スバル、新型WRX STIへマイナーチェンジ!大幅なデザインの変更へ!

スポンサーリンク

レヴォーグに引き続き、WRXもマイナーチェンジとなりました。

先日、スバルは北米版WRXをマイナーチェンジしました。

WRXの主戦場はアメリカですから、まずはアメリカから、次に日本と言う形で降りてきたのでしょう。

北米版WRX/STIの話ですが、同じデザインですから日本向けもそう遠くないうちにマイナーチェンジするかもしれません。

この時のマイナーチェンジでは、アンダーグリルが拡大し、フロントグリルのデザインが変更されました。

他にも様々なアップデートがされましたね。

また、同時期にマイナーチェンジを発表するであろうレヴォーグもリークされています。

レヴォーグに搭載されるとされているアイサイトVer4は、果たしてWRXにも搭載されるのでしょうか?

スポンサーリンク

概要

こちらもレヴォーグ同様に、サンコーオートカー様からのリークです。

■レヴォーグ・ビッグマイナーでD型・アイサイトver4へ ■WRX STIも変更
レヴォーグ・WRXのマイチェンへ
レヴォーグは見る限り、ビッグマイナー。
北米仕様と同じ感じでしょうか。アイサイトを含め、かなり変わる印象ですね。
WRX STIも、ビッグマイナーですね。

WRXのマイナーチェンジ情報は北米仕様と同じ感じということですから、おそらく北米版を見ておけばおおよその内容はつかめると思います。

北米版WRX/STIの話ですが、同じデザインですから日本向けもそう遠くないうちにマイナーチェンジするかもしれません。

スバルは日本仕様デザインと北米仕様デザインを大きく変更しない傾向にありますから、このデザインに非常に近いデザインとしてリリースされることが考えられますね。

スポンサーリンク

現在判明しているマイナーチェンジ情報は?

現在判明している情報は以下の通りです。

先にマイナーチェンジしている、北米仕様に近い。
レヴォーグとほぼ同時期にマイナーチェンジする。

果たして事前リークは正しいのでしょうか?

スバルから公式発表がありましたから、見てみましょう。

スポンサーリンク

スバルからの公式発表へ!

スバル製品ページより、

「WRX STI」大幅改良モデルを発表
~新電子制御マルチモードDCCD の搭載により、ハンドリング性能が更に向上~
新電子制御マルチモードDCCD や新開発brembo 製18 インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19
インチアルミホイール&タイヤ を採用し、AWD スポーツパフォーマンスを一層向上
ステアリング連動ヘッドランプ、フロントビューモニター を採用し、安全性能を向上
外装デザインを刷新するとともに内装質感を向上
SUBARU初の電動調整式RECARO フロントシートを設定

【WRX STI の主な改良内容】
■ デザイン
<エクステリア>
・ 新デザインフロントバンパー
・ 19 インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)&245/35R19 タイヤ
<インテリア>
・ インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)
・ 運転席&助手席8 ウェイパワーシート付RECARO フロントシート
(レッドステッチ+レッドアクセント+STI ロゴ入り)
・ レッドカラーシートベルト
・ マルチファンクションディスプレイ(高精彩5.9 インチ大型カラー液晶)
・ ディーラー装着オプションで、8 インチサイズナビゲーションを設定
■ メカニズム
・ 新電子制御マルチモードDCCD
・ brembo 製18 インチベンチレーテッドディスクブレーキ
ドリルドディスクローター&モノブロック対向6 ポット/2 ポッドキャリパー(イエロー塗装、STI ロゴ入り)
・ サスペンション設定最適化
■ 安全性・実用性
・ LED2 灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ
・ フロントビューモニター
・ ルーフキャリアブラケット

マイナーチェンジであるためエンジンやプラットフォームに変更はありませんが、足回りや安全性は大幅にアップデートされています。

また、サスペンションの最適化やハンドリング性能の向上によって、実質的にスポーツ性能が向上していますね!

画像

画像はこちら。

WRX STIを先にマイナーチェンジとなりましたが、WRXもマイナーチェンジされることでしょう。

続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?