日産、”ノート”のビッグマイナーチェンジを公式発表!これまでとは違うハイブリッドを搭載へ!

スポンサーリンク

本日より公式発表が有りました。本日より販売です。

以前から追記をしていた記事ですが、遂に日産から公式にリリースされました。

あわせて、これまでにないハイブリッドである「e-POWER」についても詳細な情報が公開されたようです。

新型ノートのまとめ!価格やカラーを紹介!
2016/10/23 加筆しました。情報がリークされ始めたようですので、まとめました。

リーク通りの情報なのか、見ていきましょう。

公式発表の概要

日産ニュースリリースより抜粋

「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加 あわせて一部仕様向上を実施

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は2日、「ノート」に新電動パワートレイン「e-POWER」を追加すると同時に、ノート全車についても一部仕様向上を実施し、同日より全国一斉に発売すると発表しました。

今回追加する新パワートレイン「e-POWER」は、従来の駆動方式とは一線を画す新しい電動パワートレインです。

<ノートの車両概要>

1. デザイン

新世代の日産デザインを導入した、前進感と躍動感みなぎるエクステリア

シートと内装の洗練されたカラーコーディネートと、高品質感に満ちたインテリア

2. 走行性能

2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*6を発揮。(e-POWER)
モータードライブならではの静かな走行音に加え、エンジンの最適制御で2クラス上*7の快適性を実現(e-POWER)
ボディの前方と後方に入念な遮音対策を実施し、エンジンノイズやロードノイズなどの車内への侵入を抑制(e-POWER)。さらに、e-POWER MEDALISTは、ボディ側面の遮音性をさらに向上。

3. 先進機能、安全機能

主な先進機能

インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)*5
スマート・ルームミラー(インテリジェントアラウンドビューモニター表示機能付)*5

主な安全機能

インテリジェントエマージェンシーブレーキ
LDW(車線逸脱警報)
踏み間違い衝突防止アシスト
LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ、LEDポジションランプ付)

<ノート「モード・プレミア」車両概要>

「モード・プレミア」は、さらに上質な個性を求めるお客さまに向けて、エクステリア・インテリアの高級感を高めたカスタムカーです。

09a3cc86dfce4af880da191b3cb7212d16893dad

ノート e-POWER MEDALIST プレミアムコロナオレンジ

14fdb7b683310292acd82d4946cafb93dd29c3a1f83e2c6538c2b334353b66428de1dfdaf341f9d3

ノート「e-POWER モード・プレミア」 ノート「e-POWER X助手席回転シート」

金額及び諸元表

金額及び諸元表はこちら。

<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)
駆動エンジングレードミッション価格
2WDHR12DESエクストロニック
CVT
1,393,200
X1,495,800
MEDALIST X1,627,560
HR12DDRX DIG-S1,738,800
MEDALIST1,985,040
4WDHR12DEX FOUR1,711,800
スマートセーフティエディション1,827,360
MEDALIST X FOUR1,843,560
スマートセーフティエディション1,929,960
2WDHR12DE-EM57e-POWER S1,772,280
e-POWER X1,959,120
e-POWER MEDALIST2,244,240

新規追加されたe-POWERグレードはS、X、MEDALISTの3つです。

金額は379,000円~259,000円程の違いとなりますね。

e-POWERの価格はフィットよりも高めですが、最低グレードではアクアとほぼ同額です。

モードプレミアグレード

メダリストよりも上位グレードとなるモードプレミアは、エクステリア、インテリア共にランクアップしています。

14fdb7b683310292acd82d4946cafb93dd29c3a1

価格はこちらです。

<全国希望小売価格(消費税込み)>(単位:円)
車種駆動エンジンベース車グレードミッション価格
モード・プレミア2WDHR12DEXエクストロニック
CVT
1,690,200
HR12DDRX DIG-S1,933,200
4WDHR12DEX FOUR1,906,200
2WDHR12DE-EM57e-POWER X2,207,520

MEDALISTよりも高額ですが、e-POWERにもグレードが存在しているのはいいですね!

画像

画像はこちら。

エクステリア

708_dl0000625667 708_dl0000625369 708_dl0000625368 708_dl0000625367

ビッグマイナーチェンジ版ノートからは、このプレミアムコロナオレンジがイメージカラーのようですね。

オシャレでポップなデザインです。

インテリア

708_dl0000625741 708_dl0000625377 708_dl0000625376 708_dl0000625375

ノートはパッケージングが良く、フィット並のスペースがあります。

更にオシャレなデザインやカラーも組み合わさり、老若男女誰でも好まれるデザインです。

カラー

708_dl0000625685 708_dl0000625683 708_dl0000625673 708_dl0000625675 708_dl0000625677 708_dl0000625679 708_dl0000625681 708_dl0000625671 708_dl0000625669 09a3cc86dfce4af880da191b3cb7212d16893dad

やはりこの中でも目を引くのはプレミアムコロナオレンジですね。

これまでのイメージカラーであったブルーもオシャレです。

大きな目玉!e-POWERとは?

2329ffca3f20b2d669202ed9183cca2149222fe0

e-POWERについてのニュースリリースもあります。以下抜粋

日産自動車、100%モーター駆動の新しい電動パワートレイン「e-POWER」を「NOTE」に初搭載

「NOTE e-POWER」の燃料はガソリンのため充電を気にする必要が無く、かつ、100%モーター駆動のため走る楽しさはまさにEVそのものであるという点で、従来のコンパクトカーに多く採用されているハイブリッドシステム車とは全く異なる、新しい電動パワートレイン搭載車です。

「e-POWER」では、エンジンはタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが最大の特徴です。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車と異なるのは、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使う点です。「日産リーフ」のエネルギー源はバッテリーのみで、外部から充電器を通じて充電します。

0c940139af70690e555fc7d932ca8337a70ade93

つまり、e-POWERはリーフのような純粋のEVに近いハイブリッドシステムのようです。

EVのすごさは、なんといってもその静かさとスピードです。

EVベンチャーの長であるテスラが開発しているモデルSは、なんと自由落下よりも早いスピードで0kmから発進することも出来ます。

これはガソリンエンジンでは到達が難しいとされている速度です。

新型ノートはe-POWERによって、相当馬力やスピードが早くなっていることでしょう!

まとめ

イマイチわかりにくいe-POWERですが、ビッグマイナーチェンジを経てノートはより車としての魅力に磨きがかかりましたね!

新型ノート以降、e-POWERが何に搭載されるのか?楽しみです!