三菱新型アウトランダーに2018年8月マイナーチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

三菱アウトランダーの画像

三菱新型アウトランダーの2018年に行われるマイナーチェンジ情報です。

本記事では三菱新型アウトランダーのマイナーチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点を記載します。

三菱アウトランダーはミドルサイズSUVとしてリリースされており、三菱が未来を見据えて熟成し続けてきたPHEVをラインナップされました。

三菱新型アウトランダーでは主にPHEVに大きなテコ入れが行われており、走行性能、エンジン、モーター、バッテリープラットフォーム以外の全てを大きく変更しています。

さらにエンジン排気量が上がったことにより静粛性も向上しよりハイパワーな運転が可能となります。

それでは三菱新型アウトランダーのマイナーチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク

三菱新型アウトランダーのマイナーチェンジに伴う変更点

三菱新型アウトランダーではデザインやプラットフォームに大きな変更はないものの、それ以外全てに大きな変更があるようです。

変更点を一つずつ見てみましょう。

三菱新型アウトランダーはエクステリアデザインが僅かに変更

三菱新型アウトランダーではデザインが僅かに変更されます。

三菱新型アウトランダーのデザイン

(三菱新型アウトランダーPHEVのデザイン)(現行型三菱新型アウトランダーPHEVのデザイン)

全体的なデザインは変更されておりませんがわずかにデザインが変更されています。

現行型三菱新型アウトランダーに比べると以下のようなデザインの変更が確認されています。

  • ヘッドライトの形状が細くなる
  • ヘッドライトが全グレードLEDへと変更
  • アンダーグリルのデザインが変更
  • フォグライト周辺のデザインが変更

三菱アウトランダーのデザインは非常に完成度が高いため、大きなデザインの変更がないことがメリットの一つといえるかもしれません。

三菱新型アウトランダーのインテリアデザインが変更

三菱アウトランダーのインテリア

三菱新型アウトランダーではインテリアデザインが大幅に変更となります。

三菱新型アウトランダーにおけるインテリアの変更は以下の点が判明しています。

  • タコメーターがモーターとエンジンの出力状況がわかるように変更
  • 後部座席にエアコン吹出口が追加
  • キルティング本革の新形状シートを採用
  • 中級グレード以上で電動パワーゲート標準搭載
  • レーザーエッチングされたオーナーメイトパネルを採用
  • ピアノブラック塗装が隅々まで塗装されている
  • 充電時にもエアコンが利用可能

PHEVに求められる機能性の向上とミドルサイズSUVに求められる上質さを同時に叶えたインテリアとなりますね。

三菱新型アウトランダーは乗り心地が大幅に向上

三菱新型アウトランダーでは接着剤が変更されボディ剛性の強化やサスペンションの変更によって、唯一の弱点だった乗り心地が大幅に改善されます。

一般道における詳報は不明であるものの、雪道では非常にスムースでガタガタ感の無い素晴らしい乗り心地へと向上したことが報告されています。

三菱新型アウトランダーPHEVはバッテリーやモーターが改良

三菱新型アウトランダーPHEVではバッテリー、モーターが大幅に改良されます。

PHEVシステムの変更点は以下の通りです。

  • PHEVの制御システムが大幅に変更
  • 走り出しのレスポンスが向上
  • PHEV部品が大幅に変更
  • 駆動用バッテリーの容量が15%増加
  • 充電スピードが向上
  • EV走行可能距離が65kmに増加
  • バッテリー制御の最適化
  • ジェネレーターとリアモーターが10%増加

PHEVシステムは大幅に変更されたことで燃費重視だった三菱アウトランダーPHEVがEV感のあるスムースな走り出しやパワフルなPHEVモデルとなります。

また、高出力化にも成功していることからEV走行での最高速度が135kmとなるのも大きなメリットですね。

バッテリー容量の増加や制御の最適化によってEV走行部分における航続可能距離も増加しフル充電から45~60km(現行型と比較し約5~10km増加)となります。大きな進歩です。

三菱新型アウトランダーPHVのエンジンは排気量アップ

三菱新型アウトランダーのエンジン

三菱新型アウトランダーPHEVは、エンジンの排気量が2000ccから2400ccへとアップされます。

更にカムプロフィールの変更とバルブタイミング制御を行い低回転域でも効率よく発電できるようになります。

現行型三菱アウトランダーでは2000ccでありエンジン回転数を上げて充電する必要があったため燃費が悪化する原因となっていました。

燃費悪化の要因を解消する素晴らしいアップデートですね。

尚、ガソリンエンジンモデルではこれまで通り2000cc、2400ccの2種類がリリースされる予定です。

三菱新型アウトランダーは静粛性が大幅に向上

三菱新型アウトランダーでは防音材の追加やエンジンの静粛性を向上させたことによって大幅に静粛性が向上します。

ミドルサイズSUVでは高級感や特別さが求められますから、重要なポイントですね。

三菱新型アウトランダーは4WDシステムの性能が拡張

三菱新型アウトランダーのS-AWC

三菱新型アウトランダーでは4WD制御システムであるS-AWCが大幅にアップデートされ、新しくSPORTモードとSNOWモードが追加されます。

三菱アウトランダーに搭載されているS-AWCは新しく追加されたモードを含め以下の機能が搭載されています。

  • NORMALモード……舗装路を燃費優先で走行
  • 4WD LOCK……悪路や雪道等滑りやすい道路向け
  • SPORTモード(新規)……前後駆動力配分を最適化し旋回性能や加速性能が向上
  • SNOWモード(新規)……モーターのレスポンスや車両挙動を穏やかにセッティングし、雪道や氷雪路に最適化

三菱アウトランダーの特徴である悪路を走り抜けるパワフルなSUVらしいアップデートです。

三菱アウトランダーの発売日・発売時期

三菱新型アウトランダーの発表日は7/30、発売日は8/30となります。

また、現在の予定だと納車は最短で2018年9月下旬となる模様です。

三菱新型アウトランダーの価格とグレード

三菱新型アウトランダー及びアウトランダーPHEVの価格は現在のところ判明しておりません。

現在判明している情報によると、三菱新型アウトランダーPHEVの価格は約20万~30万程度の値上げとなり、価格帯は390万~500万程度となることがリークされています。

尚、三菱新型アウトランダーでは以下のグレード体系となることが判明しています。

現行型三菱アウトランダー2018三菱新型アウトランダー
G24M
セーフティパッケージG
ナビパッケージG Plus

特にSafety Packageグレードの後継グレードでは20万円程度の値上げとなることが判明しているものの、以下の装備が標準装備となります。実質値下げです。

  • 1500w電源
  • 誤発進防止
  • 三菱リモートコントロール
  • ドアハンドルメッキ
  • 電動テールゲート

具体的な価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

三菱新型アウトランダーのライバルとの比較

三菱新型アウトランダーPHEVの場合、SUV×PHVの組み合わせが世界でも非常に珍しいことから事実上のライバルは存在しません。

一方でガソリンモデルの場合普通のミドルクラスSUVと同じであり、日本車でも多数のライバルが存在します。

各社のミドルクラスSUVを比較すると以下のような特徴があります。

2018ホンダ新型CR-V2019トヨタ新型RAV4
エンジン1500ccターボor2000cc+HV2000cc+HV or 2500cc
価格帯280万円~440万円か?251万円~300万円か?
車種5人乗り・7人乗りSUV5人乗り・7人乗りSUV
特徴 7人乗りモデルはターボのみ7人乗りモデルは2500ccのみ

2018スバル新型フォレスター2019日産新型エクストレイル2020マツダ新型CX-5
エンジン2000cc+HVor2500cc1200cc+e-POWERor2000cc直列6気筒3000cc?
価格帯300万円~450万?不明不明
車種5人乗りSUV5人乗りSUV5人乗りSUV
特徴新型ハイブリッド搭載新型e-POWER搭載歴代初のFR化

スポンサーリンク

三菱新型アウトランダーのマイナーチェンジ情報まとめ

  • エクステリアデザイン・インテリアデザインの変更
  • PHVモデルの排気量が2400ccにアップ
  • 乗り心地が向上
  • 4WD性能が向上
  • PHEVのシステムや部品が大幅に変更、バッテリー容量のアップ
  • 静粛性が向上
  • 2018年8月30日発売開始
  • 20万円前後の値上げ

出典:三菱自動車製品ページ

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする