三菱自動車、XM conceptと引き換えにPHEVモデルの新小型SUVの開発を停止へ……。

スポンサーリンク

リソースの事情でマスマーケティングが不可能なメーカーは、選択と集中を行いながらハイリスクな特化型メーカーにならざるを得ません。

その為には、痛みも伴います。

1車種の開発中止を決定

身の丈にあった車種展開を進めるため、1車種の開発中止を決めた。2020年までに市場投入する“SUV三兄弟”の次男坊である新小型SUVのプラグインハイブリッドモデルの開発を取りやめる。

長男である「アウトランダー」や、末っ子の次期「RVR」はプラグインハイブリッドモデルを含めて開発を続ける。「地球に優しいクルマ作りをしていくことを考えると、次男坊の開発は中止しても残りの2モデルは残さざるを得なかった」(三菱自動車 副社長の山下光彦氏)。次男坊の新小型SUVについては内燃機関モデルは開発を続ける。

また、この新型コンパクトSUVのプラグインハイブリッドモデルは開発工数の負担が大きかったという。「これをやめないと他の車種に影響が出るという現場の要望を聞いた。また、営業部門に確認すると、事業性と開発の苦労が見合わないことも分かった。工数の負担軽減のために開発を止めて良いと判断した」(益子氏)。
ソース:monoist

というわけで、次男坊と言われる今はまだ日の目を見ていないSUVのPHEVモデルのみ開発停止となりました。

間違えてはならないのは、PHEVモデルだけであってエンジン単体モデルは開発を続けるということ。

この車種自体が出ないわけではありません。

ラインナップ予定はこのような感じです。

ys_160802mitsubishi_03

SUV3兄弟とは、アウトランダー、新小型SUV、RVRでしたね。

この3兄弟のうち、次にデビューする予定だった新小型SUV。PHEVモデルの開発が停止となったようです。

この表で行くと、アウトランダーのFMCサイクルがあまりにも短くなってしまうのですがビッグマイナーチェンジのことでしょうか?

三男坊のRVR。こちらは本来であれば、今年中にPHEV×小型SUVとして華々しいデビューする予定だったのですが……。

フロントマスクのデザイン変更、内装のアップデートにとどまりました。

ダイナミックシールドの第三弾。新型RVR(アウトランダースポーツ)がデビューしたようです。
サイズとして、コンパクトクロスオーバーに含まれるので ダイナミックシールドはどうなるかと思いましたが……。

また、この画像だとランサーがありませんね。

ランサーは……そう、SUVを開発リソースの為、2020年以降へと延期されました……。

三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。
以前は、三菱の御三家といえば三菱自動車、三菱重工、三菱商事でしたが 今や御三家には三菱自動車の代わりに三菱UFJが入ったそうです。 苦し...

でありながら、ランサーはビッグマイナーチェンジを行いダイナミックシールドをフロントマスクへと装着。

タフで凛々しいデザインと進化しています。

三菱自動車の新型ランサーがリーク!ダイナミックシールドがかっこいい!!
以前、報道されていた次期型ランサーの開発停止。しかしながら、三菱はフェイスリフト版を開発しているようで……?

そして削減された開発リソースを元に、小型MPVのコンセプトカーがワールドプレミアしました。

名前は「XM Concept」。ASEAN向けのコンパクトSUV×MPVでしたね。

競争力やデザイン等、詳細は以下にまとめてあります。

三菱自動車の新型クロスオーバーMPV!「XM Concept」が遂にワールドプレミア!!

話を戻しまして、PHEVモデルの開発停止となったSUV。

このSUVは、eX conceptのことでしょうね……。

MITSUBISHI_eX_Concept_01

XM Conceptと非常に似たよったデザインです。

SUVらしく非常にパワフルでワイルドなフロントマスクですね。

ライト部分が非常に細く、好みが分かれそうなデザインでもあります。

このeX conceptは、PHEVモデルの開発が一時中断となるだけなので、恐らく今年の年末~来年初め辺りにはエンジンのみを搭載した市販化モデルが出てくるのではないのでしょうか。

選択と集中の為に次々にモデルが廃止されている三菱自動車ですが、この正念場を耐え切って復活してほしいものです。

しかし、益子氏の発言が実に無念さが溢れています。辛いでしょうね……。