三菱新型デリカD:5へマイナーチェンジ!価格・エンジン・発売日は?

スポンサーリンク

三菱のミニバン、新型デリカD:5のマイナーチェンジ情報です!

三菱は日産アライアンスへと入ってから、目に見えて経営スピードが早くなっています。

超敏腕と知られる経営者である、カルロスゴーン氏がトップに立ったということもあるでしょうね。

実際、非常に意欲的なモデルのエクリプスクロスのPHEVモデルの開発を停止し、ターボ/ディーゼルの2種類でデビューさせるという大技も行っています。

本車種の気合の入り方は凄まじいです。三菱復活の狼煙となるのでしょうか?

カルロスゴーン氏の経営手腕は、デリカD:5へと及ぶようです。

スポンサーリンク

三菱のデリカD:5とは?

現行デリカD:5

デリカD:5は、2007年から三菱が販売しているミニバンです。

ライバルメーカーのミニバンと差別化させるため、世界で唯一のオールラウンダーミニバンのコンセプトとして販売されています。

実際にオールラウンダーっぷりは凄まじく、SUVの踏破力とミニバンの室内空間を同時に実現させたような車として仕上がっています。

デリカD:5の魅力は?

現行デリカD:5の魅力

デリカD:5の魅力は、SUVのような踏破力とミニバンの室内空間の両立を成功させた、唯一のミニバンであることでしょう。

エクステリアもSUVのタフさとミニバンの機能美を両立させた見た目となっていますね。

このエクステリアと設計思想から、デリカを愛するコアなファンが多いと聞いています。

現行デリカD:5の魅力

デリカD:5は三菱が得意とするラリーによって鍛えられたS-AWC(オールホイールコントロール)と呼ばれる4WD思想があります。

これは4輪駆動の荷重、制動力配分、スリップコントロールを行い、オフロード・オンロードを問わずどんな道であろうと走り抜くパワーがあります。

現行デリカD:5の魅力

また、ドライブセレクター機能によって燃費の良い2WD走行、コンピュータが自動で路面状況を判断し最適な駆動を行う4WDオート、どんな道であろうと踏破する4WDLOCKモードも選ぶことができます。

ミニバンでSUVとなると燃費が悪くなる傾向にありますが、燃費も両立できているポイントは見逃せませんね!

インテリアの質感は、10年前の車ということもあり標準モデルでは少々簡素です。

現行デリカD:5のインテリア

しかしながらミニバン特有の多彩なシートアレンジを保持しており、デリカD:5の魅力につながっています。

2列目をキャプテンシートにしたり、3列目をトランクとして利用する等自由度が光るシートアレンジですね。

現行デリカD:5のインテリア 現行デリカD:5のインテリア

三菱デリカD:5のエンジンは?

現行デリカD:5のエンジン

デリカD:5は2000ccガソリンエンジン、2400ccガソリンエンジン、2200ccディーゼルエンジンとユーザーに合わせて様々なエンジンを選択できます。

ミニバンでは唯一選択出来るディーゼルエンジンもあり、デリカD:5の魅力が増しています。

それでは新型デリカD:5のフルモデルチェンジ情報を見てみましょう。

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のマイナーチェンジ情報

8月にリークされていた情報と今月入ってリークされている情報が大きく動いており、かなり厳しい状態であることが判明しています。

1つずつ見てみましょう。

三菱新型デリカD:5のモデルチェンジ計画が大幅に変更

元々の計画では、2017年10月発表、2018年上旬フルモデルチェンジとなる予定でした。

しかしながらディーゼルエンジンの排気ガスの審査ハードルが上がり基準を満たせなくなる為、計画を変更しマイナーチェンジが行われる計画となるようです。

排気ガス審査ハードルが上がった理由は、以前軽自動車にて燃費水増しを行っていたためであること。

三菱自動車のグローバルサイトです。

一度エンジンにおいて不正を行うと2年間排気ガスの測定を厳しく審査されるため、新規開発したディーゼルエンジンの審査が通らなくなってしまったようです。

逆に言えば2年後、つまり2018年中期頃には測定がある程度緩和されるとのこと。

その為これからの三菱デリカD:5の改定計画は、

2018年上旬:若干のデザインの変更(フロントバンパーの変更のみ)

2018年12月:ビッグマイナーチェンジ(以下記載内容)

2019年以降:フルモデルチェンジ(別記事にて記載予定)

へと計画が変更されることとなります。

ここからは2018年12月に行われる予定のマイナーチェンジについて記載します。

三菱新型デリカD:5のデザインが変更

新型デリカD:5のデザイン

新型デリカD:5 デザイン

新型デリカD:5のデザイン

デザインはフロントデザインにダイナミックシールドが搭載される以外は現行モデルのキープコンセプトとなり、車高の高さも変わらないようです。

頑丈なスクエアーなデザインエッセンスもデリカD:5の印象は引き続き採用されるようですね。

また、新型デリカD:5を見た人によるとヴェルファイアのような押し出しの強いデザインであるとのこと。

非常にかっこいいデザインであり、三菱の再生を感じさせるデザインのようです。

三菱新型デリカD:5のエンジンに変更なし

現行デリカD:5のエンジン

ディーゼルエンジンに問題があった為、新しいエンジンに変わること無く現行のエンジンをそのまま採用することとなるでしょう。

よりスポーディでパワフルなトランスミッションも採用予定とのことでしたが、こちらについては現状不明です。続報を待ちましょう。

三菱新型デリカD:5のプラットフォームは引き継ぎ

三菱新型デリカD:5 プラットフォーム

デリカD:5はモデルサイクルが長いこともあり、比較的古いプラットフォームが利用されていました。

本来フルモデルチェンジの予定だったためプラットフォームも一新する予定でしたが、残念ながら現行型のプラットフォームをそのまま活用することとなります。

現行のプラットフォームは重量がある一方、ミニバンでありながらボディ剛性が猛烈に高い為悪いことばかりではありません。

三菱新型デリカD:5の4WD性能やSUVらしさといったコンセプトはキープ

新型デリカD:5のエンジンのデザイン

室内空間の広いミニバン×4WDの圧倒的な踏破力を同時に実現したデリカの魅力は引き継がれるようです!

日産シナジーを活かしてセレナと統合されるのでは?という噂もありましたが、そんなことはなくデリカはデリカとして販売されるようですね!

三菱新型デリカD:5はe-Assist採用

三菱新型デリカD:5 e-Assist

新型デリカD:5には、新しく開発され順次採用されているe-Assistが採用されます!

e-Assistには以下の機能が搭載されています。

  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
    先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM-City)
    低速走行時(約5~約30km/h)先行車との車間距離が急に縮まった場合、自動ブレーキによって衝突の回避、または被害の軽減をサポートします。
  • 車線逸脱警報システム(LDW)
    走行中の車線から逸脱しそうな場合に、ドライバーに警報で注意を促します。
  • レーダークルーズコントロールシステム(ACC)
    渋滞での走行時でも、先行車との車間を維持しながらの走行を可能とします。
  • 誤発進抑制機能
    シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
  • 誤発進抑制機能(前進&後退時)(UMS)
    前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。

三菱新型デリカD:5の発売時期

2017年10月末に行われる予定の東京モーターショーにて新型デリカがワールドプレミアする予定だったものの、上記の通りディーゼルエンジンの問題によって予定が変わっています。

2018年上旬:若干のデザインの変更(フロントバンパーの変更のみ)

2018年12月:ビッグマイナーチェンジ(本稿記載内容)

2019年以降:フルモデルチェンジ(別記事にて記載予定)

デザインの変更や安全装置の追加となるビッグマイナーチェンジは現在のところ2018年12月となるようです。

とはいえ計画は非常に不透明ですからまだまだ予定が変わる可能性があります。続報を待ちましょう。

三菱新型デリカD:5の価格は?

現在のところ価格のリークはありませんが、現行モデルのデリカD:5は240万円~405万円です。

しかしながら新型プラットフォームやe-Assistの採用から、価格は30万前後上昇するのではないかと考えられます。

新型デリカD:5は270万~450万程度となるのではないかと考えられています。

スポンサーリンク

三菱新型デリカD:5のフルモデルチェンジ情報まとめ

e-Assistが採用

現行モデルのキープコンセプトとして開発

デザインではフロントフェイスが大きく変更

2018年2月に現行型デリカのオーダーストップ

発売は2018年12月予定

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?