三菱新型RVRへ2019年フルモデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016-mitsubishi-gt-phev-concept-0

三菱のコンパクトクロスオーバーSUV、RVRのフルモデルチェンジ情報です。

本記事では三菱新型RVRのフルモデルチェンジに伴うエンジン、価格、発売日と行った変更点を記載します。

また、三菱RVRの歴代の特徴や歴史も振り返り三菱RVRの情報を徹底的に振り返ってみましょう♪

尚、本記事では三菱新型RVRのフルモデルチェンジ情報について以下の情報をまとめています。

  • 日産・ルノーアライアンスのプラットフォームが採用
  • 予測デザイン
  • サイズの変更
  • 搭載されるエンジン
  • 先進安全装備の詳細
  • 発売時期は2019年

それではまず、三菱RVRについて振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

三菱RVRの特徴

三菱現行型RVR

RVRは三菱におけるコンパクトSUVです。現行型RVRは3代目であり、2010年にリリースされました。

東南アジアではアウトランダースポーツ、北米ではASXという名前で販売されています。

前期型では最終型ランサーエボリューション同様のフロントデザインである”シャークノーズ”が採用され、後期型では三菱の最先端デザイン言語である”ダイナミックシールド”が採用されました。

他社に比べ比較的早くコンパクトクロスオーバーSUVとして参入していたものの、国内では知名度の低かったため話題にはなりませんでした。

一方でコンパクトクロスオーバーブームが到来した頃には、三菱の開発リソースが足りずモデルチェンジが遅れ、古いモデルとなっています。

遅れを取り戻すため一度大規模なマイナーチェンジが行われているものの、コンパクトクロスオーバーに求められる質感や安全技術の非搭載であることや知名度が低く販売が芳しくありません。

そこでフルモデルチェンジに伴い大幅なアップデートの計画がなされているようですね。

三菱RVRの諸元表

三菱RVRのサイズは全長4,295mm、全幅1,770mm、全高1,615mmです。典型的なコンパクトクロスオーバーSUVのサイズですね。

エンジンは1800ccと、国内では珍しい排気量のエンジンを採用されており、東南アジア市場にあわせた排気量が搭載されています。

また、三菱のお得意であるディーゼルエンジンやPHVモデルはありません。

それでは現在判明している新型RVRのフルモデルチェンジ情報を見てみましょう!

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする