日産新型エクストレイルへフルモデルチェンジ エンジン価格発売日の詳細

スポンサーリンク

日産エクストレイルの特徴

日産エクストレイル 初代モデル

日産エクストレイルは日産におけるミッドサイズSUVです。北米では日産ローグという名前で販売されています。

日産エクストレイルの特徴としては、”トレイル”の名前通りスクエアー型のデザインを基調としていました。

スクエア基調のSUVは力強く、どんな道でも踏破できそうな雰囲気がありますね。

最初期のコンセプトは200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車としてリリースされました。

実際、初代のライバルであったホンダCR-VやトヨタRAV4はどんどん価格が上昇し高級志向へとシフトしていきました。

一方、日産エクストレイルは現在でも200万円台の価格をキープしています。嬉しいポイントです。

だからこそ、トヨタRAV4やホンダCR-Vは日本での販売から撤退しても日産エクストレイルは今なお国内で販売されているのでしょうね。

日産エクストレイルの現行モデル

日産エクストレイル エクステリア

現行モデルの日産エクストレイルは3代目であり、2013年にデビューしています。今回のマイナーチェンジが初めての大改訂となります。

初代・2代目から大きくデザインコンセプトが異なり、流行デザインである流麗でなめらかな曲面基調のデザインとなっています。新しい日産エクストレイルのはじまりです。

また、日産の共通アイデンティティである、V字のメッキで囲うようにデザインされている”Vモーショングリル”を搭載しています。

国内においてミドルサイズSUVの選択肢が減っている中、今なおラインナップしているのはとてもうれしい存在です。

エクストレイルは金額を大きく変えず初期のコンセプトである200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車を今なお踏襲しています。

とはいえ、価格が安いからと言って内装が陳腐というわけでは全くありません。

日産エクストレイル インテリア

SUVらしく無骨な印象がありながら、非常に上質な内装デザインです。

もちろん後部座席も広く設定されています。

また、日産エクストレイルの魅力として非常に高性能なAWDモードが挙げられます。

LOCKモードであればどんな悪路でも駆け抜け、AUTOモードなら道路をコンピュータが自在に判断し、2WDモードであれば経済的に走ることが出来ます。

日産エクストレイル 4WD

また、SUVなだけあり素晴らしい使い勝手が良いです。特にアウトドアユーザーにとって垂涎の防水シートが標準装備です。

日産エクストレイル インテリア

日産エクストレイルはアウトドア性に優れ、燃費が良く、踏破力があり、価格はリーズナブルですから、人気が出ないはずがないモデルですね!

日産エクストレイルのサイズ

日産エクストレイルのサイズは全長4640mm、全幅1820mm、全高1715mmです。

ミッドサイズSUVとしてはまさしくど真ん中であり、デザインも含めエクストレイルの迫力のある雰囲気に寄与しています。

もちろん、サイズだけでなく室内空間も非常に広いですよ!

日産エクストレイルのエンジン

日産エクストレイル エンジン

日産エクストレイルのエンジンは以下のエンジンが搭載されています。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン
  • 2000ccハイブリッドエンジン

車体が大きく重量があるものの、2000ccでも快適に走ることが出来ます。

ハイブリッドなら燃費も良く、馬力にサポートが付くためスポーディさも楽しめますよ!

それでは日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする