技術の日産が、人生を面白くする。ついに半自動運転のセレナがデビュー!なんと300万円以下!!

スポンサーリンク

技術の日産(自動ブレーキシステム30kmで激突)のイメージだったんですが
これ、他社を2歩や3歩ではなく圧倒的にリードしていますね。
御見逸れしました。

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は13日、新型「セレナ」を初公開しました。

デザイン
エクステリアは、代々好評を博してきたセレナらしさを継承しつつ次世代のミニバンとしての新しさと融合させ、ルーミーかつダイナミックで洗練されたデザインとなっています。

フロントは、先代モデルで採用した二段構成のヘッドランプと、「Vモーショングリル」により日産らしさを表現し、より精悍で立体的な力強いデザインとしています。

セレナのトレードマークであるシュプールラインは、より伸びやかなものとしスポーティーな印象を与えると同時に、ドライバーの視界の良さを実現しています。また、2トーンボディーカラーはDピラーレスのデザインと相まって室内空間の広さをアピールしています。

パッケージング
お客さまから好評を得てきた「セレナ」の広い室内空間は、今回パッケージングに工夫を凝らすことで、室内長、室内幅を更に拡大させ、クラスNo.1*の広さを実現しました。

先進装備
「セレナ」はこれまでも、「エマージェンシーブレーキ」、「車線逸脱警報」、「アラウンドビューモニター」、「スマート・ルームミラー」など数々の先進安全技術を搭載してきました。

新型「セレナ」は上記に加え、「エクストレイル」に採用し好評を得ている自動駐車機能「インテリジェントパーキングアシスト」を新たに採用しました。「インテリジェントパーキングアシスト」は、これまでよりもさらに簡単で操作しやすくし、駐車精度も向上させています。更に、渋滞走行と長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御しドライバーをサポートする自動運転技術「プロパイロット」を日産車として初めて搭載しました。より多くのお客様に自動運転技術がもたらす安心感、快適性、利便性といったメリットを体感頂くため、同技術を搭載したグレードも、300万円以下の価格を設定しました。

日産ニュース・プレスリリースより

いやあ御見逸れしました。
ホントにすごい。素晴らしい。
エクストレイル:被害軽減ブレーキ試験 CCRs30km/h

これなんか見ますとえぇ……と思っていましたが
そこからあっという間に半自動運転ですよ!半自動運転!!

他社を圧倒する技術に加え、300万円未満と二重の驚きです。
技術の日産が、人生を面白くする。というキャンペーンを張っていました。
先ほどのエクストレイルの自動ブレーキ試験ではアレでしたが
技術の日産、車業界をワクワクさせる素晴らしいメーカーです。本当に感動しました。

肝心なデザインはこちらです。

1de5aa7c907714b6f3e3a5ddffe011967ddcc316

fc6c09c988350820acb787899fe88ebfead7bca2

赤がハイウェイスター、青がノーマルですね。
どちらも良いデザインです。
そこまでメッキ分も多くなく、スマートなデザインですね。
日産のVグリルはより大きくなって、グリルからライトへ、そのままAピラーまでつながったデザインとなりました。
また、A,B,Cピラーをブラックアウトさせることによって
ミニバン特有の箱型のもっさり感が減っています。

横のプレスラインも美しいですね。

目玉である半自動運転「プロパイロット」。
この概要はこんな感じです。

「プロパイロット」の特徴 「プロパイロット」は、革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術です。<渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減します。高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現します。今回、新型「セレナ」へ「プロパイロット」を搭載するにあたっては、日本の高速道路での使いやすさを徹底的に追求した開発を行いました。なお、渋滞時のハンドル、アクセル、ブレーキすべての自動化は、日本の自動車メーカー初の技術です。 機能説明 システム作動時は、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援します。 先行車両が停車した場合: ① システムが自動的にブレーキをかけて停車。 ② 車両が完全に停止した場合、ドライバーはブレーキを踏むことなく、停止状態を保持。 ③ 先行車両が発進した際は、ドライバーがレジュームスイッチを押すかアクセルペダルを軽く踏むだけで、追従走行を再開。

日産ニュース・プレスリリースより

実は機能的には新型Eクラスにも搭載されていたのですが
日本車、それも日本で人気が根強いミニバンで、かつ300万円未満で出るのはすごいですね。
ユーザーもファミリー層からマイルドヤンキー層まで幅広く使えるデザインです。

ぜひとも普及させ、自動運転車が当たり前のような世の中になって欲しいです。
もちろん、運転手は危機回避の為に運転を見ていなければなりませんが。笑