マツダRX-7,RX-8がフルモデルチェンジ マツダ新型RX-9として復活

スポンサーリンク

マツダのロータリースポーツエンジン搭載クーペ、マツダRX-7とRX-8のフルモデルチェンジ情報です。

本記事では復活に伴いどういった内容の変更点があるのか記載します。

マツダRX-VISIONの画像

マツダは2016年東京モーターショーにて、RX-VISIONを公開しました。

マツダRX-VISIONは”マツダブランドの魂を宿した、いつかは実現したい夢”というキーワードを元に制作されたコンセプトモデルです。

デザインもまさしくデザインナーの夢を実現したような佇まいで、マツダ新型CX-5マツダ新型アテンザに搭載されました。

他にもまだリリースされていないものの、マツダ新型アクセラにも本デザインを搭載すると考えられています。

マツダRX-VISIONは夢で終わってしまいデザインや思想だけが他車種に搭載される……と考えられていたものの、マツダは決してロータリースポーツを諦めていません。

以前からちょこちょこ噂はあったものの、実際にマツダRXシリーズの復活を計画しています。

ただし、排気ガス規制の問題から通常のロータリーエンジンはリリースが難しいという噂があります。

果たしてマツダはどうやって排ガス規制をクリアするのでしょうか?

それではマツダ新型RX-7,RX-8のフルモデルチェンジを見てみましょう!

スポンサーリンク

マツダ新型RX-7,RX-8のフルモデルチェンジに伴う変更点

常々マツダRX-7,マツダRX-8は再び復活するという噂がありました。

これまでは噂しかなかったものの、実際にマツダのロータリースポーツ復活の兆しが見受けられています。

一つずつ現在判明している情報を見てみましょう。

マツダ新型RX-7,RX-8は名前はRX-9

マツダ新型RX-7、RX-8の後継車となるであろうロータリースポーツはマツダ新型RX-9となることが予想されています。

マツダRX-7とマツダRX-8には以下のような明確な違いがあります。

  • マツダRX-8はサイズが大きい
  • マツダRX-7は2ドアに対し、マツダRX-8観音開きタイプの4ドア
  • マツダRX-8は自然吸気エンジン

マツダとしてはマツダRX-7をピュアロータリースポーツとして、マツダRX-8は現在の規制の上で可能なロータリースポーツとして発売しました。

どちらが劣っているということはなく、いつか必ず復活させたいという願いからRX-7のネーミングとは異なる名前をつけることとなりそうです。

マツダRX-7でもマツダRX-8でもないネーミングとなるということは、また新しいロータリースポーツモデルとなるのでしょう。

マツダ新型RX-9はレンジエクステンダー式EV採用

マツダ新型RX-9のエンジン画像

マツダ新型RX-9のエンジンはレンジエクステンダー式EVが採用されると報道されています。

現在の排ガス規制ではロータリーエンジンを復活させることは非常に難しいことから、排ガス規制をクリア可能なレンジエクステンダー方式を採用するのでしょう。

レンジエクステンダーとは何なのでしょうか?簡単にご説明します。

レンジエクステンダーって何?どんなメリットがあるの?

レンジエクステンダーとは電気自動車のようにバッテリーで車を駆動させる仕組みです。

従来のハイブリッドエンジンはガソリンエンジンを主力とし、バッテリーで補助を行う機構が標準でした。

バッテリーの容量が小さかかったことや、ガソリンエンジンの特性上燃費改善にはこれが最も最適だったのです。

一方でレンジエクステンダー方式は逆にエンジンがサブ、モーターがメインとなる、シリーズハイブリッドを採用しています。

これはバッテリー容量の増加や技術の熟成によって生まれた技術であるといえますね。

EVはバッテリーを充電するのに長い時間がかかる上場所を拘束されるデメリットがあります。

一方レンジエクステンダー方式を採用することでバッテリーを従来のガソリンエンジンで充電する為、ガソリンを消費し走行用バッテリー充電します。

レンジエクステンダー方式 解説の画像

この仕組を採用する最大のメリットはEVのデメリットであるバッテリー充電を克服し、EVの静粛性や加速性能のメリットを享受できる素晴らしい仕組みとなります。

マツダ新型RX-9のスパイショットからターボ音

マツダ新型RX-9がドイツニュルブルクリンクサーキットにてスパイショットされました。

本スパイショットはマツダRX-8をベースに開発されています。

マツダ新型RX-9のスパイショット画像 マツダ新型RX-9のスパイショット画像 マツダ新型RX-9のスパイショット画像

本ニュルブルクリンクでテストされているマツダ新型RX-9は、ベンチマーク(目標)としてポルシェケイマンを設定しており並走しているところが撮影されました。

ニュルブルクリンクでスパイショットを撮影した人物によるとターボ音が聞こえており、レンジエクステンダー式EVの音は聞こえなかったと発言しています。

果たしてエンジンはどちらになるのでしょうか?

マツダ新型RX-9の発売日・発売時期

マツダ新型RX-9の具体的な発売日は現在のところ判明しておりません。

しかしながらおよその発売時期は報道されており、マツダ新型RX-9はロータリーエンジン発売後50週年となる2019年発売となるのではないかと考えられています。

具体的な発売日が判明したらお伝えします。

スポンサーリンク

マツダ新型RX-9のフルモデルチェンジ情報

  • RX-7,RX-8の後継車はRX-9となる
  • レンジエクステンダー方式EV採用が濃厚
  • スパイショットが撮影
  • 発売時期ロータリーエンジン発売から50週年の2019年予定

スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする