三菱新型デリカD:5 2019年2月モデルチェンジ 変更点の最新情報

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

現行デリカD:5

三菱新型デリカD:5の2018年に行われるモデルチェンジ情報です。

本記事では2018年に行われる三菱新型デリカD:5のモデルチェンジに伴うデザイン、エンジン、価格、発売日といった変更点について記載します♪

なお、本記事では三菱新型デリカD:5について以下の情報を速報でお伝えしています。

三菱新型デリカD:5のモデルチェンジのポイント!
  • 三菱新型デリカD:5は三菱独自の開発
  • 三菱新型デリカD:5はフルモデルチェンジではない
  • 三菱新型デリカD:5のテストカーのスパイショット
  • 三菱新型デリカD:5のエクステリア(外装)デザイン
  • 三菱新型デリカD:5のインテリア(内装)デザイン
  • 三菱新型デリカD:5のエンジン
  • 三菱新型デリカD:5のプラットフォーム
  • 三菱新型デリカD:5の先進安全装備
  • 三菱新型デリカD:5の発売日・発売時期
  • 三菱新型デリカD:5の価格

また、記事の後半では三菱デリカD:5の特徴や歴史について言及しておりますが詳細に知りたい方はこちらをご覧ください。

交通タイムス社 交通タイムス社 2016-04-04
売り上げランキング : 23188

by ヨメレバ

それでは2018年にモデルチェンジが行われるとされている三菱新型デリカD:5について見てみましょう!

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジに伴う変更点

三菱新型デリカD:5は変更内容こそ判明しているものの、肝心のスケジュールが大きく動いています。

変更内容はデザイン、エンジン、インテリアと、非常に大規模なものとなるでしょう。

それでは三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジに伴う変更点を見てみましょう。

三菱新型デリカD:5は三菱自動車単独開発

日産アライアンス

三菱自動車は2017年に日産ルノーアライアンスへと経営統合されました。

経営統合によって経営に安定性が出るものの、アライアンスで作成されたプラットフォームやエンジンを採用せざるを得なくなり独自性が失われるデメリットがあります。

三菱新型デリカD:5は、経営統合前に開発が進められていたことによって特例として三菱単独の開発が認められています。

三菱新型デリカD:5以降の三菱のモデルはすべてルノーグループの共通機構が採用されることとなるでしょう。

三菱新型デリカD:5はフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジ

現行デリカD:5

三菱新型デリカD:5はフルモデルチェンジではなく”大改良”や”ビッグマイナーチェンジ”として発売されます。

三菱新型デリカD:5がマイナーチェンジとして発売される理由は心臓・骨格にあたるプラットフォームやエンジンに変更がないためだと言われています。

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジはその機を待つということなのでしょうね。

三菱新型デリカD:5のスパイショット

三菱新型デリカD:5の雪上テストがアメリカにてスパイショットされました。

三菱新型デリカD:5のスパイショット画像

更に2018年6月、ドイツにてテストされている三菱新型デリカD:5も撮影されています。

三菱新型デリカD:5のテストカー 三菱新型デリカD:5のテストカー 三菱新型デリカD:5のテストカー

また、国内でテストされている三菱新型デリカD:5もついに撮影されています。海外でテストした後国内でテストするケースは発売が間近であることが多いです。

三菱新型デリカD:5の実物をすでに見たディーラーの営業マンによると、三菱新型デリカD:5のデザインは三菱エクスパンダーに似ていると言われています。

三菱新型エクスパンダーのデザイン

(三菱エクスパンダー)

スパイショットを見ると、カモフラージュ越しにわかるヘッドライトやフォグライトが三菱エクスパンダーに似ていますね。

三菱新型デリカD:5のエクステリアデザイン

三菱新型デリカD:5ではフルモデルチェンジに伴いデザインが変更されます。

三菱新型デリカD:5のエクステリアデザインは以下のような情報があります。

  • トヨタ新型ヴェルファイアのような押し出しの強いデザインとなる
  • 高級感が強く、現行型のようなタフでワイルドな印象は薄くなる
  • ダイナミックシールドデザインが採用
  • ekスペースカスタムを大きくしたようなデザイン
  • 通常バージョンとエアロパーツ搭載バージョンの2種類がある
  • ツートーンカラーあり
  • エクステリアデザインの変更はディーゼルのみ、ガソリンモデルは現行型と同じ

三菱新型デリカD:5のカタログがリークされデザインが一部リークされました。以下のデザインは通常モデルです。

三菱新型デリカD:5のエクステリアデザイン

三菱新型デリカD:5のデザイン

こちらはエアロを装備した三菱新型デリカD:5の”アーバンギア”モデルとなります。フロントグリルにメッキが多い違いがあります。

三菱新型デリカD:5のエクステリアデザイン

なおポイントにも記載してありますが、三菱新型デリカD:5のデザインの変更はディーゼルエンジンモデルのみでありガソリンエンジンモデルは現行型デリカD:5と同じデザインとなります。

三菱新型デリカD:5はデザインにワイルド感がなくなる・・・と言われており、ガソリンモデル限定とはいえデザインの変更がないのはナイスな選択肢ですね。

三菱新型デリカD:5のインテリアデザイン

現行デリカD:5のインテリア

三菱新型デリカD:5のインテリアデザインの詳細は下記のカタログ画像から判明しております。

カタログ画像及び三菱のディーラーの営業によると、三菱新型デリカD:5のインテリアには以下のような特徴があります。

  • 現在の実用的なインテリアから高級感あるインテリアデザインへとシフト(ディーゼル限定)
  • シートの材質が変更される(ディーゼル限定)
  • 静粛性が大幅に向上(走行時1デシベル低減)
  • 電動バッグドア標準装備(ロック予約も可能)
  • マルチアラウンドビューモニター搭載
  • エアコンは左右独立タイプを搭載
  • 電動パーキング搭載
  • ナビが拡大し10.1インチとなる(オプション設定)
  • ヘッズアップディスプレイの搭載
  • 全体的なインテリアレイアウトは丸みを帯びている
  • 各所にメッキや木彫りのアクセントを追加
  • 8人乗りモデルが標準、7人乗りモデルはオプションとなる

三菱新型デリカD:5はさらなる地位向上へと向けてインテリアをエクステリア以上に大きな変更となり、先進性、快適性、高級感をすべて満たしたデザインとなります。

更に高級車には必要不可欠である静粛性も大幅に向上しました。

それはつまり三菱新型デリカD:5の価格は上昇することを示唆していることとなりますが、ガソリンモデルはこれまで通りのインテリアとなります。

三菱新型デリカD:5のカタログ

三菱新型デリカD:5のカタログ画像がリークされました。

下記の画像はタップもしくはクリックすることで拡大することができます。

三菱新型デリカD:5のデザイン 三菱新型デリカD:5のデザイン

三菱新型デリカD:5のエンジンは2種類搭載、8AT採用

現行デリカD:5のエンジン

三菱新型デリカD:5は以下のエンジンが搭載される予定です。

  • 直列4気筒2000ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒2400ccガソリンエンジン
  • 直列4気筒2200ccディーゼルターボエンジン(尿素SCRシステム新採用)

ディーゼルエンジンモデルでは新しく尿素SCRシステムが新採用されます。

尿素SCRシステムは大型ディーゼルエンジンを中心に採用されており、ディーゼルエンジンの排気ガスを浄化するシステムです。

この手法を採用することで排気ガス規制をクリアできる他燃費が改善する一方、定期的に尿素水を交換する必要があります。

なお、尿素水補給口は現行型デリカD:5のスペアタイヤ部分に位置する為、三菱新型デリカD:5は牽引ができなくなる上スペアタイヤが削除となります。

尿素SCRが採用される一方、三菱新型デリカD:5のディーゼルエンジンは低速域におけるトルクが太くなるように調整されます。

また、三菱新型デリカD:5のトランスミッションは8ATが採用されます。

高級車を中心に8速ATが次々と採用されており、その波に乗って三菱新型デリカD:5はスポーディかつレスポンスの良い運転が可能となりますね。

三菱新型デリカD:5のプラットフォームは引き継ぐ

三菱新型デリカD:5 プラットフォーム

デリカD:5はモデルサイクルが長いこともあり、比較的古いプラットフォームが利用されていました。

本来フルモデルチェンジの予定だったためプラットフォームも一新する予定でしたが、残念ながら三菱新型デリカD:5はプラットフォームをそのまま活用することとなります。

現行のシャシーにはリブボーンフレームが搭載されているためは重量がある一方、クロカン顔負けのボディ剛性があるので悪いことばかりではありません。

何よりも日産アライアンスのプラットフォームではなく、三菱がデリカD:5の為に作成したプラットフォームです。

三菱自動車単独における最後のモデルですから、一点の妥協もないプラットフォームが採用されるでしょう。

三菱新型デリカD:5はS-AWC非搭載

現行デリカD:5の魅力

三菱新型デリカD:5では最新鋭AWDシステムであるS-AWCが非搭載となります。

フルモデルチェンジではない上急ピッチにモデルチェンジが行われるため、S-AWCを搭載する時間的猶予がなかったのだと考えられます。

三菱におけるアイデンティティである為搭載してほしかったAWDシステムですね……。

三菱新型デリカD:5はe-Assist採用

三菱新型デリカD:5 e-Assist

新型デリカD:5には、新しく開発され順次採用されているe-Assistが採用されます。

e-Assistには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
    先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
    低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 車線逸脱警報システム(LDW)
    走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。
  • レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
    渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。
  • 誤発進抑制機能
    シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
  • 誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
    前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

嬉しいポイントではレーダークルーズコントロールシステム(ACC)が全車速対応型となることでしょう。

渋滞時でもストレスなく運転を任せることができますね。

三菱新型デリカD:5の発売日・発売時期

三菱新型デリカD:は2018年2月発売となります。

もともと三菱新型デリカD:5は2018年12月発売となると報道されていたので2ヶ月遅れることとなるでしょう。

ただし現在もなお発売時期は揺れ動いており、また再び前倒しとなる可能性も示唆されています。

なお先行予約は2018年10月下旬開始となる模様です。

三菱新型デリカD:5の価格とグレード

三菱新型デリカD:5は大幅に価格が上昇することが判明しています。

現在判明している情報によるとディーゼルエンジンのエントリーモデルでは405万円スタートとなることから、現在の価格と比べ約50万円の値上げとなります。

ここから、三菱新型デリカD:5のディーゼルエンジンモデルでは405万円~460万円であると予測されています。

一方でインテリアデザインが質素となるガソリンエンジンモデルは安価となることが予測されています。

三菱新型デリカD:5のガソリンエンジンモデル及び他ディーゼルエンジンモデルのグレードの内訳と価格が判明次第お伝えします。

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のライバルとの比較

三菱デリカD:5は”オールラウンダー4WDミニバン”と銘打っているだけあり独自のポジションを築いており、”ミニバン”かつ”4WD性能が高い”モデルは他にありません。

そのため三菱デリカD:5と完璧にバッティングしているライバルは事実上存在しておらず、孤高の存在と言えますね。

しかしながら視点をずらし、”ミニバン”や”4WD性能が高いSUVの7人乗りモデル”で考えるならライバルが存在します。

視点をずらした前提で考えれば三菱デリカD:5のライバルの比較はこのような違いがあります。

トヨタヴェルファイア・アルファードマツダCX-8
エンジン2500cc or V型3600cc or 2500cc+HV2200ccディーゼルターボ
価格帯330万円~750万円320万円~420万円
車種8人乗りミニバン6人乗り・7人乗りSUV
特徴ハイブリッド設定ありディーゼルエンジン採用

ホンダ新型CR-Vトヨタ新型RAV4
エンジン1500ccターボor2000cc+HV2000cc+HV or 2500cc
価格帯280万円~440万円か?251万円~300万円か?
車種5人乗り・7人乗りSUV5人乗り・7人乗りSUV
特徴 7人乗りモデルはターボのみ7人乗りモデルは2500ccのみ

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジ情報まとめ

  • e-Assistが採用
  • 現行モデルのキープコンセプトとして開発
  • プラットフォームは現行型デリカD:5を採用
  • デザインではフロントフェイスが大きく変更
  • 発売は2019年2月予定

出典:三菱自動車製品ページ

最後に三菱デリカD:5の歴史と特徴について振り返ってみましょう。

三菱デリカD:5の歴史と特徴

現行デリカD:5

三菱デリカD:5は2007年から三菱が販売しているミニバンです。

ライバルメーカーのミニバンと差別化させるため、世界で唯一のオールラウンダーミニバンのコンセプトとして販売されています。

実際にオールラウンダーっぷりは凄まじく、SUVの踏破力とミニバンの室内空間を同時に実現させたような車として仕上がっています。

三菱デリカD:5の魅力

現行デリカD:5の魅力

三菱デリカD:5の魅力は、SUVのような踏破力とミニバンの室内空間の両立を成功させた、唯一のミニバンであることでしょう。

エクステリアもSUVのタフさとミニバンの機能美を両立させた見た目となっていますね。

このエクステリアと設計思想から、デリカを愛するコアなファンが多いと聞いています。

現行デリカD:5の魅力

三菱デリカD:5は、三菱が得意とするラリーによって鍛えられたS-AWC(オールホイールコントロール)と呼ばれる4WD思想があります。

これは4輪駆動の荷重、制動力配分、スリップコントロールを行い、オフロード・オンロードを問わずどんな道であろうと走り抜くパワーがあります。

現行デリカD:5の魅力

また、ドライブセレクター機能によって燃費の良い2WD走行、コンピュータが自動で路面状況を判断し最適な駆動を行う4WDオート、どんな道であろうと踏破する4WDLOCKモードも選ぶことができます。

ミニバンでSUVとなると燃費が悪くなる傾向にありますが、燃費も両立できているポイントは見逃せませんね!

三菱デリカD:5のインテリア

三菱デリカD:5のインテリアの質感は、10年前の車ということもあり標準モデルでは少々簡素です。

現行デリカD:5のインテリア

しかしながらミニバン特有の多彩なシートアレンジを保持しており、デリカD:5の魅力につながっています。

2列目をキャプテンシートにしたり、3列目をトランクとして利用する等自由度が光るシートアレンジですね。

現行デリカD:5のインテリア 現行デリカD:5のインテリア

三菱デリカD:5のエンジン

現行デリカD:5のエンジン

三菱デリカD:5は2000ccガソリンエンジン、2400ccガソリンエンジン、2200ccディーゼルエンジンとユーザーに合わせて様々なエンジンを選択できます。

箱型の純粋なミニバンでは唯一ディーゼルエンジンがラインナップされているポイントもデリカD:5の魅力が増しています。

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする