日産三菱新型デイズとekワゴンへフルモデルチェンジ

スポンサーリンク

日産と三菱合作である、デイズとekワゴンのフルモデルチェンジ情報です。

先日日産デイズと三菱ekワゴンですが、大規模なマイナーチェンジが行われました。

軽自動車において三菱と連携しデイズ/デイズルークス、eKワゴ...
このekスペースはかなりギラっとしており、刺さる人にはぐっさ...

大幅なテコ入れがあったものの、デイズとekワゴンはフルモデルチェンジとなったN-BOXに

売上において大差をつけられている状態です。

ホンダのスライドドア付軽ハイトールワゴン、N-BOXのフルモ...

厳密にはN-BOXとは直接的なライバルでは無いものの、同じ軽自動車市場を闘う相手が圧倒的なNo1に立ち続けているのは苦々しいもの。

だからこそ主力の軽自動車であるデイズとekワゴンをフルモデルチェンジする計画があるようです。

それでは早速、フルモデルチェンジ情報の概要を見てみましょう。

スポンサーリンク

日産新型デイズ 三菱新型ekワゴンのフルモデルチェンジ情報

まだ情報は少ないものの様々な場所からリークが行われています。

1つずつ見てみましょう。

日産新型デイズと三菱新型ekワゴンは現行通り兄弟車となる

現在でこそ三菱自動車は日産自動車の傘下となっていますが、以前から三菱自動車と日産自動車は軽自動車分野において協業していました。

その理由は、三菱は昔から軽自動車を開発している為、日産に比べ軽自動車に対する製造・開発・設計のノウハウが蓄積されているのに対し、

日産は資金調達能力、ブランド価値、仕入交渉力、ディーラー整備網に強みがあります。

三菱と日産がそれぞれ別の役割を担い、それぞれの強みを活かした合弁会社を設立しデイズ/ekワゴンは開発されています。

軽自動車は日本市場限定の規格ですから、お互いに開発・研究・製造を行いコストを増やすよりも

それぞれのメリットを活かして独特な軽自動車市場を制覇しようという経営戦略なのですね。

以上のことから、日産新型デイズと三菱新型ekワゴンは現行と同じく兄弟車として販売されます。

日産新型デイズと三菱新型ekワゴンにはe-POWER採用か?

日産新型デイズ 三菱新型ekワゴン e-POWER

日産新型ノートにも搭載されたレンジエクステンダー式EVであるe-POWERが搭載されるのではないか?という報道があります。

この報道はノートe-POWERの大成功によってより様々な車種へと拡げる計画がリークされ、

そのうちの一つがデイズとekワゴンではないかと考えられています。

他にも日産新型ジュークにも搭載される計画がリークされています。

日産のコンパクトSUV、ジュークのフルモデルチェンジ情報です...

ここで一度、日産が開発した画期的なハイブリッドシステムであるe-POWERについて振り返ってみましょう。

e-POWERって何?どんなメリットがあるの?

ノートe-POWERは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはモーターがサブ、エンジンがメインでした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でe-POWERは逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドと呼ばれるシステムを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

ピュアEVと呼ばれる元来の電気自動車は、バッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

更に行き先に必ず充電器があるとは限らないことから、不安を伴うドライブになりがちです。

一方e-POWERでは走行用バッテリーを従来のガソリンエンジンで充電する画期的なシステムです。

この方法ならガソリンを給油すれば駆動用バッテリーを充電出来る仕組みとなります。e-POWER 解説

日産がEVに拘る理由は、EV特有のメリットとして加速性能が非常に高いことが挙げられます。

下記はリーフのデータですが、EV全てに言えるデータです。EVなら発進時から一気に最大トルクを発生させることが出来ます。

電気自動車 トルク

またバッテリー走行中はエンジン騒音が無くロードノイズも限界まで取り除いている為圧倒的な静粛性も実現しています。
e-POWERならEVのデメリットであるバッテリー充電を克服しつつ、EVのメリットを享受できる素晴らしい仕組みですね。

日産新型デイズと三菱新型ekワゴンの発売時期

株主向けに発表された三菱自動車の中期計画において、ekワゴンのフルモデルチェンジが計画されていることが判明しました。

ここから、2018年に三菱新型ekワゴンへとフルモデルチェンジすることが判明しています。

また、先述の三菱ekワゴンと日産デイズはブランドを超えた兄弟車であり、

デビュー・年次改良・マイナーチェンジと全てにおいて同じタイミングで行われています。

ここからスキャンダル等がない限り、2018年に日産新型デイズへとフルモデルチェンジすることが予測されます。

具体的な日付は現在のところ判明していないものの、5年毎に残価設定型ローンの支払が終了することを考えると、

日産新型デイズと三菱新型ekワゴンのフルモデルチェンジは2018年上旬となることが予測されます。

スポンサーリンク

日産新型デイズ 三菱新型ekワゴンフルモデルチェンジ情報まとめ

  • 日産新型デイズと三菱新型ekワゴンは現行と同様に兄弟車設定
  • 軽自動車初のe-POWER搭載か?
  • 2018年に発売予定

最後に、デイズとekワゴンはどんな車なのかかんたんに説明したいと思います。

スポンサーリンク

デイズ/ekワゴンはどういう車?

デイズ/ekワゴンは三菱、日産における軽自動車の戦略モデルです。

現在軽自動車で最も人気のあるスタイルのハイトワゴンです。軽自動車でありながら、軽自動車とは思えないほど室内空間は広く作られております。

また、流行のハイトワゴンですからスライドドアを装備しています。コンパクトミニバンのような雰囲気をもっており、利便性の高さや税金の安さから大きな人気がある同モデルです。

それぞれの車の特徴を見てみましょう。

デイズとは?

デイズは2013年にデビューしています。デイズは日産の初めての軽自動車です。

2016年にマイナーチェンジが行われ、現行のデザインへと変更されています。

a4cc1176fb3e1a74ce319e3c62e00f9f0c035fad  04537787eed10c3997ee46e6d99f280ff6b15a65

オシャレでかわいい通常モデルのデイズと、メッキが多く大きいVモーショングリルを携えているデイズルークスがあります。

また、デイズはたくさんのカラーがラインナップされており、カラーがオリジナルで選べる点も訴求点でもあります。

燃費はJC08モードで25.8kmと、非常に高い数値です。

ekワゴンとは?

ekワゴンは元々三菱自動車で独自で開発されていたこともあり、現行モデルは3代目です。

デイズ同様に、2016年にマイナーチェンジが行われ現行のデザインに変更されています。

    

こちらもデイズ同様に、かわいいデザインのekワゴンとメッキが多くギラっとしたデザインのekカスタムがあります。

また、デイズと異なるカラーが設定されており差別化されています。

燃費はJC08モードで25.8kmです。デイズと同じです。

エンジンは?

プラットフォーム同様に、エンジンはekワゴンとデイズは共通エンジンです。

どちらも直列3気筒660cc/直列3気筒660ccターボエンジンが選択でき、燃費と走行性のいいとこ取りをしたエンジンです。

サイズもコンパクトであり、重量やスペースを上手に活用しています。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする