日産新型セレナe-POWERが発売 価格エンジン発売日変更点の詳細

スポンサーリンク

日産新型セレナe-POWERの情報

当初ガソリンエンジンモデルのみが発売された三代目日産セレナでしたが、ノートe-POWERの大成功に伴い車種を拡大する計画のようです。

2つめに搭載されるe-POWERは強豪ミニバンである日産セレナとなるようですね!

日産新型セレナe-POWERが東京モーターショーでリリース

2017年東京モーターショーにて、日産新型セレナe-POWERがリリースされました。

コンセプトカーではないため、このデザインでリリースされることでしょう。

日産新型セレナe-POWERの画像 日産新型セレナe-POWERの画像

通常モデルの日産セレナと日産セレナe-POWERの違いは以下の通りです。

  • グリル内にブルーのアクセント
  • 専用LEDテールライトが搭載
  • 専用アルミホイールデザインが搭載
  • リアにe-POWERバッジが搭載

全体的なデザインはガソリンエンジンの日産セレナと共通であるものの、ある程度の差別化がされていますね。

また、日産新型セレナではオーテック(AUTECH)モデルも追加されます。

日産新型セレナe-POWER オーテックの画像

日産新型セレナe-POWERのオーテックモデルは最上級グレードとして配置され、エクステリアやインテリアが上質なデザインとなります。

日産新型セレナe-POWERのインテリアはキャプテンシート採用

日産新型セレナe-POWERの画像

日産新型セレナe-POWERでは、7人乗りの2列目キャプテンシートが採用されます。

8人乗りモデルはバッテリーの都合上発売されません。

e-POWERを採用しているため大型バッテリーを搭載していますが、室内空間は通常モデルとほとんど変わらずミニバンとしてのメリットを活かしていますね。

ただしバッテリーはリアに配置されることから、ラゲッジアンダーボックスは縮小もしくは廃止となることが考えられます。

日産新型セレナe-POWERに採用されるバッテリーは大容量

日産新型セレナe-POWERはノートe-POWERに比べ重量が大きいことから、バッテリー容量が大幅に増加します。

バッテリー容量を増加し、重量の大きい車種にも対応できるよう変更しているようですね。

バッテリー容量の増加に伴い、なんと連続航続距離は900kmを超えているという口コミもあります。

ハイブリッドクラスでありながら電気自動車のようなミニバンを両立した、素晴らしいモデルとなりそうですね。

それではここで、e-POWERはどんな特徴があるのか、どんなメリットがあるのか簡単に振り返ってみましょう。

e-POWERって何?どんなメリットがあるの?

e-POWERは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはガソリンエンジンを主力とし、バッテリーで補助を行う機構が標準でした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でe-POWERは逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

EVはバッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

一方e-POWERはバッテリーを従来のガソリンエンジンで充電する為、ガソリンを消費し走行用バッテリー充電します。

e-POWER 解説

この仕組を採用する最大のメリットはEVのデメリットであるバッテリー充電を克服し、EVのメリットを享受できる素晴らしい仕組みですよ!

EV特有のメリットとして、加速性能が非常に高いことが挙げられます。

リーフはモーターを新設計することによって、発進時から一気に最大トルクを発生させることも出来ます。

運転する感覚が全く違い、あっという間にトルクを開放することが出来ます。

電気自動車 トルク

更にEVはエンジンの騒音も一切無いことから、最高クラスの静粛性も実現しています。
ワンランクアップの快適性を実現していますね。

日産新型セレナe-POWERのエンジン

日産新型セレナe-POWERのエンジンはe-POWERに最適化されたエンジンが搭載するため、日産ノートe-POWERと同じエンジンを搭載されます。

その為、日産新型セレナe-POWERでは1200ccエンジンとなります。

他メーカーのミニバンに搭載するハイブリッドは2000cc以上であることを加味すると自動車税の面で大きな優位性がありますね。

また、ガソリンタンクは55Lとなります。

日産新型セレナe-POWERの燃費はライバルと比べ良好

日産新型セレナe-POWERの燃費は、JC08モードにおいて燃費特化モデルが26.2km/L、セーフティパックBを搭載したモデルが24.8km/Lです。

燃費特化モデルではホンダ新型ステップワゴンハイブリッドよりも高い燃費となります。

セーフティパックBを搭載したモデルでもトヨタのノア、ヴォクシー、エスクァイアよりも高い数値であり、非常に燃費がいいですね。

ただし電気自動車の宿命とも言うべきかエアコンやヒートシーターを利用すると実燃費が落ち込むようです。

日産新型セレナe-POWERはFFのみ

日産新型セレナe-POWERの駆動方式は発売当初においてFFモデル限定です。

しかしながらe-POWERモデルも4WDモデルが開発中であり、一定期間後に発売開始となる予定です。

4WDモデルがリリースされればより魅力的な日産新型セレナe-POWERとなりそうですね。

日産新型セレナe-POWERの価格

日産新型セレナe-POWERの画像

日産新型セレナe-POWERの価格は以下の価格が判明しています。

  • X……2,968,920円
  • XVセレクション……3,128,760円
  • ハイウェイスター……3,178,440円
  • Vセレクションハイウェイスターモデル……3,404,160円
  • オーテックモデル……394万円前後

通常モデルの日産セレナに比べると約40~50万円前後の値上げとなりそうですね。

装備はVセレクションハイウェイスターにおいて、快適パックや両側ドアといったよく使われるオプションが標準化されています。

ただしプロパイロットの包括しているセーフティパックBがオプションとなり、22万円で装着可能です。

一方、オーテックモデルはセーフティパックも標準装備となります。

また、価格は比較的高めであるものの値引き枠は渋く、10万円~15万円が限界のようです。

日産新型セレナe-POWERの発売日

日産新型セレナe-POWERは2018年春頃発売とアナウンスされており当初は2018年5月が濃厚ではないかとささやかれていました。

しかしながら出来の良さからか予定は前倒しとアンリ、発売は2018年2月28日となりました。

それでは最後に日産新型セレナe-POWERについてまとめましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする