日産、プロパイロットを搭載した新型セレナを販売開始!金額は231万円~!

スポンサーリンク

思った以上に安いです。日産の意気込みを感じますね。

以下引用

新型「セレナ」 を発売

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は24日、フルモデルチェンジした「セレナ」を同日より全国一斉に発売すると発表しました。

ゆったりとくつろげる広い室内空間や、使い勝手の良い多彩なシートアレンジなどが高い評価を受け、国内のミニバン市場を長年に亘って牽引しています。今回発表した新型「セレナ」は、そのDNAを継承しつつ、最新の先進技術を採用することによってミニバンとしての機能をさらに進化させ、快適な家族のドライブをサポートします。

日産ニュースリリースより

画像はこちら。

160824-01-01-1186x1200 160824-01-11-1200x900 160824-01-13-1200x900 160824-01-22-source 160824-01-24-source 160824-01-31-1200x943 160824-01-26-source 160824-01-29-source

内装の上質さや、ミニバンとしての居住空間を両立させております。広々としていて、まるで動くホテルのような空間ですね。

デザインも箱型特有のもっさり感を緩和するためにA,B,Cピラーをブラックアウトさせ天蓋のようなデザインとなっています。

エクストレイルのVモーショングリルは好みが別れるデザインでしたが、セレナのVモーショングリルはより拡大しヘッドライトやAピラーとの一体感を持たせてあり、違和感がなくなりましたね。

カーナビ周りも先進的なデザインで素晴らしいです。

金額はこのような設定となっております。

sc0001

日産ニュースリリースより

価格表を見る限り、プロパイロットエディションのみプロパイロットが搭載されていると考えられます。

ハイウェイスターでは237,600円分の価格差がありますが、ハイウェイスターGでは176,040円まで価格差が減少します。

上位グレードのほうが価格差が減るので、内装等を顧みると上位グレードのほうが良いかもしれませんね。

プロパイロットとは?

プロパイロットとは、日産の技術を集中し開発した高速道路を限定とした半自動運転システムです。

半自動運転であるから、人がハンドルを握らなければなりませんが、非常に有益な機能です。

ミニバンクラス世界初*3となる、同一車線自動運転技術「プロパイロット」を採用しました*2。「プロパイロット」は高速道路などの自動車専用道路において、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限に、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援し、ドライバーの運転をサポートします。また、先行車両が完全停車した場合、システムが自動的にブレーキをかけて停車するとともに、ドライバーがブレーキを踏むことなく停止状態を保持します。更に、先行車両が発進した際は、ドライバーが簡単な操作をするだけで、追従走行を再開*4します。

日産ニュースリリースより

とてもワクワクする機能ですね。

こちらに簡単にまとめてあります。

技術の日産が、人生を面白くする。ついに半自動運転のセレナがデビュー!なんと300万円以下!!
技術の日産(自動ブレーキシステム30kmで激突)のイメージだったんですが これ、他社を2歩や3歩ではなく圧倒的にリードしていますね。 御...

ベンツの新型Eクラスでも搭載されておりましたが、非高級ブランドでの発売は世界初です。

ここでインフィニティではなく、セレナに搭載したところに日産のプロパイロットに対する普及への情熱を感じます。