三菱新型エクリプスクロスを発売 価格・発売時期・エンジンは?

スポンサーリンク

三菱のコンパクトクロスオーバーSUV、新型エクリプスクロスの情報です!

三菱はスキャンダルによって足止めを食らったものの、ルノー・日産アライアンスの傘下へと入ることにより一時的な危機を脱出しました。

同時に開発リソースの選択と集中が行われており、その一つとして新しいSUV”エクリプスクロス”がもう間もなく誕生します。

それではまず現在判明している三菱新型エクリプスクロスの情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

三菱新型エクリプスクロスの情報

2017年ジュネーブモーターショーにてワールドプレミアも行われ、全体像や詳細のスペックが公開されています。

1つずつ見てみましょう。

三菱新型エクリプスクロスのデザイン

三菱新型エクリプスクロス デザイン 三菱新型エクリプスクロス デザイン

三菱新型エクリプスクロス デザイン 三菱新型エクリプスクロス デザイン

三菱新型エクリプスクロス デザイン三菱新型エクリプスクロス デザイン 三菱新型エクリプスクロス デザイン  三菱新型エクリプスクロス デザイン 三菱新型エクリプスクロス デザイン

エクステリアデザインでは三菱最新鋭のデザイン言語である”ダイナミックシールド”が採用されており、パワフルなデザインとなっています。

また、先進的なLEDをリア、テールと採用し質感の高いデザインですね。

インテリアも判明しています。

三菱新型エクリプスクロス デザイン 三菱新型エクリプスクロス デザイン

タッチパッドコントローラーやカラーヘッズアップディスプレイが装備されており、上質で先進的な装備が各所に散りばめられています。

コンパクトクロスオーバーSUV市場はデザインと質感が優先される市場ですから、十分に競争力のある車種ですね。

室内空間のチェックしている画像もあります。

三菱新型エクリプスクロス インテリア

三菱新型エクリプスクロス インテリア

173cmの男性で運転席では拳一つ分、後部座席では指3本分の頭上スペースがある模様です。

一方デザインを優先させたクーペSUVですから、どうしても頭上の余裕はなくなってしまいますね。

足元は広めに設計されているようですね。

動画も公開されています。

三菱新型エクリプスクロスのサイズとエンジン

ワールドプレミアされているため、具体的な諸元表が判明しています。

CX-5、ハリアー、フォレスターといったミドルサイズSUVよりもひと回り小さく、ヴェゼルやRVRといったコンパクトSUVよりも若干大きいサイズです。

エンジンはオーバースペックとも言えるような非常にパワフルなエンジンを採用しています。

ここまで現在公式発表されている情報をまとめました。

ここからはリークされている情報を記載します。

スポンサーリンク

三菱新型エクリプスクロスの国内販売情報

こちらも少しずつリークされています。

情報を1つずつ見てみましょう!

三菱新型エクリプスクロスは国内ではターボエンジンのみ

三菱新型エクリプスクロス エンジン

海外ではデリカD:5と同じディーゼルエンジンが搭載されているものの、国内向けにはディーゼルエンジンモデルの販売は無期延期状態です。

ディーゼルエンジンモデルの販売が無期延期状態となっている理由は、以前軽自動車にて燃費水増しに由来します。

三菱自動車のグローバルサイトです。

一度エンジンにおいて不正を行うと2年間排気ガスの測定を厳しく審査されるため、新規開発したディーゼルエンジンの排気ガス審査が不適合となりました。

現在対策として新型ディーゼルエンジンの調整を行っているようですが、時間がかかることとなりそうです。

この影響は新型デリカD:5にもありましたね。

三菱のミニバン、新型デリカD:5のマイナーチェンジ情報です!...

このため審査が適合になるまで国内でのディーゼルエンジンモデルの販売が不可能であるため、審査が適合次第販売開始となることでしょう。

三菱新型エクリプスクロスの燃費

海外の諸元表によると、三菱新型エクリプスクロスの1.5Lターボエンジンモデルの燃費は2WDで15km/L、4WDで14km/L程度となるようです。

JC08モードであれば20km近くまで向上すると考えられ、ある程度の減税措置が受けられることとなるでしょう。

三菱新型エクリプスクロスの重量

三菱新型エクリプスクロス デザイン

コンパクトクロスオーバーSUVの三菱新型エクリプスクロスですが、ミドルサイズ並にサイズがあることもあり重量は大きく最軽量グレードでも1400kg程度あるようです。

比較的重量は重めであるものの、エンジンは非常にパワフルですから十分カバーできるでしょう。

三菱新型エクリプスクロスのプラットフォーム

三菱新型エクリプスクロス プラットフォーム

三菱新型エクリプスクロスは新型アウトランダーと共通のプラットフォームを採用しています。

アウトランダーのプラットフォームはボディ剛性や4WD性能が非常に高い一方、ある程度重量を抑えているというメリットがあります。

また、アウトランダーと共通のプラットフォームを採用していることからPHEVモデルも搭載可能という報道もありますが、現在のところPHEVモデルを発売する予定はありません。

三菱新型エクリプスクロスの走行性能

三菱新型エクリプスクロス 4WD

デリカD:5は三菱が得意とするラリーによって鍛えられたS-AWC(オールホイールコントロール)と呼ばれる4WD思想があります。

これは4輪駆動の荷重、制動力配分、スリップコントロールを行い、オフロード・オンロードを問わずどんな道であろうと走り抜くパワーがあります。

こちらの世界最強クラスのS-AWCの4WD性能が三菱新型エクリプスクロスには採用されますよ!

三菱エクリプスクロスはe-Assist採用

三菱新型エクリプスクロス e-Assist

新型エクリプスクロスには、新しく開発され順次採用されているe-Assistが採用されます!

e-Assistには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
    先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
    低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 車線逸脱警報システム(LDW)
    走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。
  • レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
    渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。
  • 誤発進抑制機能
    シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
  • 誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
    前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

三菱新型エクリプスクロスの価格

三菱のリソースをかき集め技術と夢を搭載したような新型エクリプスクロスですが、先行発売された欧州の価格を見る限り高価であり、300万前後となるのではないかと考えられています。

一方、国内ではRVRが206万、アウトランダーが254万が設定されていることから、240万前後でリリースされるのではないか?という報道もあります。

続報に期待したいですね。

三菱新型エクリプスクロスの発売日

三菱新型エクリプスクロスは元々、ディーゼルエンジンモデルが先行発売しターボエンジンモデルを遅れて発売する予定でした。

しかしながらディーゼルエンジンが排気ガス審査に不適合であったため、エクリプスクロスそのものの発売が延期してしまいました。

また、ガソリン車モデルも現在のところ排ガス審査を行っていないという報道もあることから、更に伸びることが考えられます。

結果的に現在の計画では、三菱新型エクリプスクロスの発表は2018年3月、発売日は2018年5月となるようです。

スポンサーリンク

三菱新型エクリプスクロスの国内販売情報まとめ

  • 1.5Lターボエンジン先行販売、ディーゼルエンジン延期
  • 燃費は2WDが15km/L、4WDが14km/L
  • 重量は1400kg以上
  • プラットフォームはアウトランダーと共有
  • e-Assist採用
  • 価格は240万前後もしくは300万前後
  • 発売は現状2018年5月予定

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする