三菱自動車が燃費問題でやらかした件について。

スポンサーリンク

現行のRVRのリアがめっちゃ好きですし
アウトランダーPHEV以降、国内でも再びチャンスが出てくるのではないかと思いましたが……。


sc0000.png

当社製車両の燃費試験における不正行為について
当社製軽自動車の型式認証取得において、当社が国土交通省へ提出した燃費試験データについて、燃費を実際よりも良く見せるため、不正な操作が行われていたことが判明しました。また、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことも判明しました。お客様はじめ全てのステークホルダーの皆様に深くお詫び申し上げます。
該当車は、2013年6月から当社で生産している『eKワゴン』『eKスペース』と、日産自動車向けに供給している『デイズ』『デイズルークス』の計4車種です。これまでに当社は計15万7千台を販売し、日産自動車向けには計46万8千台を生産しています(2016年3月末現在)。
燃費試験については、該当車のいずれについても、開発を担当し認証届出責任を持つ当社が実施していました。次期車の開発にあたり、日産自動車が該当車の燃費を参考に測定したところ、届出値との乖離があり、当社が試験で設定した走行抵抗値について確認を求められました。これを受けた社内調査の結果、実際より燃費に有利な走行抵抗値を使用した不正を把握するに至ったものです。該当車にお乗り頂いているお客様に対しては、今後、誠実に対応させて頂きます。
※走行抵抗:車両走行時の転がり抵抗(主にタイヤ)と空気抵抗
また、該当車については、生産・販売を停止することといたしました。日産自動車でも販売を停止して頂いており、補償についても今後、協議いたします。
その他の国内市場向け車両についても、社内調査の過程で、国内法規で定められたものと異なる試験方法がとられていたことが判明しました。
また、状況の重大性を鑑み、海外市場向け車両についても調査を行います。
これら問題につき、さらに客観的で徹底的な調査を行うため、独立性のある外部有識者のみによる調査のための委員会を設置し、調査結果がまとまり次第、公表させていただく予定です。

ソース:プレスリリース | ニュース・イベント | MITSUBISHI MOTORS
てっきり軽自動車のみがひっかかったのかと思ったのですが
そうではなく、今のところ軽自動車が引っかかっている状況です。
リコール隠し事件ほど酷い事例ではありませんが
企業における信用という面で、取り返しがつかない状況に追いやられそうです。
合わせて61万4000台。
三菱自動車が販売した、この台数の資産価値が毀損されました。
日産は対応が迅速です。
日産はもはや、デイズ/デイズルークスの販売を取りやめています。

お詫びとお知らせ
このたびは、弊社デイズ、デイズ ルークスの販売停止につきまして、多大なるご迷惑とご心配をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。
心からお詫び申し上げます。
製造元である三菱自動車から、「届出上の問題があった」との報告を受けたことから、当分の間 当該車種の販売および試乗を中断致します。
併せてホームページ上での情報提供も中止しております。
ご購入をご検討いただいているお客さまには大変ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承いただきますよう お願い申し上げます。
尚、今回の内容の詳細ならびにお客さまへのご対応につきましては、順次ご案内申し上げます。

ソース:日産:お詫びとお知らせ
三菱自動車製の軽自動車の7割近くが日産の供給で賄っていたことを考えると
非常に手痛いですね。
信用失墜も含め、日本市場は……。
SUV×PHEVのコラボって、かなりいいと思うんですけどね……。
頼みの綱は、アメリカ、西欧、アジアへの拡販です。
三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。: 年収200万円でも新車が欲しい!
この不正が、PHEVでも行っているのなら……。
もう、後はないでしょう。
リコールではなく、リコールを隠す。
他に比べ燃費が若干悪いのではなく、水増し。
全て意図的に行われていること。
この意図的に行われた行動は
ステークホルダーの信用を毀損するには十分な理由です。