日産・ルノー連合は今後4年間で10車種以上もの自動運転車をリリースすることを考えているみたいですね

スポンサーリンク

たったの4年です。
2020年までに自動運転車をリリースするというアナウンスもあるので
間違いなく4年ですね。

日産・ルノー、今後4年で自動運転車投入へ 日欧米中で=ゴーン氏
[サンフランシスコ 7日 ロイター] – 日産自動車(7201.T)・仏ルノー(RENA.PA)連合(アライアンス)のゴーン最高経営責任者(CEO)は7日、今後4年で自動運転車10台超を日本、欧米、中国に投入する考えを表明した。
まず年内に、車線変更せずに高速道路の1車線を自動走行する自動運転技術を搭載した車両を投入するほか、音響や車内の温度などのリモートコントロールを可能とするモバイル機器対応のアプリをリリースする見通し。
2018年には、高速道路で渋滞に対応しながら車線変更などを可能とする機能を備えた車両の販売を開始し、2020年には都市部の交差点や混み合った一般道路の自動走行をこなす自動運転車の発売を目指す。
さらに、フィンランド通信機器大手ノキア(NOKIA.HE)の地図・位置情報サービス「ヒア(HERE)」事業に携わったオギ・レッドジック氏を、日産・ルノー連合の「コネクテッドカー(つながる自動車)」およびモバイル関連のシニアバイスプレジデントに起用したことを明らかにした。

ソース:ロイター
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-08-0I9A350615032140wakaranai-thumb-1000xauto-18998.jpg
去年わーすげー後5年後には自動運転かよーと思っていたら後4年になっていました。
2016年になったから当たり前ですね。
今年の年末年始……?ウイルス……?うっ頭が
というのは置いておいて、後4年後には自動運転車が10車種以上ラインナップするとのこと。
2020年の自動運転車に向けて、具体的なフローチャートも作っているようです。

2016年……車線変更せずに高速道路の1車線を自動走行する自動運転技術を搭載した車両を投入するほか、音響や車内の温度などのリモートコントロールを可能とするモバイル機器対応のアプリをリリースする見通し。
2018年……高速道路で渋滞に対応しながら車線変更などを可能とする機能を備えた車両の販売
2020年……2020年には都市部の交差点や混み合った一般道路の自動走行をこなす自動運転車の発売

恐らく技術的には不確実性が少ない高速道路から自動運転にしたほうが楽なのでしょうが
運転する人間からすると一発であぼーんな高速道路を自動運転にする人ってどれぐらいいるのでしょうか。
自動運転への道のりを小出しにするよりも、ITSコネクトのような車々間通信やアイサイトのような
自動ブレーキシステム、クルーズコントロールシステム等をより正確でかつ、機能を強化することで自動運転への心理的障壁を崩すところから始めるべきじゃないかなあと思います。
トヨタの技術。これまでの安全装置の格上と言えるシステムを作ったようですね。
トヨタ トヨタの最新技術 | 安全技術 | ITS Connect |
たったの4年で一体どこまで自動運転が実用化するのか
今年中に本当に高速道路自動運転が可能なのか、期待したいですね。