの発売日・発売時期
  • スバル新型レヴォーグの価格

また、記事の後半にて現行型スバルレヴォーグの特徴や仕様について本記事でも簡単に触れていますが、詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされているスバル新型レヴォーグについて見てみましょう!

スポンサーリンク

スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジに伴う変更点

スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジでは、プラットフォームの変更やエンジンの全面一新されたダウンサイジングターボの搭載と大きな変更点が挙げられます!

スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジに伴う変更点を1つずつ変更点を見てみましょう!

スバル新型レヴォーグのコンセプトカー

2018年3月に行われた欧州最大のモーターショーであるジュネーブモーターショーにて、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTがワールドプレミアしました。

VIZIVとはVision for Innovationの造語であり、スバルの未来を表しています。

スバル新型レヴォーグのコンセプトカー スバル新型レヴォーグのコンセプトカー

現行型スバルレヴォーグ同様にDYNAMIC×SOLIDデザインを採用しているものの新しい解釈としてよりアグレッシブなデザインとなっています。

ヘキサゴングリルが拡大している他、ホークアイヘッドライトもより鋭くなっていますね。

なお、SUBARU VIZIV TOURER CONCEPTでは以下のサイズです。

全長4775mm
全幅1930mm
全高1435mm
ホイールベース2730mm

ただしコンセプトカーはデザインの印象を強くするため大きく作成されることから、実車では二回り程小さくなるでしょう。

スバル新型レヴォーグは日本専売車から世界戦略車へシフト

スバルレヴォーグの魅力

現行型スバルレヴォーグは国内専売車として開発されたものの、デザインの完成度や実用性の高さから欧州でも販売された過去があります。

スバルは海外でもツーリングワゴンの需要が高いことからスバル新型レヴォーグは世界戦略車として開発される模様です。

それに伴い現在の日本国内にとってちょうどよいサイズからDセグメントワゴンらしいサイズへと変更されることが予測されています。

また、フラッグシップモデルであるSTIモデルはBMW3シリーズやメルセデスベンツCクラスに引けを取らないモデルまで引き上げられるでしょう。

スバル新型レヴォーグのテストカー

スバル新型レヴォーグのテストカーがドイツのニュルブルクリンクにて撮影されました。

スバル新型レヴォーグのテストカー スバル新型レヴォーグのテストカー スバル新型レヴォーグのテストカー スバル新型レヴォーグのテストカー

本スバルレヴォーグは一部カモフラージュがされておりテストカーではあるものの、外観はほぼスバルレヴォーグと共通です。

これはスバル新型レヴォーグのエンジンや新設計プラットフォームやシートといった外観以外のテストを行っている証拠であり、外観デザインのリークも間もなく行われるでしょう。

また、この一枚をよく見てみてください。(クリックやタップで拡大できます)

スバル新型レヴォーグのテストカー

ピースしている運転手に目が行きますが(笑)本スバルレヴォーグのアイサイトは現行型スバルレヴォーグと形状が異なり横長なデザインとなっています。

ここから、スバル新型レヴォーグでは新型アイサイトが搭載される可能性が非常に高いと言われています。

スバル新型レヴォーグのエンジンは新開発ダウンサイジングターボ

スバル新型レヴォーグのエンジン

スバル新型レヴォーグでは、これまで搭載されてきたダウンサイジングターボ2種がどちらも新開発ダウンサイジングターボエンジンへと置き換わります。

  • 水平対向1500ccガソリンターボエンジン(150ps)
  • 水平対向1800ccガソリンターボエンジン(180ps)
  • 水平対向2400ccガソリンターボエンジン(270ps)

現在のパワートレインから大きく変更され2000ccは1800ccに、1600ccは1500ccへと更なるダウンサイジング化が行われる模様です。

ダウンサイジング化することにより馬力はある程度抑えられるとかんがえられるものの、燃費は大きく向上し10%~15%程度向上すると考えられています。

これに伴い、JC08モード燃費で15km~18km台へと向上するでしょう。

一方、STIモデルにはスバル最大のエンジンである2400ccターボエンジンが搭載される模様です。

スバル新型レヴォーグSTIにふさわしいハイパワーエンジンですね。

スバル新型レヴォーグのプラットフォームはSGP採用

スバル新型レヴォーグのプラットフォームはSGP

スバル新型レヴォーグには、スバルインプレッサ以降順次搭載されているSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

スバル新型レヴォーグに搭載されるSGPはあらゆる点において最高のプラットフォームです。SGPには以下のような特徴があります。

  • ボンネットエアバッグや衝撃を効率的に吸収するボディ構造
  • ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、EV、PHVに対応可能
  • 高剛性と低重心化によって地面に張り付くような運転の楽しさを追求
  • ホイールベースの延長によって室内空間の大幅な拡大

現在のスバルレヴォーグは非常にスポーディなツーリングスポーツワゴンですが、スバル新型レヴォーグでは更にスポーディさに加え安心に磨きのかかるモデルとなりそうですね。

なお、スバル新型レヴォーグではSGPを採用することによって以下のサイズとなることが予測されています。

2018現行型スバルレヴォーグ2019スバル新型レヴォーグ
全長4,690mm4,720mm
全高1,485~1,500mm1,475~1,500mm
全幅1,780mm1,820~1,840mm
ホイールベース2,650mm2,670mm

スバル新型レヴォーグでは全長とホイールベースが延長することによって後部座席の快適性が大幅に向上する他トランクスペースが拡大するでしょう。

スバル新型レヴォーグはスポーツ性能だけではなく実用性も高まるでしょう。

スバル新型レヴォーグは新型アイサイトVer4搭載が濃厚

スバル新型フォレスター アイサイト

現在販売されているスバルレヴォーグには世界最高クラスの運転支援システムであるアイサイトツーリングアシストが搭載されています。

アイサイトツーリングアシストには以下の機能が搭載されています。

  • プリクラッシュブレーキ
  • 後退時自動ブレーキ
  • AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
  • 全車速対応型アダプティブクルーズコントロール
  • 車線中央維持機能(ステアリング操作)
  • 先行車追随操舵(ステアリング操作)
  • 警報&お知らせ機能
  • 後側方警戒支援システム
  • スマートリヤビューミラー
  • フロント&サイドビューモニター

先述のスバル新型レヴォーグのテストカーからみるに、スバル新型レヴォーグではアイサイトVer4が搭載されることが濃厚と言えるでしょう。

スバル新型レヴォーグに搭載されるアイサイトVer4では高性能GPS、地図、レーダーを活用し更なる高度運転支援技術となる予定です。

具体的な機能は続報をもってお届けします。

スバル新型レヴォーグの発売日・発売時期

スバル新型レヴォーグの具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

一説によると、スバル新型レヴォーグの発売時期は2019年中旬だと考えられています。

モデルチェンジサイクルとしては約7年となりますから、ちょうどよいタイミングと言えますね。

具体的な発売日が判明次第、お伝えします。

スバル新型レヴォーグの価格

スバル新型レヴォーグの価格について、現在のところ判明しておりません。

しかしながら昨今フルモデルチェンジしたモデルが僅かな値上げを行ったことや、実質的にライバル不在のポジションであることを考えると値下がることはないかと考えられます。

具体的な価格が判明次第、お伝えします。

スポンサーリンク

スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 発売時期は2019年中旬
  • プラットフォームはSGP採用
  • エンジンは2種類とも新型へ移行
  • デザインはヴィジヴパフォーマンスコンセプトやヴィジヴツーリングコンセプトを踏襲

出展:スバル製品ページ

それでは最後にスバルレヴォーグの特徴について簡単にご紹介します。

スポンサーリンク

スバルレヴォーグの特徴

スバルレヴォーグのデザイン

スバルレヴォーグは、スバルが販売しているステーションワゴンです。

以前販売されていたスバルレガシィツーリングワゴンの後継車として作られており、日本におけるトップオブワゴンといえるモデルですね。

スバルダイナミックソリッドデザイン

スバルレヴォーグはスバルのアイデンティティである”DYNAMIC×SOLID”をベースとしてデザインされています。

ソリッド(塊)感が強く、昨今の流行であるなめらかな流形デザインとは一線引いたデザインです。

動きだす瞬間の最も力が溜まっている構え、たくましい骨格を感じる塊、動的で剛性感のある表情をひとつに纏めたものこそがDYNAMIC×SOLIDの特徴であるといえますね。

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力

スバルレヴォーグの魅力といえば、まずはその革新的なデザイン性が挙げられるでしょう。

スバルレヴォーグはシューティングブレークと呼ばれる、欧州発祥のクーペワゴンデザインを採用しています。

シューティングブレークは調整が難しく、一体感がなくチグハグ感があるデザインになりがちです。

一方、スバルレヴォーグは完璧とも言えるような落とし込みをしています。唯一無二のデザインです。

価格相応にインテリアも素晴らしく、機能的かつ先進的なインテリアデザインとなっています。

もちろん、ワゴン特有のユーティリティ性の高さも忘れられません。

後部座席は広く、トランクも広く作られています。カーゴルームにランプがあるポイントもナイスです。

そしてスバルと言えば、予防安全技術の原点とも言える存在です。

アイサイトの最新バージョンであるアイサイトツーリングアシストが搭載されています。

アイサイト搭載車と非搭載車を比べると、なんと事故率が6割も減少しています!

アイサイトブランドの強固さは圧倒的です。下取り価格にももちろん反映されます。

唯一無二のスポーツワゴンであり、ユーティリティ性もあり、最新バージョンのアイサイトが利用可能であることが、スバルレヴォーグの魅力と言えるでしょう。

スバルレヴォーグの派生車種

スバルレヴォーグには派生車種としてスバルのスポーツブランドであるSTiモデルがあります。

デザインがよりスポーディなデザインが採用されている他、エンジンや足回りがチューンナップされており通常のスバルレヴォーグよりも更に磨かれたスポーツ性があります。

金額は跳ね上がるものの、相応に魅力が輝いているモデルですね。

スバルレヴォーグのサイズ

スバルレヴォーグのサイズは全長4690mm、全幅1780mm、全高1490mmです。重量は1490kg、ホイールベースは2650mmです。

ホイールベースの長さに対し全長が非常に長く設定されています。その理由はワゴンらしくトランクが大きいためでしょう。

その一方で全高が低いですから、流行のワイドアンドローなデザインとなっています。

スバルレヴォーグの価格

スバルレヴォーグの価格は、278万円~356万円と比較的高めに設定されています。

実質的にライバルが存在しないこともありますから、スバルとしての値付けを高く設定していると考えられますね。

しかしながら下取り価格はナンバーワンです。流行のSUVではないにも関わらず、下取り価格はトヨタハリアー・レクサスNXと同等レベルとなります。

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジン

スバルレヴォーグのエンジンは以下の2種類が搭載されています。

  • 水平対向4気筒1600ccガソリンターボエンジン(レギュラー対応)
  • 水平対向4気筒2000ccガソリンターボエンジン

すべてのエンジンにおいてスバルのアイデンティティである水平対向エンジン、通称ボクサーエンジンを搭載です。

ボクサーエンジンとは、ボクサーが殴り合うように左右からシリンダーが動くことから付けられているあだ名です。

スバルレヴォーグに搭載されている1600ccターボエンジンはレギュラー対応、2000ccターボエンジンはハイオク専用となっています。

それでは次のページから、スバル新型レヴォーグのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする