日産、新型エクストレイルにマイナーチェンジ!プロパイロット搭載!

スポンサーリンク

ノートに引き続き、エクストレイルのマイナーチェンジ情報が入ってきました。

以前エクストレイルの兄弟車である、ローグがマイナーチェンジした情報を公開しましたね。

ついに兄弟車である、エクストレイルにもマイナーチェンジの情報が入ってまいりました!

どうやら人気車種であるにも関わらずマイナーチェンジが遅れたのは新技術が搭載される噂があります。

スポンサーリンク

エクストレイルってどんな車?

エクストレイルは日産におけるミッドサイズSUVです。北米ではローグという名前で販売されています。

エクストレイルの特徴としては、”トレイル”の名前通りスクエアー型のデザインを基調としていました。スクエア基調のSUVは力強く、どんな道でも踏破できそうな雰囲気がありますね。

最初期のコンセプトは200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車としてリリースされました。

実際、初代のライバルであったCR-VやRAV4はどんどん価格が上昇し高級志向へとシフトしていったものの、エクストレイルは現在でも200万円台の価格をキープしています。嬉しいポイントです。

だからこそ、RAV4やCR-Vは日本での販売から撤退してもエクストレイルは今なお国内で販売されているのでしょうね。

現行モデルは?

現行モデルのエクストレイルは3代目であり、2013年にデビューしています。今回のマイナーチェンジが初めての大改訂となります。

初代・2代目から大きくデザインコンセプトが異なり、流行デザインである流麗でなめらかな曲面基調のデザインとなっています。新しいエクストレイルのはじまりです。

また、日産の共通アイデンティティである、V字のメッキで囲うようにデザインされている”Vモーショングリル”を搭載しています。

エクストレイルの魅力は?

エクストレイルの魅力は、なんといってもそのデザイン、そして価格でしょう。

国内においてミドルサイズSUVの選択肢が減っている中、今なおラインナップしているのはとてもうれしい存在です。

エクストレイルは金額を大きく変えず初期のコンセプトである200万円台で大人4人が楽しく快適に遊べる車を今なお踏襲しています。

とはいえ、価格が安いからと言って内装が陳腐というわけでは全くありません。

SUVらしく無骨な印象がありながら、非常に上質な内装デザインです。

もちろん後部座席も広く設定されています。

狭くなりがちな後部座席ですが、大人2人がのびのび乗車することができますね!

また、エクストレイルの魅力として非常に高性能なAWDモードが挙げられます。

LOCKモードであればどんな悪路でも駆け抜け、AUTOモードなら道路をコンピュータが自在に判断し、2WDモードであれば経済的に走ることが出来ます。

こちらの動画で、常にトルク配分を切り替えている様子が分かるでしょう。

SUVは車重が重い上フルタイム4WDが多く燃費が非常に悪いものが多いですが、この調整は非常に嬉しいですね!

また、SUVなだけあり素晴らしい使い勝手が良いです。特にアウトドアユーザーにとって垂涎の防水シートが標準装備です。

また、アウトドアスポーツを嗜んでいると両手が使えないことも多いでしょう。

エクストレイルは両手が塞がっている状態でトランクを開放できる機能がオプションながら選択できます!

こちらの動画を見ていただけると、その便利さが分かっていただけると思います。

アウトドア性に優れ、燃費が良く、踏破力があり、価格はリーズナブルですから、人気が出ないはずがないモデルですね!

サイズは?

エクストレイルのサイズは全長4640mm、全幅1820mm、全高1715mmです。

ミッドサイズSUVとしてはまさしくど真ん中であり、デザインも含めエクストレイルの迫力のある雰囲気に寄与しています。

もちろん、サイズだけでなく室内空間も非常に広いですよ!

エンジンは?

エンジンは2000ccガソリンエンジンと2000ccハイブリッドエンジンの2種類です。

車体が大きく重量があるものの、2000ccでも快適に走ることが出来ます。

ハイブリッドなら燃費も良く、馬力にサポートが付くためスポーディさも楽しめますよ!

それでは、マイナーチェンジ版エクストレイルの情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

概要

現在、このような情報がリークされています。

エクストレイルのマイナーチェンジは2017年6月8日を予定。

デザインはローグと共通

全席ヒートシーター設定が可能。6万~8万

2列タイプの後部座席シートの変更。リアシートのリクライニング+スライドが可能になる。

プロパイロットを上位グレードのみ搭載可能。メーカーオプションで14万円

アラウンドビューモニターがメーカーオプションで搭載可能

ディーゼルモデルはない

北米で先行マイナーチェンジされたローグはこちらです。

2017_nissan_rogue_sl_0655

2017-nissan-rogue-hybrid-live-photo-front-01

ヘッドライトデザインが変更され、Vモーショングリルが拡大しています。

現行モデルよりもアグレッシブで力強い印象を与えるデザインですね!

他の画像はこちらにあります。

また、素晴らしいことにプロパイロットが搭載されるようです!

実際に新型エクストレイルの広告において、プロパイロットの記載がありますね。

プロパイロットをご存じない方について、一度振り返ってみましょう。

プロパイロットとは?

プロパイロットは日産の半自動運転技術のことで、他メーカーの一歩先にいる技術です。

なんと高速道路の運転中、プロパイロットがアクセル、ブレーキ、ステアリング操作をすべてアシストしてくれるシステムですよ!

他メーカーにも似たような機能がありますが、プロパイロットは目の前に先行車がいなくとも利用可能というポイントが素晴らしいです!

私も試してみましたが、高速道路の運転疲れを大幅に軽減できますよ!

このプロパイロットが搭載されたのであれば、エクストレイルの魅力は更に輝きそうですね!

スポンサーリンク

インテリアの一部リークへ!

インテリアが一部リークされました!

中国向けエクストレイルの動画において、その存在が確認されています。1分6秒時点です。

中国では左ハンドルですが、この動画では日本向けにも追々公開するためか右ハンドル車が使われています。

この動画のステアリングホイールスイッチを見ると、右側に水色のボタンがありますね!

こちらのボタンこそが”プロパイロット”の起動ボタンとなります!

おそらくセレナと同等のプロパイロットが搭載されるでしょうから、ミドルサイズSUVの中でも一歩抜きん出ていると言えますね!

国内向けエクストレイルがリーク!

国内向けの全体像がリークされたようです。

噂通り、Vモーショングリルをより大きくしたデザインですね!

フルLEDヘッドライトとなり、よりシャープで精悍な顔つきとなっています。

このデザインにプロパイロットが搭載されて利便性が向上するとなると、現在販売されているSUVでも非常に魅力的なモデルとなりそうです。

ついに公式発表へ!

2017年6月8日より、マイナーチェンジが公式発表となりました!

日産グローバルニュースルームより、

「エクストレイル」をマイナーチェンジ
高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」を搭載

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川廣人)は8日、「エクストレイル」をマイナーチェンジし、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

今回のマイナーチェンジでは、高速道路において、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、お客さまのドライブをサポートする高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」*1を採用しました。

また今回のマイナーチェンジでは、よりタフなイメージを強調したエクステリアと、上質感を高めたインテリアなど、内外装ともに新デザインを採用しました。併せて、リヤバンパーの下に足先を入れて引くだけでバックドアを開閉することができる、ハンズフリー機能付きの「リモコンオートバックドア」の新採用や、「インテリジェント パーキングアシスト」の性能向上により、さらに利便性を高めました。

 

プロパイロットの搭載、エクステリア・インテリアの変更、利便性の大幅な向上と大規模なマイナーチェンジであることがわかります。

先進性を訴えた魅力と、新しくアグレッシブなデザイン、そして使いやすさが向上し、日産の主力SUVらしい素晴らしいマイナーチェンジですね!

画像

画像はこちら。

エクステリア

インテリア

エクステリア モードプレミア

モードプレミアは通常モデルよりも高価格となり、エクステリアデザインがタフな印象を引き継ぎつつ、高級志向となります。

フロントフェイスも変更されるため、ひと目で違いがわかりますね!

エクステリア エクストリーマーX

エクストリーマーXはモードプレミアとは異なり、ガーニッシュやサイドカバーが取り付けられてタフな印象を持たせるデザインへと変更されています。

通常モデルのクロスオーバーな雰囲気よりも本格的なSUVのようなデザインですね!

ボディカラー

ボディカラーの選択肢も豊富です。

色かぶりも少なくなりそうですね!

動画

動画もリリースされています!

画像よりも全体的なデザインがつかみやすいのではないのでしょうか?

価格諸元表

価格諸元表はこちら。

219万7千円スタートと、現在のミドルサイズSUVの中でも価格を抑えてあります。

エクステリアのデザインが好きな方にとっては220万から購入できる選択肢があるポイントは見逃せませんね!

モードプレミアはプレミアムモデルということもあり、価格は比較的高めとなります。

その分質感は通常モデルよりも高いため、より高級な車となりますね!

エクストリーマーモデルは通常モデルよりも若干高いものの、本格的なSUV志向のデザインとなっています。

他のエクストレイルと差別化できるモデルとなっていますよ!

エクストレイルのマイナーチェンジまとめ

いかがでしたでしょうか?

セレナに初搭載されたプロパイロットが搭載された上、デザインがよりアグレッシブとなり利便性も向上しエクストレイルの魅力が格段に増したマイナーチェンジですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする