日産新型デイズ ハイウェイスターに2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日産新型デイズのエクステリアデザイン

日産新型デイズ ハイウェイスターの2019年に行われるフルモデルチェンジ情報です。

本記事では2019年に行われる日産新型日産新型デイズ ハイウェイスターのフルモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事では日産新型日産新型デイズ ハイウェイスターについて以下の情報を速報でお伝えしています。

日産新型日産新型デイズ ハイウェイスターのポイント!
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターは三菱と共同開発
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターのエクステリア(外観)デザイン
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターのインテリア(内観)デザイン
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの派生車種
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターのエンジン
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの安全運転支援システム
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの発売日・発売時期
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの価格

それでは2019年にフルモデルチェンジが行われるとされている日産新型デイズ ハイウェイスターについて見てみましょう!

スポンサーリンク

日産新型デイズ ハイウェイスターのフルモデルチェンジ情報

日産新型デイズ ハイウェイスターは約6年周期でモデルチェンジしています。

現行型となる日産新型デイズ ハイウェイスターは2013年に発売開始となっていることから、2019年に日産新型デイズ ハイウェイスターがフルモデルチェンジするという情報が判明しています!

日産新型デイズ ハイウェイスターの変更点について予測されている情報を一つずつご紹介します♪

日産新型デイズ ハイウェイスターは三菱と共同開発

日産新型デイズ デイズルークスの兄弟車

日産新型デイズ ハイウェイスターはMKMVと呼ばれる、三菱と共同で設立した開発・製造会社にて生産されます。

このため、MKMVは現行型日産デイズ ハイウェイスターを開発・製造した会社でもあり歴史や実績があります。

また、MKMVで研究・開発・製造されることから現行型日産デイズ ハイウェイスターと同じく三菱ekワゴン、ekスペースと兄弟車となることでしょう。

日産新型デイズ ハイウェイスターのエクステリア(外観)デザイン

日産新型デイズのエクステリアデザイン

日産新型デイズと日産新型デイズハイウェイスターのデザインはこれまで通り差別化され2種類のデザインが採用されることとなります。

日産デイズのデザインは上記の通り可愛らしく愛嬌のある丸目のヘッドライトを搭載していますね。

また、昨今の軽自動車では人気の銀メッキを少なめにデザインしており威圧感をなくしたデザインとなっています。

日産新型デイズでは現行型デイズのような女性的な雰囲気を踏襲し愛嬌のある可愛らしいデザインとなることが判明しています。

日産新型デイズのデザイン

日産新型デイズハイウェイスターのデザイン

一方、日産新型デイズハイウェイスターでは日産デイズとは大きく異なり細く鋭いヘッドライトデザインが採用され、Vモーショングリルと呼ばれる共通デザインが採用されます。

Vモーショングリルは日産新型エクストレイルや日産新型ジュークにも採用されると言われており共通アイデンティティとなりますね。

なお、SUVライクのデザインは兄弟車の三菱新型eKワゴンが担当すると報道されています。

日産新型デイズ ハイウェイスターのインテリア(内観)デザイン

日産新型デイズ ハイウェイスターのインテリアデザイン

日産新型デイズ ハイウェイスターのインテリアデザインは現在のところ下記の変更点が判明しています。

日産新型デイズのインテリアのポイント!
  • 大型ナビ(9インチ)が搭載される
  • メーターも全面的に変更される
  • 上位グレードでは電動パーキングブレーキが搭載される
  • 室内空間は大幅に拡大

現在判明している情報にはヘッズアップディスプレイの有無がありません。

スズキ新型スペーシアに搭載したようなフロントガラスに投影するヘッズアップディスプレイも期待したいですね。

日産新型デイズ ハイウェイスターのインテリアデザインについて、具体的な情報が判明次第お伝えします。

日産新型デイズ ハイウェイスターのプラットフォーム

日産新型デイズ ハイウェイスター プラットフォーム

日産新型デイズ ハイウェイスターでは日産・三菱によって共同開発された新型プラットフォームが全面採用となります。

新型プラットフォームでは低床を更に推し進めている他ボディ剛性の向上に加え、クラス最高レベルの軽量化を目指していると報道されています。

軽量化によって燃費が大幅に向上する上操舵性が向上することから非常に楽しみなプラットフォームと言えますね。

日産新型デイズ ハイウェイスターのエンジン

日産新型デイズ ハイウェイスターのエンジン

日産新型デイズ ハイウェイスターでは以下のエンジンが搭載されると言われています。

  • 直列3気筒660ccガソリンエンジン
  • 直列3気筒660ccガソリンターボエンジン
  • 直列3気筒660ccガソリンエンジン+マイルドハイブリッド(e-POWERに近い?)

軽自動車に流行となりつつあるハイブリッドシステムが日産新型デイズ ハイウェイスターには搭載されるでしょう。

ただし日産新型デイズのマイルドハイブリッドシステムは特殊なタイプであり、日産ノートe-POWERに近いタイプである可能性があると言われています。

たしかに日産はノートやセレナに搭載したe-POWERで大きく販売台数を伸ばしているので、搭載される可能性は高いと言えそうです。

近々フルモデルチェンジとなるダイハツ新型タントの新型ハイブリッドとはどのような違いがあるのか楽しみですね。

日産新型デイズ ハイウェイスターは大幅な軽量化とマイルドハイブリッドの採用によって大幅な燃費向上が期待できそうですね。

日産新型デイズ ハイウェイスターはEVモデルが追加

日産新型デイズ ゼロエミッション

日産新型デイズ ハイウェイスターには日産と三菱が共同で開発したEVモデルが追加されます。

以前三菱主導で開発されたi-MiEVとは異なりより実用的となり、航続可能距離は200kmを目指し開発されている模様です。

また、エクステリアデザインも差別化されるという情報もあります。具体的な情報が入り次第お伝えします。

日産新型デイズ ハイウェイスターはサイドエアバッグ搭載

日産新型デイズ ハイウェイスターではサイドエアバッグが標準搭載となります。

昨今では軽自動車も安さ一辺倒ではなく質感、走り、そして安全性が求められる時代ですからナイスな搭載ですね。

日産新型デイズ ハイウェイスターはプロパイロット搭載

日産新型デイズのプロパイロット

日産新型デイズ ハイウェイスターの安全運転支援システムには世界屈指の安全運転支援システムであるプロパイロットが搭載されると言われています。

プロパイロットには以下の機能が搭載されています。

  • インテリジェントクルーズコントロール(渋滞対応)
  • ハンドル支援
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • セーフティシールド
  • 標識認識
  • ふらつき警報
  • 車線逸脱防止システム
  • 踏み間違い防止アシスト

日産新型デイズ ハイウェイスターに搭載されると言われているバージョンアップされたプロパイロット2.0には、上記の機能に加え以下の機能も追加されています。

  • 自動駐車システム

日産新型デイズ ハイウェイスターに搭載されるプロパイロット2.0には自動で空いている箇所へと駐車するシステムがあります。

日産新型デイズ ハイウェイスターに搭載されるプロパイロットの機能は他メーカーに対する圧倒的な優位性につながるでしょう。

日産新型デイズ ハイウェイスターの発売日・発売時期

日産新型デイズ ハイウェイスターの具体的な発売日・発売時期は現在のところ判明しておりません。

しかしながら発売時期はある程度判明しており、日産新型デイズ ハイウェイスターの発売時期は2019年3月だと言われています。

日産新型デイズ ハイウェイスターの具体的な発売日について判明次第お伝えします。

日産新型デイズ ハイウェイスターの価格

日産新型デイズ ハイウェイスターの価格は現在のところ判明しておりません。

ただしプロパイロット搭載によるカメラやセンサーの高騰によって、プロパイロット搭載車は価格が大きく上昇すると考えられるでしょう。

日産新型デイズ ハイウェイスターの具体的な価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

日産新型デイズ ハイウェイスターのフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 日産新型デイズ ハイウェイスターは三菱ekシリーズと兄弟車となる
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターのエクステリア・インテリアは踏襲
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターはプロパイロット搭載
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの発売時期は2019年上旬予定
  • 日産新型デイズ ハイウェイスターの価格は値上げが濃厚

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする