日産新型エクストレイルにフルモデルチェンジ!PHV&e-POWER搭載で発売時期は?

スポンサーリンク

日産エクストレイルのフルモデルチェンジ情報です!

エクストレイルは日産におけるミッドサイズSUVです。北米ではローグという名前で販売されています。

エクストレイルの特徴としては、”トレイル”の名前通りスクエアー型のデザインを基調としていました。

3代目となる現行型では昨今流行りのSUVのデザインとあんり、曲面が多く押し出しの強いデザインへと変更されています。

2017_nissan_rogue_sl_0655

エクストレイルは2017年にビッグマイナーチェンジが行われましたが、早くも4代目となる新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報が入っています。

それでは日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

4代目日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報

まだ情報は少ないですが、様々な新技術が搭載されるようです。

一つずつ見てみましょう!

日産新型エクストレイルにはe-POWERもリリースへ!

ジュークe-POWER

新型日産エクストレイルにはe-POWERも搭載される計画があります。

e-POWERはEVのようなトルクフルな運転に加え、モーター駆動特有の高い静粛性を両立しており、運転する楽しさと高級感を兼ね揃えていますよ!

新型日産エクストレイルがe-POWERが搭載されればワンランクアップのSUVとなりそうですね。

また、日産は以前開発したハイブリッドよりもe-POWERに注力していることもあり、新型エクストレイルにはハイブリッドがリリースされないこともリークされています。

ここでe-POWERについて簡単に振り返ってみましょう。

e-POWERって何?どんなメリットがあるの?

ノートe-POWERは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはモーターがサブ、エンジンがメインでした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でe-POWERは逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

EVはバッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

一方e-POWERはバッテリーを従来のエンジンで充電する為、従来のガソリンを消費し走行用バッテリー充電します。

e-POWER 解説

EVのデメリットであるバッテリー充電を克服し、EVのメリットを享受できる素晴らしい仕組みですよ!

EV特有のメリットとして、加速性能が非常に高いことが挙げられます。

リーフはモーターを新設計することによって、発進時から一気に最大トルクを発生させることも出来ます。

電気自動車 トルク

これはリーフではなくアメリカのベンチャー企業テスラですが、テスラではなんと落下スピードよりもはやく発進出来ます!

常識はずれの速さ・トルクですね!

またバッテリー駆動中は、ロードノイズも限界まで取り除いている為驚くほど静かに走ることが出来ますよ!

日産新型エクストレイルは三菱のPHVも?

日産新型エクストレイル PHV

日産は先日三菱自動車をグループ傘下となり、三菱自動車が開発してきたPHVを活用しエクストレイルにPHVが搭載されるリークがあります!

日産はPHVの技術がなかったからこそ三菱自動車を買収したと考えられます。

おそらく、新型デリカD:5と共通のPHVが搭載されるのでしょう。

三菱のミニバン、新型デリカD:5のマイナーチェンジ情報です!...

新型エクストレイルにはガソリンエンジンモデル、e-POWERモデル、PHVモデルと3種類のエンジンが搭載されるのでしょう。

日産新型エクストレイルはS-AWC搭載

新型エクストレイル S-AWC

三菱自動車には、ランエボを筆頭にラリーで育てられた世界最高クラスのAWDシステム”S-AWC”と呼ばれる四駆システムがあります。

このS-AWCは新型エクストレイルにも搭載されると考えられており、エクストレイルの魅力が更に磨かれることとなるでしょうね!

日産新型エクストレイルの予想デザイン

新型エクストレイル デザイン

カーセンサーに予想デザインがありました。

こちらはマイナーチェンジ型エクストレイルに酷似していることもあり、キープコンセプトで発売されるかもしれない程度で考えておくと良いと思います。

日産新型エクストレイルは最新プロパイロット搭載

これまでの流れを考えると、新型エクストレイルにもプロパイロット2.0が搭載されるでしょう!

プロパイロットの説明

半自動運転が搭載されるとなると、より賢いスマートフォンのような車としてアップグレードします。

更にリーフに搭載されているプロパイロット2.0は機能を拡張し、自動駐車システムを導入します!

これまでも日産の一部車種には自動駐車機能がありましたが、プロパイロット2.0の場合は駐車場に入った時点で機能を有効にすることによって、自動で空いている箇所へと駐車するシステムとなります。

さすが技術の日産ですね!

日産新型エクストレイルの発売時期

日産エクストレイルのフルモデルチェンジのサイクルは約7~8年ですから、2013年に現行モデルが発売されたことを考えると2019~2020年頃だと考えられます。

スポンサーリンク

日産新型エクストレイルのフルモデルチェンジ情報まとめ

e-POWER搭載

PHVを搭載

プロパイロット2.0が搭載

発売時期は2019年から2020年

それでは最後に、日産エクストレイルの特徴を見直してみましょう!

スポンサーリンク

日産エクストレイルの特徴

エクストレイルは日産におけるミッドサイズSUVです。北米ではローグという名前で販売されています。

エクストレイルの特徴としては、”トレイル”の名前通りスクエアー型のデザインを基調としていました。スクエア基調のSUVは力強く、どんな道でも踏破できそうな雰囲気がありますね。

日産エクストレイル 初代モデル

最初期のコンセプトは200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車としてリリースされました。

実際、初代のライバルであったCR-VやRAV4はどんどん価格が上昇し高級志向へとシフトしていったものの、エクストレイルは現在でも200万円台の価格をキープしています。嬉しいポイントです。

だからこそ、RAV4やCR-Vは日本での販売から撤退してもエクストレイルは今なお国内で販売されているのでしょうね。

日産エクストレイルの現行モデルは?

現行モデルのエクストレイルは3代目であり、2013年にデビューしています。今回のマイナーチェンジが初めての大改訂となります。

初代・2代目から大きくデザインコンセプトが異なり、流行デザインである流麗でなめらかな曲面基調のデザインとなっています。新しいエクストレイルのはじまりです。

日産エクストレイル エクステリア

また、日産の共通アイデンティティである、V字のメッキで囲うようにデザインされている”Vモーショングリル”を搭載しています。

日産エクストレイルの魅力は?

エクストレイルの魅力は、なんといってもそのデザイン、そして価格でしょう。

日産エクストレイル エクストレイル

国内においてミドルサイズSUVの選択肢が減っている中、今なおラインナップしているのはとてもうれしい存在です。

エクストレイルは金額を大きく変えず初期のコンセプトである200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車を今なお踏襲しています。

とはいえ、価格が安いからと言って内装が陳腐というわけでは全くありません。

日産エクストレイル インテリア

SUVらしく無骨な印象がありながら、非常に上質な内装デザインです。

もちろん後部座席も広く設定されています。

狭くなりがちな後部座席ですが、大人2人がのびのび乗車することができますね!

日産エクストレイル 後部座席

また、エクストレイルの魅力として非常に高性能なAWDモードが挙げられます。

LOCKモードであればどんな悪路でも駆け抜け、AUTOモードなら道路をコンピュータが自在に判断し、2WDモードであれば経済的に走ることが出来ます。

日産エクストレイル 4WD

SUVは車重が重い上フルタイム4WDが多く燃費が非常に悪いものが多いですが、この調整は非常に嬉しいですね!

また、SUVなだけあり素晴らしい使い勝手が良いです。特にアウトドアユーザーにとって垂涎の防水シートが標準装備です。

日産エクストレイル インテリア

また、アウトドアスポーツを嗜んでいると両手が使えないことも多いでしょう。

エクストレイルは両手が塞がっている状態でトランクを開放できる機能がオプションながら選択できます!

アウトドア性に優れ、燃費が良く、踏破力があり、価格はリーズナブルですから、人気が出ないはずがないモデルですね!

サイズは?

エクストレイルのサイズは全長4640mm、全幅1820mm、全高1715mmです。

ミッドサイズSUVとしてはまさしくど真ん中であり、デザインも含めエクストレイルの迫力のある雰囲気に寄与しています。

もちろん、サイズだけでなく室内空間も非常に広いですよ!

エンジンは?

エンジンは2000ccガソリンエンジンと2000ccハイブリッドエンジンの2種類です。

日産エクストレイル エンジン

車体が大きく重量があるものの、2000ccでも快適に走ることが出来ます。

ハイブリッドなら燃費も良く、馬力にサポートが付くためスポーディさも楽しめますよ!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする