日産新型エクストレイルへフルモデルチェンジ エンジン価格発売日の詳細

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報

まだ情報は少ないですが、様々な新技術が搭載されるようです。

一つずつ見てみましょう!

日産新型エクストレイルのコンセプトカー

日産新型エクストレイルのコンセプトカー”X motionコンセプト”がデトロイトモーターショーにて発表されました。

日産新型X motionコンセプトの画像

こちらのコンセプトはこれからの日産デザインを表していると報道されており、サイズは日産エクストレイルと同等のミドルサイズSUVクラスです。

本コンセプトを元に日産新型エクストレイルは開発されると考えて間違いないでしょう。

日産新型エクストレイルのデザイン

日産新型エクストレイルのデザインは現在のところ判明しておりません。

しかしながら関係者からの予測やリークが出回っており、総括すると日産新型エクストレイルのデザインは以下のような特徴がある模様です。

  • デザインシルエットは現行型エクストレイルを踏襲
  • サイズはほぼ変わらない
  • フロントグリルは拡大しVの字のメッキが太くなる
  • ブーメランヘッドライト搭載
  • バンパーデザインの変更
  • リアテールランプの変更

基本的にはデザインは現行型エクストレイルを踏襲しつつ、よりアグレッシブなデザインへと変更される模様です。

また、日産新型エクストレイルの予想画像がベストカー様より発表されました。

日産新型エクストレイル 予想画像

日産新型エクストレイルは可変圧縮式ターボ搭載

日産新型スカイラインクロスオーバーのインテリア画像

日産新型エクストレイルはVCターボ(可変圧縮式ターボエンジン)が搭載されます。

VCターボはインフィニティ新型QX50(スカイラインクロスオーバー)と同じエンジンです。非常にハイスペックで究極のエンジンとも言われています。

可変圧縮式ターボエンジンは低負荷時には高圧縮比とすることでローパワーで燃費を優先し、高負荷時には低圧縮比とすることでハイパワーとなり燃費とパワーを両立しています。

さすが技術の日産というべき、素晴らしいエンジンですね。

日産新型エクストレイルはe-POWERもリリース

ジュークe-POWER

新型日産エクストレイルにはe-POWERも搭載される計画があります。

e-POWERはEVのようなトルクフルな運転に加え、モーター駆動特有の高い静粛性を両立しており、運転する楽しさと高級感を兼ね揃えていますよ!

新型日産エクストレイルがe-POWERが搭載されればワンランクアップのSUVとなりそうですね。

また、日産は以前開発したハイブリッドよりもe-POWERに注力していることもあり、新型エクストレイルにはハイブリッドがリリースされないこともリークされています。

ここでe-POWERについて簡単に振り返ってみましょう。

e-POWERって何?どんなメリットがあるの?

ノートe-POWERは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはモーターがサブ、エンジンがメインでした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でe-POWERは逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

EVはバッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

一方e-POWERはバッテリーを従来のエンジンで充電する為、従来のガソリンを消費し走行用バッテリー充電します。

e-POWER 解説

EVのデメリットであるバッテリー充電を克服し、EVのメリットを享受できる素晴らしい仕組みですよ!

EV特有のメリットとして、加速性能が非常に高いことが挙げられます。

リーフはモーターを新設計することによって、発進時から一気に最大トルクを発生させることも出来ます。

電気自動車 トルク

日産新型エクストレイルは三菱のPHV搭載

日産新型エクストレイル PHV

日産は先日三菱自動車をグループ傘下となり、三菱自動車が開発してきたPHVを活用しエクストレイルにPHVが搭載されます。

日産はEVの技術はあるものの、ガソリン車とEVの中間であるPHVの技術がなかったからこそ三菱自動車を買収したと噂されています。

喉から手が出るほどほしい技術だったのでしょうね。

また、本PHVは三菱新型デリカD:5にも搭載される計画があります。

日産新型エクストレイルにはガソリンエンジンモデル、e-POWERモデル、PHVモデルと過去最も多いエンジンを搭載することとなりそうですね。

日産新型エクストレイルはS-AWC搭載

新型エクストレイル S-AWC

日産新型エクストレイルにはS-AWCと呼ばれる、傘下の三菱自動車が搭載しているAWDが搭載されます。

三菱自動車が開発したAWDシステム”S-AWC”は長い間ランエボを筆頭にラリーで育てられた世界最高クラスのAWDシステムです。

このS-AWCが搭載されれば日産新型エクストレイルの魅力が更に磨かれることとなるでしょう。

日産新型エクストレイルは最新プロパイロット搭載

プロパイロットの説明

日産新型エクストレイルは新型リーフから搭載されているプロパイロット2.0が搭載されるでしょう。

この技術は世界トップであり、日産新型エクストレイルのさらなる魅力を高める要因となりそうですね。

プロパイロットには、以下の機能が搭載されています。

  • インテリジェントクルーズコントロール(渋滞対応)
  • ハンドル支援
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • セーフティシールド
  • 標識認識
  • ふらつき警報
  • 車線逸脱防止システム
  • 踏み間違い防止アシスト

更にバージョンアップされたプロパイロット2.0には、上記の機能に加え以下の機能も追加されています。

  • 自動駐車システム

日産新型エクストレイルに搭載されるプロパイロット2.0の場合、駐車場に入った時点で機能を有効にすることによって、自動で空いている箇所へと駐車するシステムとなります。

他にも搭載される機能があると考えられています。

詳細は続報をもって追記します。

日産新型エクストレイルの発売時期

日産エクストレイルのフルモデルチェンジのサイクルは約7~8年です。2013年に現行モデルが発売されたことを考えると2019~2020年頃だと考えられます。

具体的な発売日が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • e-POWER搭載
  • PHVを搭載
  • プロパイロット2.0が搭載
  • 発売時期は2019年から2020年

出典:日産製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする