三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。

スポンサーリンク

以前は、三菱の御三家といえば三菱自動車、三菱重工、三菱商事でしたが
今や御三家には三菱自動車の代わりに三菱UFJが入ったそうです。
苦しい時代が続いた三菱自動車ですが、自らの方向性を決めて
選択と集中を行うようですね。


以前三菱は、SUVに特化するという記事を書きました。
三菱、SUVに強烈アタック。巻き返しできるか!?
昨日の3Qの決算短信において、以下のように告知したようです。

三菱 ランサー 次期車開発取りやめ…相川哲郎社長
三菱自動車の相川哲郎社長は2月3日、都内にある本社で会見し、2020年度までの商品計画を公表し、中小型SUVと電動車を優先して開発する方針を示した。これに伴い大型SUV『パジェロ』は現行車の販売を継続、セダン『ランサー』(日本名:ギャランフォルティス)は次期車の自主開発を取り止めた。
相川社長は「開発リソースには限りがあり、真に魅力ある商品を造っていくためには選択と集中により、開発リソースの最適配分を進めていく必要がある」とした上で、「需要が大きく伸びるとみている中小型SUVと電動車を優先して開発する」と述べた。
この方針に伴い17年度から20年度までに14の新型車を投入し、中小型SUVおよびプラグインハイブリッドなど電動車の品揃えを強化する計画。
その一方で「パジェロは現行車を改良しながら生産、販売を継続する」とした。相川社長は「パジェロは三菱のフラッグシップとしてグローバルに認められたブランド」としながらも、「先進国でこれからどんどん厳しくなる燃費やCO2規制を考えると、現状の延長でパジェロの次期車を開発しても生き残れない。そうした危機感からもう少し新しい技術の見極め、それから『パジェロ スポーツ』の新型を投入したばかりなので、これの販売動向を見ながら、次のパジェロを考えたい」と背景を語った。

ソース:レスポンス
このように報道されました。

セダン『ランサー』(日本名:ギャランフォルティス)は次期車の自主開発を取り止めた。
「先進国でこれからどんどん厳しくなる燃費やCO2規制を考えると、現状の延長でパジェロの次期車を開発しても生き残れない。

この選択は三菱としても、非常に辛い選択だったのでしょうね。
だからこそ、これから伸びていく(であろう)EV、PHEVの中小SUVに特化していくとのこと。
ラインナップは、2020年にかけてこのようなラインナップにするそうです。
1011634.jpg
画像における青く表示されているクルマがFMCする?した?クルマでしょうか。
デリカもFMCするのですね。

相川社長は「今後大幅に需要が拡大するSUVと電動車は、まさに三菱が得意としてきた分野であり、このSUVと電動車に集中してさらに技術を磨いて、お客様の期待を超える車を提供していきたい」と表明した。
まずSUVの商品計画に関しては「大型SUVについては『パジェロ』と、『パジェロ スポーツ』に加え、ピックアップトラック『トライトン』の3車種に変更はないが、これから需要増が見込まれる中小型SUVを充実させていく。まず小型SUVのセグメントに『アウトランダー』と『RVR』の中間サイズになる新しい小型SUVを2017年度に投入する。中型SUVのアウトランダーは2018年度にフルモデルチェンジする計画。小型SUVのRVRに次期車は2019年度に投入する」とした。
さらに「三菱らしいユニークな商品としてSUVテイストのMPVを強化する。『デリカD:5』は燃費、静粛性をさらに向上させたクリーンディーゼルエンジンと4WDシステムを採用した次期車の投入を17年度に計画。またインドネシアではMPV需要に対応すべくコンパクトでリーズナブルな全く新しい小型SUVを17年度に投入する。この小型SUVはインドネシア新工場で生産し、周辺のASEAN各国にも輸出する計画」と付け加えた。
一方、電動車に関しては「SUVラインアップを強化するとともに、17~19年度に投入する中小型SUVそれぞれに電動車を設定する。現在、プラグインハイブリッド(PHV)はアウトランダ―1車種だが、新小型SUVにもPHVシステムを搭載し、2車種とする。またRVR次期車には昨年の東京モーターショーで世界初披露したコンセプトカーをイメージしたEVを導入する」と述べた。

ソース:レスポンス
これから4年間で新しいRVRとアウトランダーの間を埋める小型SUV、新型MPVをリリースするとのこと。
但し新型MPVは台数が捌ける東南アジアで売るみたいですね。
アウトランダーとRVRの間となると、新しいSUVはVEZELぐらいのサイズとなるのでしょうか?
RVRと食い合いそうですが……RVRを小さくするのかな。
気になるのは、三菱の売上先はどこか。IRを見ますと、セグメント別売上がありました。
WS000000.jpg
日本のその他入り待ったなし
これだけSUVのラインナップがあって、北米市場でこれは……きついですね。泣
このデータを見る限り、主な市場は欧州(特に西欧)とアジアです。
西欧はともかくとして、アジアで電気自動車って……売れるのでしょうか?
確かにコンパクトSUVの市場は欧州、日本、中国と、日々拡大していくように見えます。
競争が激化しまくっていますが、その中でも三菱を選びたい!と思える車種が作れるのかが重要ですね。
981114.jpg
……尚の事、主力となるであろう車がこのフロントマスクは
マズいんじゃないかなあと思うこの頃です。