スバル、WRX/STIをマイナーチェンジ!デザインも大きく変更へ!

スポンサーリンク

北米版WRX/STIの話ですが、同じデザインですから日本向けもそう遠くないうちにマイナーチェンジするかもしれません。

富士重工ニュースリリースより、

スバル 2018年型「WRX / WRX STI」を北米国際自動車ショーに出展

● 外装デザインを刷新するとともに内装質感を向上
● サスペンション設定の最適化等により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上
● ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上
● WRXに運転負荷を軽減するオートビークルホールドをスバルとして初採用
● WRXにユーリッド製パッドを採用しブレーキ性能を強化、新18インチアルミホイールを採用
● WRX STIに新電子制御マルチモードDCCDや新型ブレンボ製ブレーキ、新19インチタイヤ・アルミホイールを採用し、AWDスポーツパフォーマンスを一層向上

デザイン
<エクステリア>
スバルアイデンティティを従来以上に強調した新造形のLEDヘッドランプ*3とフロントグリル、大型化したフロントバンパーグリルの採用によりフロントフェイスを刷新し、よりスポーティかつアグレッシブなデザインとしました。

WRXに新開発の18インチアルミホイール*4を採用しました。
WRX STIに新開発の19インチタイヤ・アルミホイールを採用しました。
<インテリア>
ブラック調パーツをドアスイッチパネル等の随所に採用し、質感を向上しました。

フロントシートに、レカロ社製電動パワーシートをスバルとして初採用しました*3。

WRX STIに走りへの高揚感を高めるレッドカラーのシートベルトを採用しました。

フロントドアガラスの板厚アップ等により、振動・騒音対策を強化しました。
■ メカニズム
<シャシー>
サスペンション設定の最適化により、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を更に向上しました。

WRXの電動パワーステアリングの制御を最適化し、より自然で滑らかな操舵フィーリングを実現しました。また、電動パワーステアリングのモーターとECUを一体構造化することで、軽量化も実現しています。

WRXにレッドカラーのブレーキキャリパーとユーリッド製ブレーキパッドを採用し*3、ブレーキ性能を向上しました。

WRX STIにイエローカラーのキャリパーを含む新型ブレンボ製ブレーキを採用。モノブロック構造のフロント6ポット/リヤ2ポットの対向ブレーキキャリパーにドリルドローターを組み合わせることで、高い制動力と耐フェード性能を実現しました。
<トランスミッション>
WRXの6速マニュアルトランスミッションのシンクロ機構の見直しや、シフトレバーのフリクション低減などにより、シフトフィーリングを向上しました。

WRX STIのマルチモードDCCDを従来型の電子制御と機械制御の組み合わせから、電子制御のみに一本化し最適化することで回頭性を更に向上し、ドライバーの思い通りに車両を操ることができるハンドリング性能を提供します。
■ 安全
WRXに、停車時にブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持する、オートビークルホールドをスバルとして初めて採用しました*5。これにより、信号待ち時、渋滞時、坂道での停車時など、ブレーキペダルを踏み続けなくても停止状態を維持し、ドライバーの運転負荷を軽減します。

WRXにアイサイトアシストモニターを採用*5。アイサイトの状態や警報をフロントガラスに表示することで、ドライバーが周辺の道路環境から視線を離さずに警告等を認知できるようになるため、より迅速な状況把握や危険回避操作を実現します。

ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸を左右に動かすステアリング連動ヘッドランプを採用*6。コーナーや交差点で車両進行方向を照射し、夜間の視認性を向上させます。

安全に特化しているスバルとしては珍しく、ヒルローンチアシストがありませんでした。

CVTやMTでは需要が大きいと思うのですが……。アイサイトVer4に搭載する予定だったのでしょうか?

また、フロントガラスに直接投影するタイプの状況把握システムが導入されたようです。最近流行りですし、比較的高額車種が多いスバルには必要不可欠なシステムであるといえます。

安全性能部分はやはり大幅なアップデートが施されていますね。

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

02

(WRX)

03

(WRY STI)

2017_0106_1_1

大きな違いとしては、フロントグリル内にエンブレムを中心として左右に飛行機の羽のようなメッキが追加されていること、フロントバンパーグリルがより大きくなり、ハリアーのような表情になっていることが挙げられます。

また、フォグライト周りのデザインも変更されていますね!

北米向けですが、すぐに国内向けでもアップデートされるのではないのでしょうか?

詳細は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?