三菱自動車の新型クロスオーバーMPV!「XM Concept」が遂にワールドプレミア!!

スポンサーリンク

XMの略はCrossover MPVの略のようです。

2016年インドネシア国際オートショー出品概要

三菱自動車は、2016年8月11日(木)から[一般公開は12日(金)から]21日(日)までインドネシアで開催されるインドネシア国際オートショーに出展し、三菱自動車が得意とするSUVの力強さとMPVの多用途性を融合させた、スモールサイズのクロスオーバーMPVコンセプトカー『MITSUBISHI XM Concept』を世界初披露します。

三菱プレスリリースより

コンセプト

レイアウトの最適化とワイドボディの採用により、乗員7名がゆったりくつろげるMPVとし、三菱自動車が得意とするSUVらしいスタイリングや機能を融合させ、安全に、快適に、楽しく移動できる、インドネシアの大家族に最適なクロスオーバー小型MPVをコンセプトとしています。

エクステリアデザイン

伸びやかでスポーティなボディに高い走破性を兼ね備えた、SUV×MPVコンセプトをダイレクトに表現したデザインとしました。
フロントには、三菱自動車の新しいデザインコンセプトである、“ダイナミックシールド”を採用しました。パワー・パフォーマンスを表現する中央のブラック部をバンパーの左右コーナー部が包み込むような造形とすることで、人とクルマを守る機能をダイナミックに力強く表現しました。
ボディサイドにはエッジの効いた彫刻的なキャラクターラインと大きく張り出したフェンダー形状を採用してSUVらしい力強くスポーティな印象としながら、デッキフォワード化によりフードからルーフへと続く流麗なラインを後方に向かって緩やかに落とし、リヤクオーターピラーの後端を抜くことによって、伸びやかなキャビンを表現してMPVらしいスタイリングを実現しています。
高めに設定した地上高やボディ下部全体を保護するアンダーガードは、未舗装路やスコール時も安心してドライブできる走破性を提供しています。

インテリアデザイン

3列シートを最適に配置して乗員7名がくつろげる広々とした居住空間を確保し、多彩なシートアレンジを可能にしています。
水平基調のインストルメントパネルがMPVらしい空間の広がりを演出するとともに、高めに設定した幅広いコンソールや、白と黒のハイコントラストなインテリアカラー、シルバーの加飾などにより上質なインテリアとしています。

2016インドネシア国際オートショー スペシャルサイトより

画像はこちら。

img01

ダイナミックシールドを強烈に印象づけたデザインですね。

MPVのような、SUVのような。SUVとしての、新しい形態といえます。

ルーフレールやバンパーが実にタフなデザインですね。

適度に流麗なクーペ風のデザインとなっておりますが、MPV求められる3列シートは3列目が極端に狭くなりがちで、正直相性はあまり良くありません。

三菱はMPV技術、SUV技術が達者ですし恐らくそこも理解しているはずです。どうやってクリアしたのか内装も見てみたいところですね。

どうやらこのXM Conceptは、2017年10月以降生産が開始されるようです。

もう少ししたら市販型もお披露目になりそうですね。

こちらのXM Conceptは、以前リリースされたeX conceptに近いデザインであるといえます。MITSUBISHI_eX_Concept_01

このXM Conceptの次にリリースされる予定でしたが……PHEVモデルの開発を一時中断し、エンジンモデルのみの開発へと注力するようです。

リソースの事情でマスマーケティングが不可能なメーカーは、選択と集中を行いながらハイリスクな特化型メーカーにならざるを得ません。 その為には、痛みも伴います。 1車種の開発中止を決定 身の丈にあった車種展開を進めるため、1...

こちらのXM Conceptは、以前報道しましたグランドツアラーコンセプトであると見て間違いないでしょう。

なぜ三菱がインドネシア向けに車を出しているのか?

それはASEANが、実は三菱の稼ぎどころだからなのです。

三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。
以前は、三菱の御三家といえば三菱自動車、三菱重工、三菱商事でしたが 今や御三家には三菱自動車の代わりに三菱UFJが入ったそうです。 苦し...

なんとなーく気づいていたとは思いますが、日本では正直かなり苦戦しています。

それを穴埋めするためにASEANへ進出しましたが、ASEAN地域の所得の向上と共にシェアや利益を稼いでいったわけですね。

そして三菱は、ランサーの開発を停止しSUVへと注力を開始。

限りあるリソースですから、自分の強みへとシフトするのは経営的に正しい選択でしょう。

三菱、SUVに強烈アタック。巻き返しできるか!?
そこそこ?地道に?アウトランダーが売れている?三菱自動車。 これからSUVにより力を入れるようです。 ……大丈夫でしょうか。

そして、あの事件。そう、燃費偽装問題です。

その流れは、こちらにて記事にしてあります。

今回の、三菱自動車の一連の動きについて。
こちらの続報です。 →三菱自動車が燃費問題でやらかした件について。 僕はてっきり今回は最終的に三菱自動車工業集団となって落ち着くとばかり...

ランサーの開発は停止したものの、三菱のファンは世界中に存在します。

停止されたはずのランサーのビッグマイナーチェンジ版が、中国にてスパイショットされました。

三菱自動車の新型ランサーがリーク!ダイナミックシールドがかっこいい!!
以前、報道されていた次期型ランサーの開発停止。しかしながら、三菱はフェイスリフト版を開発しているようで……?

それを聞きつけたファンが、一度幕を下ろしたランサーエヴォリューションの復活を期待し、インターネット上で強烈にシェアされております。

海外でのコメント「おい三菱!ランエボを復活させてくれ!」
最近は決算の記事が多いので、たまにはcar scoopより抜粋したエッセイを翻訳し記事にあげようと思います。めぼしいスパイショットや...

実はASEAN地域では、他にもホンダやダイハツが強いです。

ホンダはASEAN向けに、3列シート×SUVとしてBR-Vを出していますね。

ホンダの新型SUV、「BR-V」がタイモーターショーで公開されたようですね
日本には無いモデルですね。 東南アジアでのブームに乗ったクルマづくりです。

ダイハツも同様、3列シート×SUVのFT Conceptをリリースしました。

ダイハツの底力。かっこいいコンパクトSUVを出している件について
実はダイハツは、日本では軽自動車メーカー同然ですが インドネシア、マレーシアといった東南アジアでも頑張っている会社なのです。

インドネシアやASEAN地域では、スコールのような大雨で道がぬかるみやすい路面状況です。その為、信頼性の高いブランドであり、車高の高さと踏破力の強いSUVが好まれます。

それに加え、まだまだ所得が増えている最中で車を持っていない人が多いので、大人数を一斉に乗せられるMPVが好まれがち。

つまり、日本車×3列シート×SUVに強いニーズがあります。

日本車メーカーがASEAN地域に3列シート×SUVを意欲的にリリースするのはこういう理由なのです。

65adab6db0900071e99dc5f71e77968e_s

こんな道路では……車高が低い車では走れなくなってしまいますし、作りがムチャクチャなメーカーだと水が入ってきてしまいますね。