ダイナミックシールドの第三弾。新型RVR(アウトランダースポーツ)がデビューしたようです。

スポンサーリンク

サイズとして、コンパクトクロスオーバーに含まれるので
ダイナミックシールドはどうなるかと思いましたが……。

三菱自動車は11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、『アウトランダー スポーツ』(日本名:『RVR』)の2016年モデルを初公開した。
アウトランダー スポーツは、RVRの北米での車名。米国では、三菱自動車の最量販車に君臨する。ロサンゼルスモーターショー15で初公開された2016年モデルは、現行RVRにとって、初の大幅改良車となる。
2016 年モデルの特徴が、三菱自動車の新デザイン言語、「ダイナミックシールド」の採用。ダイナミックシールドは、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト。2015年6月、『アウトランダー』の改良新型モデルから、導入が開始された。
ダイナミックシールドを反映させたRVRは、グリルやバンパーなどのデザインを変更し、表情を一新。さらに、LEDウインカー付きのドアミラー、新デザインの18インチアルミホイールも装備する。
室内は、新デザインのステアリングホイールをはじめ、6.1インチのディスプレイオーディオを採用。シート生地も見直され、質感を引き上げた。ライトグレーの内装色もオプションで選択できる。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
981114.jpg
RVRは、アウトランダー、パフェロスポーツと続いてダイナミックシールド採用車は3台目です。→新型パジェロスポーツの公開されたようです
ダイナミックシールドという名前通り
このグリルは大型SUVだからこそ似合うデザインだなあという印象です。
このサイズだと迫力にかけて、少しもったいないですね。
全体的な印象としては
フルモデルチェンジというよりもビッグマイナーチェンジのような感じです。
フロントフェイスは間違いなくダイナミックシールドなのですが
それ以外はほぼ現行です。
981115.jpg
リアは全く同じです。
個人的にはこのリアはコンパクトクロスオーバーの中で一番すきなので
残っていて嬉しいです。笑
981119.jpg
ないそう を わすれないで
もうすこし がんばりましょう
そして……まさかのPHEVについての言及は一切なし。
このサイズで低価格帯で出せれば一躍ヒーローになれそうなモノなのですが……。
続報に期待です。