三菱、新型RVRを国内にもリリース!コンパクトSUVとしての魅力はあと一歩か?

スポンサーリンク

以前リリースされていたRVRのマイナーチェンジですが、日本にも来たようですね。

三菱自動車は11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、『アウトランダー スポーツ』(日本名:『RVR』)の2016年モデルを初公開した。
アウトランダー スポーツは、RVRの北米での車名。米国では、三菱自動車の最量販車に君臨する。ロサンゼルスモーターショー15で初公開された2016年モデルは、現行RVRにとって、初の大幅改良車となる。
2016 年モデルの特徴が、三菱自動車の新デザイン言語、「ダイナミックシールド」の採用。ダイナミックシールドは、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト。2015年6月、『アウトランダー』の改良新型モデルから、導入が開始された。
ダイナミックシールドを反映させたRVRは、グリルやバンパーなどのデザインを変更し、表情を一新。さらに、LEDウインカー付きのドアミラー、新デザインの18インチアルミホイールも装備する。
室内は、新デザインのステアリングホイールをはじめ、6.1インチのディスプレイオーディオを採用。シート生地も見直され、質感を引き上げた。ライトグレーの内装色もオプションで選択できる。

ソース:レスポンス
画像はこちら。
981114.jpg
RVRは、アウトランダー、パフェロスポーツと続いてダイナミックシールド採用車は3台目です。
ダイナミックシールドという名前通り
このグリルは大型SUVだからこそ似合うデザインだなあという印象です。
このサイズだと迫力にかけて、少しもったいないですね。
全体的な印象としては
フルモデルチェンジというよりもビッグマイナーチェンジのような感じです。
フロントフェイスは間違いなくダイナミックシールドなのですが
それ以外はほぼ現行です。
981115.jpg

リアは全く同じです。
悪いことばかりではなく、個人的にはこのリアデザインはコンパクトクロスオーバーの中で最もまとまりが良いと感じます。
981119.jpg
内装にまで手を回す余裕が無かったからか、内装の質感は少々低めです。

遂に国内向けにもデビューへ!

日本でも遂にデビューするようです。

三菱プレスリリースより、

コンパクトSUV『RVR』のフロントデザインを一新して発売
三菱自動車は、コンパクトSUV『RVR』のフロントデザインを一新し、全国の系列販売会社を通じて2月16日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は2,058,480円~2,487,240円(消費税込)。

1.主な変更点
(1)エクステリア
乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。パワートレインの性能を象徴する中央のブラックフェイスを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方から包み込むようなプロテクト形状とし、より精悍でスポーティなフロントフェイスとしました。
ルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプに変更しました。
(2)インテリア
上級グレード「G」のシート生地を変更し、レッドステッチをあしらうことでスポーティ感を演出しました。

プレスリリースの記事が非常に簡素です。

今回のビッグマイナーチェンジはフェイスリフト以外殆どアップデートされませんでしたからね……。

価格諸元表

価格諸元表はこちらです。

金額は他のコンパクトSUVよりも安く設定されている上、グレードもシンプルな構成となっています。

せめて今回のマイナーチェンジで予防安全技術の搭載はしたかったのでしょうが……。

RVRは来年、フルモデルチェンジの準備をしているようです。

三菱、新型RVRのレンダリングCGがリーク!発売時期は2018年か?
※2016/11/24 大幅加筆しました。三菱のデザイン言語であるダイナミックシールドのコンセプトカーはライトが細すぎて違和感があり...

こちらの新型RVRに力を入れる予定なのでしょうね。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?