新型インプレッサの国内仕様を公式発表!詳細なスペックや画像も公開!

スポンサーリンク

ついに発表されました。

スバル 新型「インプレッサ」(国内仕様車)を公開
~ スバル初の歩行者保護エアバッグと、アイサイト(ver.3)を全車に標準装備 ~

富士重工業は、今秋発売予定の新型「インプレッサ」*1(国内仕様車)を本日7月26日に公開しました。

第5世代となる新型インプレッサは、富士重工業が中期経営ビジョン「際立とう2020」*2において次世代モデルの第1弾として位置づける戦略車です。お客様に最高の「安心と愉しさ」を提供することを目指し、次世代プラットフォーム“SUBARU GLOBAL PLATFORM”をはじめとした様々な新技術を投入。「総合安全性能」*3と「動的質感・静的質感」の大幅向上を実現しました。

「総合安全性能」は、スバル初となる歩行者保護エアバッグとアイサイト(ver.3)を全車に標準装備。また新プラットフォーム採用により危険回避性能向上と、衝突エネルギー吸収量現行車比1.4倍と衝突安全性能を飛躍的に高めることで、乗員・乗客はもとより周囲の人々も含めた安全を一層強化しました。

「動的質感・静的質感」では、見て、触れて、走って、乗って感じるすべてを人々の心動かす領域まで仕上げることを目指しました。動的質感では、新プラットフォームを採用しボディとサスペンションの剛性が大幅に向上したことで、不快な振動騒音が無く、思い通りに走り、快適な乗り心地を実現しました。
また、静的質感では新デザインフィロソフィー“DYNAMIC x SOLID” を量産モデルとして初めて全面採用。機能性とデザイン性を両立し、内外装の細部の仕上げに磨きをかけることで、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現しました。

スバルニュースリリースより

画像

エクステリア

photo1

photo5

photo4

photo2

フォグがメッキからデイライトへ変わっていますね。

ヘッドライトのデザインも変更されて、吊り上げた鋭いデザインからシャープな鋭いデザインへと変更されています。ヘッドライトがLEDとなった為可能となったデザインですね。

グリル内のエンブレム左右にあるメッキがヘッドライトから繋がっていますね。

また、グリルのメッシュデザインも変更されています。

センターエアーダクトはコンセプト通り逆台形で笑ったようなデザインです。

柔和な表情ですね。

インテリア

photo3

質実剛健であるスバルらしい内装です。

乗ったことがなくても、直感的にボタンの位置が分かるデザインですね。

思わず運転したくなるようなメカメカしいコクピットですが、決してゴチャゴチャしていません。

良い塩梅に両立させています。

現行との比較

エクステリア

(左が現行型、右が新型です。)

photo1 (1)photo2

従来のインプレッサの良さをキープコンセプトとして保管しつつ、デザインの流行に合わせているデザインですね。

最初プロトタイプを見た時はイマイチでしたが

見慣れてくるとボンネットがより絞られていて、均整の整ったフロントマスクとなっています。

インテリア

(左が現行型、右が新型です。)

photo12photo3

インテリアもかなりキープコンセプトです。

ですがドアの開閉部のデザインが変更されているほか

樹脂部分がより高級感のあるデザインへと変わっていますね。

スペック

【スバル インプレッサ(プロトタイプ)主要諸元表】 

ボディタイプインプレッサSPORTインプレッサG4
全長(mm) /全幅(mm) /全高(mm)4,460 × 1,775 × 1,4804,625 ×1,775 ×1,455
ホイールベース(mm)2,670
エンジン型式・種類FB20・水平対向4気筒[BOXER]
2.0ℓ DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴
最高出力[ネット] [ kW(PS)/rpm]113 (154) / 6,000
トランスミッションリニアトロニック
燃料種類無鉛レギュラーガソリン
駆動方式2WD / AWD(常時全輪駆動)
乗車定員(名)5
安全装備標準装備アイサイト(ver.3)
歩行者保護エアバッグ
メーカー装着
オプション
スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
ハイビームアシスト
ステアリング連動ヘッドランプ※2

若干サイズアップしています。

Cセグメント車の中ではそれでも小さめでしょうか。

エンジンは2000ccのみです。ターボ類はありません。

初期報道では4WDのみがラインナップという噂でしたが、2WDもしっかりラインナップされていますね。

現行はグレード毎にアイサイトの有り無しが選べましたが、次期型はアイサイトは標準装備となりました。また、すべてのグレードに歩行者保護エアバッグが装備。

安全性能を飛躍的に強化させましたね。

しかしながら、やはりMTは無くなったようです……。

SUBARU肝入のDYNAMIC x SOLIDとは?

DYNAMIC x SOLIDは量販車としては本インプレッサから初めて採用されているデザイン言語です。

プロトタイプには以下の様なコンセプトカーがあります。

これはサイズ的にフォレスターとなるコンセプトカーなのでしょうか?

これからのスバルブランドのコンセプトデザインが発表されたようですね

他にも、2016年ジュネーブモーターショーにて公開されたXVもそうですね。

新型XVのコンセプトカーが出展されたようですね

これらがDYNAMIC x SOLIDデザインです。

その名の通り、躍動感と塊感のあるデザイン。SUVとぴったりですね。

そしてこれから、DYNAMIC x SOLIDを他車種にも適用するため毎年FMCをするという報道もあります。

スバルは2020年にかけて、主力車種の新型モデルを次々投入するようです

2016年はインプレッサでありますから、今年の年末辺りにコンセプトカーを出展するのではないのでしょうか。

次はXV?それともフォレスター?

これからもスバルに目が離せませんね!