インフィニティ、QX50コンセプトをデトロイトモーターショーでリリース!日本へのリリースはどうなる?

スポンサーリンク

日本ではスカイラインクロスオーバーとしてリリースされています。

日産の高級ブランドであるインフィニティの話です。

日本向けには少し遅れてからスカイラインクロスオーバーという名前でリリースされ、2016年9月まで販売されておりました。

2017年1月半ばにある世界5大モーターショーである、デトロイトモーターショーに向けて新しいコンセプトカーをリリースするようです。

QX50は2009年モデルですから、そろそろフルモデルチェンジのタイミングですね。

概要

carscoopより、

インフィニティ、QX50をデトロイトモーターショーにてリリース。

来年のデトロイトオートショーは、次世代の中型プレミアムSUVのビジョンを表す、新しいインフィニティQX50コンセプトをワールド・プレミアします。

デザイン面では、QX50のコンセプトは、2016年のQXスポーツインスピレーションの進化であり、ブランドの「パワフルエレガンス」デザイン言語を活用しています。 新しいコンセプトは、ダイナミックで実用的な外観を得るために、インフィニティが「キャビンフォワード」シルエットと呼ばれた流れるような表面を組み合わせたものです。インテリアはドライバー中心の、乗客志向のキャビンは、現代の職人技を高い次元で融合させた、進歩的なデザインの外観を反映しています。

 QX50の自律走行支援システムには、日産・セレナのプロパイロットが部分的に搭載されるかもしれません。

インフィニティのデザイン言語はパワフルエレガンスと呼ばれるデザインのようです。

以前リリースされた燃費が大幅に改善されたと言われるVC-Tターボエンジンも搭載されるかもしれませんね!

画像

スケッチ

infiniti-qx50-concept-has-variable-compression-is-almost-production-ready_6 infiniti-qx50-concept-has-variable-compression-is-almost-production-ready_7

スケッチの段階では強烈にルーフをおろし、クーペのようなデザインを印象づけています。

クーペ×SUVのクロスオーバーなデザインなのでしょうね。

エクステリア

infiniti-qx50-concept-has-variable-compression-is-almost-production-ready_1 infiniti-qx50-concept-has-variable-compression-is-almost-production-ready_2 infiniti-qx50-concept-has-variable-compression-is-almost-production-ready_3

SUVらしいワイドなグリルと独特なヘッドライトを搭載しています。

ルーフもクーペ調になっており、クロスオーバーらしさが溢れているデザインですね!

テールライトもヘッドライトと共通のデザインとなっています。こちらが新しいインフィニティデザインのようです。

ソース中にはインテリアに対する内容がありますが、インテリアの画像が見当たりません……。公開され次第追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?