三菱、エクリプスクロスを国内販売へ!クリーンディーゼルモデルの価格は?

スポンサーリンク

本車種の気合の入り方は凄まじいです。三菱復活の狼煙となるのでしょうか?

三菱プレスリリースより、

三菱自動車、2017年ジュネーブ国際モーターショーで新型コンパクトSUVを世界初披露
三菱自動車は、2017年3月7日(火)から19日(日)までスイス・ジュネーブで開催される第87回ジュネーブ国際モーターショー*1において、新型コンパクトSUVを世界初披露します。

新型コンパクトSUVは、コンパクトSUV『ASX』*2とミッドサイズSUV『アウトランダー』及び『アウトランダーPHEV』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わるクーペSUVです。

01

新しいクーペSUVは、RVRとアウトランダーの間を埋めるサイズとなるようです。

以前決算で公開されたスライド通りですね。

三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。
以前は、三菱の御三家といえば三菱自動車、三菱重工、三菱商事でしたが 今や御三家には三菱自動車の代わりに三菱UFJが入ったそうです。 苦し...

スポンサーリンク

このSUVの事前情報は?

今回リリースされるSUVのコンセプトモデルはeX conceptと呼ばれるもの。

三菱自動車、XM conceptと引き換えにPHEVモデルの新小型SUVの開発を停止へ……。
リソースの事情でマスマーケティングが不可能なメーカーは、選択と集中を行いながらハイリスクな特化型メーカーにならざるを得ません。その為...

残念ながら、今回リリースされるSUVはPHEVモデルの開発は凍結されています。

しかしながら追々リリースされる計画はあるようですが……。

コンセプトモデルは尖すぎるヘッドライトでしたが、それをバランスの良いサイズへとリデザインしたようですね。

スパイショットも!

何度かスパイショットが撮影されています。

噂の新型SUV?三菱のコンパクトSUVがスパイショット!
マスキングが厚めですが……。カリフォルニアの砂丘で発見されたようです。

特徴的なルーフデザインを見る限り、このスパイショットされたSUVが今回リリースされるSUVであることは間違いないでしょう。

リアのマスキングを強調していることから、リアデザインは非常に独特なデザインとなるかもしれませんね。

また、ソースではRVRと表記されていますが三菱のSUVでこちらもスパイショットされています。

三菱、新型RVRのレンダリングCGがリーク!発売時期は2018年か?
※2016/11/24 大幅加筆しました。三菱のデザイン言語であるダイナミックシールドのコンセプトカーはライトが細すぎて違和感があり...

恐らくですが、ソースではRVRと表記されているもののエクリプスクロスであると考えられます。

スポンサーリンク

公式発表!名前は”エクリプスクロス”に!

スポンサーリンク

カモフラージュ無しのスクープ画像がリーク!

なんとカモフラージュが剥がされたスクープ画像がリークされました!

サイドラインは相当かっこいいデザインのように見えます。

リアデザインも独特で個性的で野生感のあるデザインです。かっこいいです。

ついに公式発表へ!

ジュネーブモーターショーに先立ち、エクリプスクロスが発表されました。

三菱ニュースリリースより、

三菱自動車、2017年ジュネーブ国際モーターショーで
新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を世界初披露

三菱自動車は、2017年3月7日(火)から19日(日)までスイス・ジュネーブで開催される第87回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を世界初披露します。『エクリプス クロス』は本年秋より欧州に出荷し、日本、北米、豪州、その他地域への展開を予定している世界戦略車です。

ベルトラインやボディサイドの強いキャラクターラインによるウェッジシェイプ(前傾姿勢)や前傾したリヤウィンドウ、テールゲートを直線的に落とし込みオーバーハングを切り詰めたリヤエンド、アスリートが持つ力強さをイメージした大きく張り出した筋肉質な前後フェンダー等により、三菱自動車らしいシャープでダイナミックなクーペSUVフォルムとしています。
シャープでダイナミックなクーペSUVに相応しい、動力性能と環境性能をバランスさせたエンジン及びトランスミッションを搭載。新開発の1.5Lダウンサイジング直噴ターボエンジンには8速スポーツモード付CVTを、また専用開発の2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンには新開発の8速ATを組み合わせ、いずれも小気味よく爽快感のあるドライブを可能としています。

新たな楽しみのひらめきをもたらすコネクティビティ
  • 様々な情報を安全で快適に操作できるスマートフォン連携ディスプレイオーディオ、タッチパッドコントローラー、カラーヘッドアップディスプレイを搭載し、利便性と安全性を追求しました。
  • タッチパッドコントローラーをセンターコンソールに配置することで、走行中でも姿勢を変えずに簡単にスマートフォン連携ディスプレイオーディオを操作することができます。タッチパッドコントローラーは、ラジオなどのオーディオ機能操作や、「Apple CarPlay」の操作に対応しています。
  • 速度や予防安全装備からの情報等はヘッドアップディスプレイに表示されるので、視線移動が少なく、素早く認識することができます。

日本での発売も確定しているようです!

サイズはRVRとアウトランダーの中間ですから、日本でも十分に走行可能なサイズですね。

諸元表

諸元表はこちら。

サイズは珍しいサイズで、国内では競合するサイズがないのではないのでしょうか?

CX-5、ハリアー、フォレスターといったミッドサイズSUVよりもひと回り小さく、ヴェゼルやRVRといったコンパクトSUVよりも若干大きいサイズとなっています。

画像

画像はこちらです。

エクステリア

 

非常に美しく、パワフルなデザイン性ですね!ダイナミックシールドのデザインが活きているデザインです!

流行のポジションライトを装備しており、美しいクーペデザインとスポーディさを体現しています。

インテリア

インテリアデザインも非常に上質です。競争力があるデザインです!

コクピットの合理的かつ機能的なデザイン、ヘッズアップディスプレイの先進性とスポーディであり、これまでの三菱車とは大きく異なるデザインですね!

動画も公開!

動画も公開されました。

展示車両から内装が判明!

ジュネーブモーターショーで出展されている実車から、座席の広さをチェックした画像が見つかりました。

173cmの男性で運転席では拳一つ分、後部座席では指3本分の頭上スペースがある模様です。

クーペSUVはどうしても上部の空間を犠牲にしてしまいますからしょうがないかもしれませんね。

一方で足元のスペースはそれなりに広いようです。

国内販売に対するリークが!

ついに国内仕様のスペックや価格がリークされ始めているようです!

ディーゼルは2.2Lであり、デリカ以上のパワー・踏破力がある
ボディ剛性はアウトランダーよりも高く、静粛性がある
ディーゼルが先行し、遅れてダウンサイジングターボが発売。PHEVは販売せず
ヘッドライトの外側は光らない
価格帯はC-HRとバッティングしており、300万円代となる
ACCや自動ブレーキ他、先進予防安全技術は搭載されている
室内空間はRVRとほぼ同等であり、後部座席・トランクは狭め

コンパクトSUVである為、やはり後部座席やトランクは小さく設計されているようです。

しかしながらパワーや踏破力、静粛性やボディ剛性といった運転する楽しさで差別化したモデルのようですね!

現在のリーク情報を見る限り、三菱の社運を賭けたと言っても過言ではないほどの気合の入りっぷりです。

価値が高い車であるからこそ高額車種としてリリースしたのでしょうね。

横浜・赤レンガ倉庫にて国内仕様が公開!

赤レンガ倉庫にて、日本仕様のエクリプスクロスが公開されていたようです!

続報は追って追記します!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?