三菱新型デリカD:5 2018年フルモデルチェンジ最新情報

スポンサーリンク

三菱デリカD:5とは?

現行デリカD:5

三菱デリカD:5は、2007年から三菱が販売しているミニバンです。

ライバルメーカーのミニバンと差別化させるため、世界で唯一のオールラウンダーミニバンのコンセプトとして販売されています。

実際にオールラウンダーっぷりは凄まじく、SUVの踏破力とミニバンの室内空間を同時に実現させたような車として仕上がっています。

三菱デリカD:5の魅力

現行デリカD:5の魅力

三菱デリカD:5の魅力は、SUVのような踏破力とミニバンの室内空間の両立を成功させた、唯一のミニバンであることでしょう。

エクステリアもSUVのタフさとミニバンの機能美を両立させた見た目となっていますね。

このエクステリアと設計思想から、デリカを愛するコアなファンが多いと聞いています。

現行デリカD:5の魅力

三菱デリカD:5は、三菱が得意とするラリーによって鍛えられたS-AWC(オールホイールコントロール)と呼ばれる4WD思想があります。

これは4輪駆動の荷重、制動力配分、スリップコントロールを行い、オフロード・オンロードを問わずどんな道であろうと走り抜くパワーがあります。

現行デリカD:5の魅力

また、ドライブセレクター機能によって燃費の良い2WD走行、コンピュータが自動で路面状況を判断し最適な駆動を行う4WDオート、どんな道であろうと踏破する4WDLOCKモードも選ぶことができます。

ミニバンでSUVとなると燃費が悪くなる傾向にありますが、燃費も両立できているポイントは見逃せませんね!

三菱デリカD:5のインテリアの質感は、10年前の車ということもあり標準モデルでは少々簡素です。

現行デリカD:5のインテリア

しかしながらミニバン特有の多彩なシートアレンジを保持しており、デリカD:5の魅力につながっています。

2列目をキャプテンシートにしたり、3列目をトランクとして利用する等自由度が光るシートアレンジですね。

現行デリカD:5のインテリア 現行デリカD:5のインテリア

三菱デリカD:5のエンジン

現行デリカD:5のエンジン

三菱デリカD:5は2000ccガソリンエンジン、2400ccガソリンエンジン、2200ccディーゼルエンジンとユーザーに合わせて様々なエンジンを選択できます。

ミニバンでは唯一選択出来るディーゼルエンジンもあり、デリカD:5の魅力が増しています。

それでは三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする