日産新型ジュークへフルモデルチェンジ!価格・e-POWER・EVは?

スポンサーリンク

日産のコンパクトSUV、ジュークのフルモデルチェンジ情報です!

日産は現在、主力車種であるエクストレイルのビッグマイナーチェンジを発表しました。

ノートに引き続き、エクストレイルのマイナーチェンジ情報が入っ...

プロパイロットが搭載されデザインが変更となる等、さすが日産における主力モデルといえる大規模なマイナーチェンジ内容でしたね!

また、日産唯一のEVであるリーフのマイナーチェンジも近いとされています。

日産の電気自動車、リーフのフルモデルチェンジ情報です! ...

こちらのリーフ、どうやらEVプラットフォームとなりジュークにも搭載される噂が・・・?

まず、ジュークの特徴を見てみましょう。

スポンサーリンク

ジュークってどんな特徴の車?

ジュークは、日産が開発したコンパクトクロスオーバーSUVです。

現在のコンパクトクロスオーバーSUVブームの火付け役であり、国内で販売している日産唯一のコンパクトクロスオーバーです。

ジュークの特徴

ベースはマーチやキューブ、ノートといった最小クラスのプラットフォームを使っていることもあり、サイズは他社のコンパクトクロスオーバーに比べ小さめに作られています。

他コンパクトクロスオーバーSUVに比べ室内空間が狭いですが、この塊感のつよいデザインは、このサイズだからこそ実現できたものでしょう。

また、価格もライバルに比べて比較的抑えめとなっています。ここも見逃せないポイントです。

ジュークの派生車種では、スポーディに味付けしたニスモと

ジュークの特徴

ジュークニスモをレース仕様にも耐えられるSUVにチューンナップした、ジュークニスモRSがあります。

ジュークの特徴

デザインには大きな違いがないものの、スペックは大きく異なります。

特にジュークニスモRSはもはやスポーツカークラスのエンジンが搭載されています!

ジュークが人気な理由は?

ジュークの特徴

ジュークが人気な理由は、その唯一無二のデザイン性でしょう。

オシャレであり、可愛くもあり、かっこよくもあり……。

ジュークのデザインは刺さる人には200%、刺さらない人には80%という車です。これまで存在しないデザインであり圧倒的な注目度があります。

完璧に刺さった方の場合、”もうこの車しか愛せない!”と思う方もいるほどです。

ジューク ツートンカラー

人気のあるジュークを更にオシャレに味付けした、ツートンカラーのグレードもあります。

カラー種類が非常に多く、自分だけのジュークを選択することが出来ますよ!

ジューク インテリア

もちろん、内装にも抜かりはありません。

リーズナブルであるにも関わらず、内装は上質です。

局面が多用されている独特なデザインもジューク特有のものですね。

ジューク インテリア2

オシャレなツートンカラーのグレードはよりオシャレです。若い男性や女性に根強い人気があります。

ジューク ニスモインテリア

スポーディグレードには、よりスポーディなシートやメーターが備わっています。

どれを選んでも自分だけのオリジナルなジュークが楽しめますね!

ジュークのエンジンは?

ジューク エンジン

ジュークは直列4気筒1.5Lか1.6Lが基本です。

ハイパワーグレードのニスモには直列4気筒1.6Lターボエンジンと強烈なモデルも存在します。最大200馬力です。

200馬力でも相当高いですが、最高グレードのジュークニスモRSはなんと214馬力と凄まじい馬力があるモデルもあります!

デザインとリーズナブルさを楽しみたいユーザーから、SUVで運転する楽しさを求めたいユーザーまで全てをカバーできる素晴らしいモデルですね!

それでは、ジュークのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

日産新型ジュークのフルモデルチェンジ情報は?

少しずつリークされています。情報を見てみましょう!

日産新型ジュークのデザインはグリップスコンセプト似!

Vモーションコンセプト

海外のとあるメディアでは、新型ジュークは上記のグリップスコンセプトに似たデザインでリリースされることが計画されています。

生産準備に入っており、遠くないうちにフルモデルチェンジが発表されるということ。

グリップスコンセプトはジュークをより尖らせたようなデザインですから、ジュークの魅力をしっかりと引き継いだデザインとなりますね。

日産新型ジュークにはEVモデルも!

ジュークEV

新型リーフのプラットフォームを活用し、新型SUVがリリースされるリークがされました!

コードネームは”Terra”、テラと呼ばれ、以前リリースされた上記画像のコンセプトモデルに近いモデルと考えられているようです。

日産の電気自動車、リーフのフルモデルチェンジ情報です! ...

EVは日本ではあまり人気のあるモデルではないものの、コンパクトSUVの選択肢が増えて実用的なモデルとなれば爆発的に人気が出るかもしれませんね!

日産新型ジュークにはe-POWERもリリースも濃厚!

ジュークe-POWER

EVでは敷居が高いものの、ガソリンだけではパンチが弱いことからノートに搭載されたe-POWERも搭載される可能性が濃厚です。

e-POWERが搭載されれば、コンパクトクロスオーバーSUVにおいて国内で圧倒的な人気を誇るヴェゼル・C-HRと多様性や燃費で並びます。

更にe-POWERは基本的にモーターで駆動するため、静粛性・トルクパワーはハイブリッドを凌駕します。より優位性を持ったジュークとして生まれ変わりそうですね!

また、日産は大型車向けに開発したハイブリッドよりも走行性能や静粛性能の評価が高いe-POWERを推進しており、小型車を中心として次々にe-POWERを導入する計画があるようです。

ここからも日産新型ジュークにはe-POWERが搭載されると考えられるでしょう。

ここで一度、日産が開発した画期的なハイブリッドシステムであるe-POWERについて振り返ってみましょう。

e-POWERって何?どんなメリットがあるの?

ノートe-POWERは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはモーターがサブ、エンジンがメインでした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でe-POWERは逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

EVはバッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

一方e-POWERはバッテリーを従来のエンジンで充電する為、従来のガソリンを消費し走行用バッテリー充電します。

e-POWER 解説

EVのデメリットであるバッテリー充電を克服し、EVのメリットを享受できる素晴らしい仕組みですよ!

EV特有のメリットとして、加速性能が非常に高いことが挙げられます。

リーフはモーターを新設計することによって、発進時から一気に最大トルクを発生させることも出来ます。

電気自動車 トルク

これはリーフではなくアメリカのベンチャー企業テスラですが、テスラではなんと落下スピードよりもはやく発進出来ます!

常識はずれの速さ・トルクですね!

またバッテリー駆動中は、ロードノイズも限界まで取り除いている為驚くほど静かに走ることが出来ますよ!

日産新型ジュークには新規プラットフォームが採用!

新型ジューク プラットフォーム

日産新型ジュークには日産&ルノーで共同開発された、CFM-Bと呼ばれるモジュールタイプの新型Bセグメント用小型プラットフォームが採用されます。

現在では欧州向けマーチのみ搭載されているプラットフォームですが、足回りが頑丈で室内空間も広くなる画期的なプラットフォームですよ!

日産新型ジュークはプロパイロットも搭載!

これまでの流れを考えると、新型ジュークにもプロパイロットが搭載されるでしょう!

プロパイロットの説明

半自動運転が搭載されるとなると、より賢いスマートフォンのような車としてアップグレードします。

こちらも見逃せませんね!

日産新型ジュークにはワンペダルドライブ機能も搭載!

ジュークe-POWERにはワンペダルドライブ、ジュークEVにはe-pedalという名前で設定されるでしょう。

こちらはハイブリッドによく搭載されている、アクセルを離すと回生ブレーキが発動しバッテリーを充電しながらゆっくりブレーキがかかるというものです。

これがあれば走行中に充電することが出来る上、ブレーキなしで運転することが出来ますよ!

日産新型ジュークには自動駐車システムも!

ただでさえ日産のプロパイロットは他社を凌駕していますが、更にプロパイロットの機能を拡張し、自動駐車システムを導入します!

新型リーフに搭載された同システムですが、後発となるジュークにも搭載されることでしょうね!

日産新型ジュークの発売時期は?

現在の噂では東京モーターショーに合わせて2017年秋に2代目ジューク・2代目ジュークe-POWERのコンセプトが発表され、発売は2018年上旬となると報道されています。

しかしながら東京モーターショーにはリリースされないという噂もあることから、事態は流動的のようです。続報に期待です。

日産新型ジュークの価格は?

新型ジュークは通常モデルが200万~275万円となり、e-POWERモデルが245万円~295万円となるのではないかと考えられています。約7万前後の値上げとなるでしょう。

値上げされたとしても流行りのコンパクトクロスオーバーSUVが割安で購入できることを考えると、新型ジュークの人気も衰えることがなさそうですね。

スポンサーリンク

日産新型ジュークのフルモデルチェンジ情報まとめ

デザインはVモーションコンセプト似

ガソリンエンジン、EV、e-POWERの3種類がリリース

新規プラットフォームが採用

プロパイロットが搭載

お披露目は2017年10月末、発売は2018年中旬

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする