三菱、グランドツアラーコンセプトをパリモーターショーにてリリース!

スポンサーリンク

eXコンセプト……ぽい?

【パリモーターショー16】三菱、グランドツアラー コンセプト 初公開へ
三菱自動車は6月27日、フランスで9月に開催されるパリモーターショー16において、『グランドツアラー コンセプト』を初公開すると発表した。
同車は、2015年春のジュネーブモーターショー15における『コンセプトXR PHEV2』、2015年秋の東京モーターショー15における『eXコンセプト』に続く、三菱の一連のコンセプトカー。三菱自動車の最新デザイン言語、「ダイナミックシールド」が、グランドツアラー コンセプトにも導入される。
また、グランドツアラー コンセプトでは、三菱自動車が重視する4つの力強い要素を表現。機能的な美しさや、日本のクラフトマンシップを表現している。
パワートレインに関しては、プラグインハイブリッド(PHV)とだけ公表。同社によると、オン/オフ両ロードで、優れた走破性能を実現しているという。

レスポンスより
画像はこちら。
1070497.jpg
三菱自動車が燃費水増しで問題が発生してからしばらくたちましたが

三菱は予定通り、SUVに注力し、新しいSUVをリリースするようですね。

上記リンクのグローバルカーラインナップのスライドを見る限り、
グランドツアラーコンセプトは新小型SUVの部分にあたるのではないのでしょうか。
どうやらパワートレーンがPHEVのようですし。
非プレミアムメーカーのコンパクトSUVでPHEVは(恐らく)まだないので
金額との折り合いがつけばかなりの競争力を持つ車になりそうですね。
ルーフをクーペ風にリアに向けて絞り、Aピラーもブラックアウトしているように見えます。
ルーフは赤色のツートンカラーですね。
気になるのはダイナミックシールドという共通デザインです。
ダイナミックシールドは大型車種ですとタフでかっこいいデザインですが

小型車種だと、ダイナミックシールドのデザインが活かしきれなくなります……。

RVRの場合、FMCせず現行からとってつけたダイナミックシールドなので
違和感があるのはしょうがないですが……。
改めて画像を見てみると
ボンネット付近から見えるくぼみは恐らくダイナミックシールドのヘッドライト部分でしょう。
あまりヘッドライトを鋭くすると……。やはりダイナミックシールドのバランスがおかしくなってしまいそう。
良い共通デザインだと思うのですが、小型車種でも活かしてほしい。
三菱のデザイン技術に期待です。