ニューヨークモーターショーにて、新型インプレッサが正式発表されたようですね

スポンサーリンク

いかついデザインが流行りの今、果たして受け入れられるのでしょうか。

【NYオートショー2016】スバル、次世代プラットフォームを初採用した新型「インプレッサ」を発表
ボディのスタイルはこれまで通り、4ドア・セダンと5ドア・ハッチバックが用意される。サイズは4ドアが全長4,625mm × 全幅1,777mm × 全高1,455mm。先代と同様にセダンより165mm短い5ドアは、全長4,460mm × 全幅1,777mm × 全高1,455mm。つまり、どちらも4代目インプレッサと比べると、40mm長く、37mm幅広く、10mm低い。ホイールベースは25mm延長されて2,670mmとなった。これにより室内スペースと荷室は拡大されているという。
車内には8.0インチのタッチスクリーンを装備し、インフォテインメント・システムはApple CarPlayとAndroid Autoの双方に対応する。「より立体的な造形に刷新したシートはクラスを超えた質感を提供」するというから期待しよう。

ソース:autoblog
また若干でかくなりましたね。
それでも現行のアクセラよりも若干小さいのかな?
CarPlayは対応しているところが多いけど
AndroidAutoに対応しているところはわりかし珍しいですね。
AndroidAutoはセキュリティ上懸念があるから対応しているところが少ないと
見ましたが……。
私はAndroidなので、対応しているとやっぱりありがたいです。
選択肢として積極的に選ぶほどではありませんが
対応している車と対応していない車であれば対応している方を選ぶでしょうし。
他ソースにエンジンやボディ剛性について書いてありました。

新開発となるエンジンは、従来型の自然吸気エンジンから約90%の部品を刷新するとともに軽量化を実現することで、出力と燃費の向上を目指した。この新型水平対向4気筒DOHC 2.0リッター直噴エンジンは最高出力152HPを発生し、トランスミッションにCVT(リニアトロニック)を組み合わせて両モデルとも4輪を駆動する。
新プラットフォームの採用により、車体ねじり剛性は現行モデル比で1.7倍に向上するとともに、重心高を従来から5mmダウン。また、衝突エネルギー吸収率を従来型比で14倍に向上させるなど、世界トップクラスの衝突安全性能や危険回避性能を引き上げるとともに、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を進化させたという。
また、新しいプラットフォームや新開発のエンジンとともに、「シンメトリカルAWD」システムや運転支援システム「アイサイト」といった独自技術を搭載することで、スバルの提供価値である「安心と論しさ」を進化。予防安全技術については、新機能としてアイサイトのステレオカメラを活用し、車両前方の状況に合わせてヘッドランプのハイビームとロービームを自動的に切り替える「ハイビームアシスト」、ステアリング操作に合わせてヘッドランプ光軸を左右に動かし、コーナーなどで車両進行方向を照射する「ステアリング連動ヘッドランプ」を採用。そのほか、車両後退時に衝突の可能性がある場合にドライバーに注意喚起し、それでもブレーキ操作がない場合に自動的にブレーキをかえて衝突回避や被害軽減を図る「後退時自動ブレーキシステム」をインプレッサとして初採用している。

ソース:carwatch
新機能もりもりや!もりもりやで!!!
FFはなくなり、AWDのみになったみたいですね。
プラットフォームだけでなく、エンジンも新開発、更にアイサイトも進化しました。
このインプレッサにどれだけ力を入れているのか分かりますね。
画像はこちら。
s01.jpg
103.jpg
104.jpg
セダンはこちらです。
04.jpg
06.jpg
内装はこんな感じ。
2017-Subaru-Impreza-Sedan7CSP.jpg
ティザーサイトほどヘッドライトは鋭くなく、
レンダリングイラストやコンセプトカー通り、柔和な表情をしております。
スバルの新型インプレッサスポーツ&セダン、なんと市販型がニューヨークモーターショーでデビュー!
新型インプレッサのレンダリングイラスト流出したようです
LAモーターショーにて、インプレッサセダンのコンセプトカーが出展されたようですね
現行のグリルデザインと、3台目の表情を組み合わせたようなデザインです。
北米市場でこのデザインは売れるのでしょうか。
これからスバルが試されそうです。