三菱自動車、主力のekスペース/ekスペースカスタムをビッグマイナーチェンジへ!

スポンサーリンク

このekスペースはかなりギラっとしており、刺さる人にはぐっさりと刺さりそうなデザインです。

三菱ニュースリリースより、

軽自動車『eKスペース』を大幅改良して発売

三菱自動車は、スーパーハイトワゴンタイプの軽自動車『eKスペース』のフロントデザインを大幅に変更するとともに、後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに「ナノイー」機能を追加するなど、快適性と利便性を向上させ、全国の系列販売会社を通じて12月21日(水)から販売を開始します。
車両本体のメーカー希望小売価格は1,239,840円~1,935,360円(消費税込)。

5033-1 5033-2

ekスペースはよりかわいいデザインに、ekカスタムはかなりギラっとしたデザインです。

メッキ分が多く取り入れられ、ヘッドライトも精悍なデザインとなりましたね。

1.主な変更点
(1)グレード展開
標準モデル、カスタムモデルとも、機能装備を充実させるとともに新グレードを追加しました。
①標準モデル
従来、カスタムモデルのみに設定のターボエンジン搭載車を標準モデルにも設定しました。
予防安全機能「e-Assist」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)を標準装備とした「G Safety package」「T Safety package」を新たに設定しました。
②カスタムモデル
予防安全機能「e-Assist」とマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)、オートマチックハイビーム、オートライトコントロールを標準装備とした「カスタムG Safety Package」「カスタムT Safety Package」を新たに設定しました。

(2)エクステリア
標準モデル、カスタムモデルとも、フロントデザインを大幅に変更し、標準モデルはいっそう親しみやすいデザインに、カスタムモデルは三菱自動車のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用して力強く存在感のあるデザインとしました。

(3)インテリア
標準モデル、カスタムモデルとも、それぞれの個性にマッチしたシート生地を採用し、エクステリアとのコーディネートを図りました。

(4)エンジン
ターボエンジン搭載車(「T Safety Package」「カスタムT e-Assist」「カスタムT Safety Package」)のオートストップ&ゴー(アイドリングストップ機能)に、時速13km以下になるとエンジンを停止してガソリンの消費量を抑えるコーストストップ機能を追加しました。

(5)機能装備
『eKスペース』の特長装備である後席の空気を循環させるリヤサーキュレーターに、肌や髪にやさしい弱酸性の「ナノイー」を放出する機能を採用しました。
消臭機能を追加した消臭シート生地を新たに採用。シート座面生地に消臭機能を追加することで、タバコや食べ物、汗、ペットなどの幅広い臭いをセラミックスで瞬時に吸着し、金属イオンの働きで臭い成分を分解します。
2.5μmサイズの微粒子を約90%、0.3~0.5μmの粒子を約30%除去可能なクリーンエアフィルタープラスを採用。黄砂や花粉が飛ぶ季節に嬉しい装備を充実しました。
室内温度の上昇抑制、降雨時の雨音軽減に効果を発揮するフェルトを天井裏側全面に追加し、更に快適な室内空間としました。
フロントウィンドシールド、フロントドア、フロントクォーターガラスに、従来から採用のUVカットガラスに加え、直射日光によるジリジリ感を和らげるIRカット機能を追加しました。
高速道路などで運転者のアクセルペダル操作の負担を軽減できるクルーズコントロールを、ターボエンジン搭載車の「T Safety Package」「カスタムT e-Assist」「カスタムT Safety Package」に標準装備としました。

ekカスタムはダイナミックシールドを採用しているようです。

三菱の共通デザインであるダイナミックシールドは、これまではこのようなデザインでした。

セダンはこちら。

以前、報道されていた次期型ランサーの開発停止。しかし...

ヘッドライトから台形グリルにつながり、フォグランプへと繋がったデザインとなっております。

ekカスタムはこれまでのダイナミックシールドとは違うデザインですから、新しい解釈としてリリースするということなのでしょうか?

20

メッキ分が多いと好みが分かれますが、良いデザインではないかと思います。

また、マルチアラウンドモニターはこのようなシステムとなっています。

07

カーナビではなく、ルームミラーに投影するシステムです。全体像が見えるのはいいですね!

スポンサーリンク

画像

画像はこちら。

エクステリア

36 39 20 23

インテリア

52

(ekスペース)01

(ekカスタム)

インテリアデザインにおいて大きな違いはメーター周りでしょうか。

ekスペースは親しみやすさを重視されている一方、ekカスタムはスポーディな2連メーターが採用されていますね。

スポンサーリンク

価格諸元表

価格諸元表はこちら。

車種
グレード
エンジン
変速機
駆動方式
車両本体価格
(消費税込)
エコカー減税
取得税
重量税
標準
モデル
M
MIVEC
DOHC 12バルブ
3気筒
INVECS-III
CVT
2WD
1,239,840
20%
25%
4WD
1,346,760
e-Assist
2WD
1,280,880
20%
25%
4WD
1,387,800
G
2WD
1,391,040
20%
25%
4WD
1,497,960
Safety Package
2WD
1,477,440
20%
25%
4WD
1,584,360
T
Safety
Package
MIVEC
DOHC 12バルブ
3気筒
インタークーラー
ターボチャージャー
2WD
1,583,280
20%
25%
4WD
1,690,200
カスタム
モデル
カスタムG
e-Assist
MIVEC
DOHC 12バルブ
3気筒
INVECS-III
CVT
2WD
1,568,160
20%
25%
4WD
1,675,080
Safety Package
2WD
1,643,760
20%
25%
4WD
1,750,680
カスタムT
e-Assist
MIVEC
DOHC 12バルブ
3気筒
インタークーラー
ターボチャージャー
2WD
1,752,840
20%
25%
4WD
1,859,760
Safety Package
2WD
1,828,440
20%
25%
4WD
1,935,360

123万9千円~193万5千円となりました。

ライバルと比較しても遜色のない価格であるといえますね。

スポンサーリンク

まとめ

ekスペース/ekカスタムと兄弟車である日産デイズ/ルークスも同時に行われています。

軽自動車において三菱と連携しデイズ/デイズルークス、eKワゴ...

こちらは新型セレナのような、Vモーショングリルを強く打ち出したデザインとなっております。

しっかり差別化されてデザインの好みで選べるのはいいですね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする