三菱新型デリカD:5へマイナーチェンジ!価格・エンジン・発売日は?

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のモデルチェンジ計画が大幅に変更

2017年前半にされていたリークと、2017年中盤にリークされた情報が大きく動いておりかなり厳しい状態だと考えられます。

元々の計画では、2017年10月に行われる東京モーターショーにて発表、2018年5月フルモデルチェンジとなる予定でした。

しかしながら三菱新型デリカD:5は計画を変更しマイナーチェンジが行われることとなります。

計画が変更された理由は、菱新型デリカD:5に搭載される予定の新型ディーゼルエンジンが排気ガス試験内容が変わり不合格となってしまったことによります。

排気ガス試験内容が変更された理由は、以前軽自動車にて行われた燃費水増しに由来します。

一度エンジンにおいて不正を行うと2年間排気ガスの測定を厳しく審査されるため、
三菱新型デリカD:5に搭載される予定であった新規開発したディーゼルエンジンの排気ガス審査が不適合となりました。

現在対策として新型ディーゼルエンジンの調整を行っているようですが、時間がかかることとなりそうです。

その為これからの三菱デリカD:5の改定計画は、

2018年上旬:若干のデザインの変更

2018年12月:ビッグマイナーチェンジ(以下記載内容)

2019年以降:フルモデルチェンジ

へと計画が変更されることとなります。

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジの情報はこちらに記載しています。

まず、2018年上旬に行われると考えられている三菱新型デリカD:5のマイナーチェンジについて記載します。

三菱新型デリカD:5は2018年2月に小幅なデザイン変更

三菱新型デリカD:5は、上記の通りリスケジュールされた為2018年2月にマイナーチェンジとなります。

しかしながら2018年末にかけて行われると考えられているビッグマイナーチェンジではなく、歩行者保護目的の変更となり小さな変更となります。

現在判明している三菱新型デリカD:5の2018年2月に行われるマイナーチェンジは以下の通りです。

  • フロントバンパーの下を伸ばして巻き込みにくく調整
  • デパーチャーアングルが小さくなる

変更点は小さいながら、三菱デリカD:5のタフな印象を大きく損なうデザインへと変更される模様です。

モデル末期とは言え悲しい変更点ですね……。

ここからは、2018年末に行われると考えられている三菱新型デリカD:5のビッグマイナーチェンジについて記載します。

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のマイナーチェンジに伴う変更点

本来であればフルモデルチェンジの計画であったものの、マイナーチェンジに留まるという報道があります。

しかしながらフルモデルチェンジとして実装される……という噂もあり、情報が錯綜している状態です。

三菱新型デリカD:5のマイナーチェンジに伴う変更点を見てみましょう。

三菱新型デリカD:5はデザイン変更しダイナミックシールド搭載

三菱新型デリカD:5では、マイナーチェンジに伴いデザインが変更されます。

三菱新型デリカD:5の実物を見た人によるとトヨタヴェルファイアのような押し出しの強さとデリカD:5のソリッド感を両立したデザインであるとのこと。

また、見た目は以下の予想CGに非常に近いデザインと報道されています。

新型デリカD:5のデザイン画像

新型デリカD:5のデザイン画像

新型デリカD:5のデザイン画像

三菱新型デリカD:5のエンジンはターボモデルも追加か?

現行デリカD:5のエンジン

三菱新型デリカD:5はディーゼルエンジンに問題があった為、新しいエンジンに変わること無く現行のエンジンをそのまま採用することとなるでしょう。

更に新規開発され、エクリプスクロスに搭載されている1500ccターボエンジンも搭載される噂があります。こちらは廉価モデルとなるでしょう。

また、よりスポーディでパワフルなトランスミッションも採用予定とのことでしたが、トランスミッションの進捗は現在不明です。

三菱新型デリカD:5のプラットフォームは引き継ぐ

三菱新型デリカD:5 プラットフォーム

デリカD:5はモデルサイクルが長いこともあり、比較的古いプラットフォームが利用されていました。

本来フルモデルチェンジの予定だったためプラットフォームも一新する予定でしたが、残念ながら現行型のプラットフォームをそのまま活用することとなります。

現行のシャシーにはリブボーンフレームが搭載されているためは重量がある一方
SUV顔負けのボディ剛性があるので悪いことばかりではありません。

三菱新型デリカD:5の思想はキープコンセプト

新型デリカD:5のエンジンのデザイン

室内空間の広いミニバン×4WDの圧倒的な踏破力を同時に実現したデリカの魅力は引き継がれます。

日産シナジーを活かして日産セレナもしくは日産エルグランドと統合されるのでは?という噂もありましたが、そんなことはなくデリカはデリカとして販売されるようですね。

三菱新型デリカD:5はe-Assist採用

三菱新型デリカD:5 e-Assist

新型デリカD:5には、新しく開発され順次採用されているe-Assistが採用されます!

e-Assistには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
    先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
    低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 車線逸脱警報システム(LDW)
    走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。
  • レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
    渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。
  • 誤発進抑制機能
    シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
  • 誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
    前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

リリースまで時間があることから、更に新しい機能が搭載されることが考えられます。

日産新型リーフに搭載されている最新タイプのプロパイロット2.0のような技術の搭載も期待したいところですね。

三菱新型デリカD:5の発売時期は延期

最初期の情報では、2017年東京モーターショーでリリースされる予定でしたが、
ディーゼルエンジンの排ガス規制の不適合や三菱新型エクリプスクロスの注力によって三菱新型デリカD:5の発売時期は延期されました。

現在の予定されている発売時期は2018年12月だと考えられています。

三菱新型デリカD:5の価格は上昇

現在のところ価格のリークはありませんが、現行モデルのデリカD:5は240万円~405万円です。

しかしながら新型プラットフォームやe-Assistの採用から、価格は30万前後上昇するのではないかと考えられます。

新型デリカD:5は270万~450万程度となるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジ情報まとめ

  • e-Assistが採用
  • 現行モデルのキープコンセプトとして開発
  • プラットフォームは現行型デリカD:5を採用
  • デザインではフロントフェイスが大きく変更
  • 発売は2018年12月予定
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする