スバル新型XVハイブリッド搭載し2018年マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバルXVの特徴

初代スバルXVのデザイン

スバルXVは2010年にデビューしたスバルにおける主力のコンパクトクロスオーバーSUVです。

スバルXVはかつてスバルインプレッサの派生車種として販売していましたが、現在では独立して販売されています。

初代のデザインはスバルインプレッサワゴンをSUV風に味付けしたデザインでしたが、現在はスバルインプレッサの雰囲気があるもののよりタフなデザインとなりました。

歴代スバルXVの特徴としては、スバルのアイデンティティであるボクサーエンジンや塊感の強いデザインを採用しています。

流行のコンパクトクーペSUVではなく、コンパクトワゴンSUVらしいデザインであることこそスバルXVの圧倒的な特徴であるといえます。

スバルインプレッサとデザイン、プラットフォーム、エンジンと共有しており、インプレッサワゴンをSUVテイストに味付けしたデザインは、現行まで引き継がれています。

SUVブームが始まってからリリースされたため急ごしらえの印象があり、わずか1年半でフルモデルチェンジした、レアなモデルとなりました。

2代目スバルXVの特徴

2代目スバルXVのデザイン

2代目スバルXVは2012年に発売され、国内外でスバルの飛躍に一役買ったモデルです。

初代同様スバルの哲学であるボクサーエンジンやソリッドデザインを引き継ぎつつもスバルインプレッサと共通デザインを採用することで世界中で大人気モデルとなりました。

また、高燃費が好まれる日本向けに世界唯一のボクサーエンジンのハイブリッドも搭載していた過去があります。

スバルXVに搭載されていたハイブリッドエンジンは、マイルドハイブリッドと呼ばれるアシストメインのハイブリッドでした。実質的にエンジンパワーが強化されますね。

3代目となる現行型スバルXVの特徴

スバル新型XVのデザイン

3代目となる現行型スバルXVは2017年にフルモデルチェンジとなりました。

現行型スバルXVは新型プラットフォームの採用や上級エンジンの直噴化といったアップデートが行われており、見た目以上に大きな変更が行われています。

また、インテリアも質実剛健なインテリアデザインは踏襲しつつ細部までこだわったインテリアへと進化しました。

4WD性能ではX-MODEが搭載され、どんな悪路でも走り抜ける性能があります。他のコンパクトクロスオーバーとは比べ物にならないほどの踏破力がありますね。

現行型スバルXVについてもっと詳しく知りたい方はこちらをごらんください♪

新型XVのすべて
三栄書房 2017年04月25日
売り上げランキング : 30384

by ヨメレバ

スバルXVのサイズ

全長4500mm、全幅1780mm、全高1500mmです。重量は1380kgです。

ホイールベースは2640mmです。

全高を旧式立体駐車場に合わせていること、サイズも決して大きすぎず小さすぎないこと、ワゴンのようなトランク性能と何をとっても優秀なモデルです。

重量はコンパクトクロスオーバーSUVの中では重めであるものの、パワフルなエンジンを採用していることから機敏な運転が可能です。

スバルXVのエンジン

スバルXVのエンジン

スバルXVのエンジンは以下の2種類が搭載されています。

  • 水平対向4気筒1600ccガソリンエンジン
  • 水平対向4気筒直噴2000ccガソリンエンジン

スバルXVではもちろんスバルの魂である”水平対向エンジン(ボクサーエンジン)”です。

車重はインプレッサワゴンをベースにしていることもあり、そこまで重くありません。

エンジンは重量よりもパワフルで、SUVでありながら運転が楽しめるモデルでもありました。

それでは、スバル新型XVのマイナーチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする