新型パジェロスポーツの公開されたようです

スポンサーリンク

共通言語「ダイナミックシールド」を採用したこのデザイン。
力強くてかっこいいです。SUVにピッタリ。


三菱 パジェロ スポーツ 新型、初公開…ダイナミック・シールド顔の3世代目

新型は、「スタイリッシュで快適なオフロードSUV」をテーマに開発。『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVとした。
外観はフロントマスクに、三菱の最新デザイン言語、「ダイナミック・シールド」を導入。内装は上級SUVに相応しいハイコンソールプロポーションを採用し、ダイナミックなシルバー加飾や立体的な造形のシートなどにより、高級感を追求する。

ソース:レスポンス
デザインはこちら。
923799.jpg
アウトランダー以降、「ダイナミックシールド」を共通グリルとして展開していますが、SUVと本当によく似合います。
巨大グリルは最近の流行ですし、うまく乗ればうまく乗りそうなデザインですね。
ちなみに最初のダイナミックシールドを採用したアウトランダーPHEVはこちら。
gra06_im_01.jpg
同じ大型SUVカテゴリーながらデザインをしっかり差別化できていて、いい感じ。
個人的には現在巨大市場である、小型SUV市場に適した新型RVRに期待しております。
小型SUVにPHEVはないので出てくれば面白そうです。
mitsubishi_0123457.jpg
(新型RVRのコンセプトモデルと思われる2013年東京モーターショーで出展されたMITSUBISHI Concept XR-PHEV。)
PHEVの市場は、まだはじまったばかり。
巨大企業だらけのなか、三菱は頑張っています。
b4b6d4b6bf03c36b9b8fc472315b5b2c67d4ea90ea74a27c8acb7f9f49cf034d_l.jpg
ソース:gogo.gs
以外にドイツは電気自動車が普及していない……。
アメリカの市場はやっぱり巨大です。
……って、北米三菱自動車のサイトを見てみるとアウトランダーPHEVが売ってない。
せっかくの巨大市場なのに……なんでだろ?
国内でリコール問題以降、ずーっと低迷し続けた三菱自動車。
エコカーが多様化することで、大きく花開くかもしれません。
これからの三菱自動車に期待です。