ロードスターが世界カーオブザイヤーを受賞したようです

スポンサーリンク

ひゅーっ!
やるじゃん!

マツダ ロードスター 新型、世界カーオブザイヤー受賞…ドイツ2車を抑える
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、「2016ワールドカーオブザイヤー」を、新型マツダ『ロードスター』に授与すると発表した。
ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。
投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。
3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、2016ワールドカーオブザイヤーが新型マツダ『ロードスター』に決定。新型アウディ『A4』と、メルセデスベンツ『GLK』後継車の『GLC』のドイツ2車を抑えて、栄冠を手にしている。

ソース:レスポンス
o0800043713056582364.jpg
ライバルは
908363.jpg
A4と
2016-Mercedes-GLC-155.jpg
GLCの強豪2社です。
アウディの主力車種、それも王道のセダンと
同様にベンツの主力車種のCクラス、大ブームのクロスオーバーSUVを抑えて
ロードスターが受賞したようです。
おめでとうございます!