マツダ新型CX-8を発売!デザイン、3列目シート、価格、エンジンが判明!

シェアする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マツダCX-5の3列シートSUVである、新型CX-8の情報です!

以前マツダはミニバンから戦略的撤退をしSUVに注力する、という方針を発表していました。

空いたミニバンの車種を埋めるため、3列シートSUVである”CX-8”が発売となります!

まずは公式発表から見てみましょう!

スポンサーリンク

マツダ新型CX-8の公式情報

マツダ公式ブログより、

新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」の導入を公表しました。
マツダは、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を2017年中に国内で発売することを、本日(2017年4月28日)公表しました。

「CX-8」は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。

3列SUVはSUVブームに伴い最近人気が出ており、

メインストリームではないものの高価格帯へとシフトしやすいことから様々なメーカーが導入しています。

マツダもフラッグシップSUVとしてリリースするようですね。

マツダ新型CX-8のデザインの画像

マツダ新型CX-8

マツダ新型CX-8 マツダ新型CX-8

マツダ新型CX-8 デザインリーク

マツダ新型CX-8のデザインはこれまでの魂動デザインを深化させ”タイムレスエッジ”と呼ばれる、時代遅れにならないデザインを採用しています。

インテリアの質感も現在のマツダにおける最高の素材を使っているようです。

フラッグシップSUVらしい質感ですね。

マツダ新型CX-8のサイズ、エンジン、諸元表

マツダ新型CX-8 諸元表

マツダ新型CX-8はCX-5に比べると、全長と全高が大きくなっているものの全幅は共通です。

国内でも販売するために全幅の拡大を抑えたのはナイスです。

ホイールベースはCX-5よりも270mmも大きくなっていることから、室内空間を優先的に設計されていることが考えられます。

エンジンは既存のディーゼルエンジンを採用しているものの、重量の重いマツダ新型CX-8に合わせて最適化や新技術の投入により、

最高出力とトルクをCX-5より10%程向上させています。

マツダ新型CX-8はアラウンドビューモニター搭載

マツダ新型CX-8では、サイズの拡大に合わせて360°ビューモニターが搭載されます。

360°モニターはバック時にバックカメラの代わりに上部から見下ろすように確認することが出来る素晴らしいシステムです。

また、マツダ新型CX-8はサイズが大きいことから他メーカーよりも歪みが少なくなるようにプログラムされています。

価格はメーカーオプションで約7万円程度です。

マツダ新型CX-8の価格は320万~420万

マツダ新型CX-8の価格が発表されています。

機種エンジン駆動メーカー希望
小売価格
(消費税込)
WLTCモード燃費(km/L)*9JC08
モード
燃費
(km/L)*9
市街地
モード
(WLTC-L)
郊外
モード
(WLTC-M)
高速道路
モード
(WLTC-H)
XD
(6人乗り/
7人乗り)
SKYACTIV
-D 2.2
2WD
(FF)
3,196,800円15.812.715.718.017.6
AWD3,429,000円15.412.515.317.517.0
XD
PROACTIVE
(6人乗り/
7人乗り)
2WD
(FF)
3,537,000円15.812.715.718.017.6
AWD3,769,200円15.412.515.317.517.0
XD
L Package
(6人乗り)
(※)
2WD
(FF)
3,958,200円15.812.715.718.017.6
AWD4,190,400円15.412.515.317.517.0

表のレイアウトが崩れてしまっている方はこちらの画像を御覧ください。

新型CX-8 価格

フラッグシップらしく、マツダの中でも最も高額車種としてリリースされています。

ライバルはマイナーチェンジとなるトヨタ新型アルファード・ヴェルファイアでしょうか?

マツダ新型CX-8の発売日12月14日

マツダ新型CX-8の発売日は予定よりも前倒しとなり、2017年12月14日に発売となります。

予定では2018年春頃という話しもありましたから、大分前倒しとなったようですね。

以下、新型CX-8の公式発表にはないリークされている情報を記載します。

スポンサーリンク

マツダ新型CX-8のリーク情報

ここからは公式発表にはないリーク情報を記載します。

マツダ新型CX-8のシートのリクライニング角度

2列目シートのリクライニング具合が判明しました。

マツダ新型CX-8 カタログリーク

こちらはキャプテンシート仕様です。

中央がコンソールボックスとなっています。

マツダ新型CX-8 カタログリーク

こちらはベンチシート仕様です。

シートのリクライニングはキャプテンシートのほうが大きいようですね。

マツダ新型CX-8のインテリアの質感はアテンザと同格

マツダ新型CX-8 インテリア

新型CX-8のインテリアデザインはCX-5に酷似したインテリアデザインとなっているものの、

細部にメッキ加飾や天井部分がブラックがデザインされています。

インテリアのシートカラーはファブリックが黒、レザー内装は黒・白・赤茶色と、多種多様のカラーが選べるように用意されています。

シートの質感やレザーの質感はフラッグシップであるマツダアテンザと同等クラスとなります。これはマツダにおける最高クラスの質感です。

ただし、マツダコネクトは7インチとなります。

最近はナビの拡大が進み様々な機能と統合される傾向にありましたから、このあたりの調整にも期待したいポイントでしたね……。

マツダ新型CX-8の3列目シートの乗り心地や使い勝手の情報

マツダ新型CX-8のドアの開き具合の画像

マツダ新型CX-8では、3列シートということもあり乗降性が向上しています。

後部ドアの開きが90°まで開くようになっており、ミニバンほどとは行かずとも非常に快適に乗り降りが出来るようになっていますね。

また、2列目シートは20cm程度スライド可能であり、後部ドアから3列目シートへのアクセスが考慮されています。

3列目シートはボタンを押すことでフラットに自動格納が可能であり、SUVの中でも広いスペースが確保できます。格納しない場合トランクは狭めです。

こちらの画像は東京モーターショーにて撮影された画像で、男性の身長は172cmであるとのこと。

マツダ新型CX-8 シート

3列目シートの乗り心地は、3列SUVの中では足元が広くトップレベルの居住性がありますね。

マツダ新型CX-8はアウトドア設定にも特化

マツダ新型CX-8のアウトドア設定の画像

マツダ新型CX-8はよりアウトドアを意識したユーザーへの訴求も行うために、メーカーオプションでサイドタープや牽引用ヒッチの設定が可能です。

特にヒッチはただメーカーオプション設定しているだけではなく、トレーラー・スタビリティ・アシスト(TSA)と呼ばれるブレーキ制御が組み込まれています。

これはトレーラーの揺れを感知した時、TSAがブレーキを制御することによってどんなシーンでも安定して走れるよう考慮されています。

マツダ新型CX-8は、ただのミニバンの代替品ではなく新しいマツダSUVにおける価値観と言えますね。

マツダ新型CX-8のエンジン性能はおとなしめ

マツダ新型CX-8 エンジン

マツダ新型CX-8はディーゼルエンジンにチューニングがされています。

試乗レビューによると同じエンジンであるマツダCX-5のようなパワフルで瞬発力のあるディーゼルエンジンとは異なり、スムーズに走り出し静粛性の高いチューニングがなされています。

重量が重いこともあり瞬発力こそマツダCX-5に比べ劣るものの、しっかり踏み込めばマツダCX-5と同等のパワフルな加速が可能です。

更にディーゼルエンジン特有の音や振動、ロードノイズはマツダCX-5よりも小さいことから、高級感を磨き上げていますね。

マツダ新型CX-8はマイナーチェンジでターボも検討

マツダ新型CX-8 エンジン

マツダ新型CX-8のエンジンは現在のところ2.2Lディーゼルエンジンモデルのみが搭載されるようです。

しかしながら反響次第で1年後のマイナーチェンジ時に2.5Lターボエンジンも搭載が検討されているとのこと。

ガソリンエンジンモデルはディーゼルエンジンに比べ燃費が悪いもののクセが少ないため
求めている顧客も多いのでしょうね。

マツダ新型CX-8の重量は2t近く

マツダ新型CX-8は3列SUVということもあり比較的重く、LパッケージのFFモデルで1900kg前後であるとのこと。

4WDモデルは2tを超えるかもしれませんね。

マツダ新型CX-8は対歩行者安全技術が追加

マツダ新型CX-8には、歩行者を撥ねてしまった際にボンネットが自動で上がり事故を軽減する機能が追加されているようです!

対歩行者用エアバッグはありませんが、事故は大幅に軽減できそうですね。

マツダ新型CX-8のベースはCX-5ではなくCX-9

マツダCX-9

マツダ新型CX-8はCX-5のホイールベースやシャシーを引き伸ばした車ではありません。

米国や豪州でフラッグシップSUVとして販売されている

マツダCX-9をベースとしてマツダ新型CX-8は開発されています。

その為ボディ剛性や静粛性はCX-5以上となっており、フラッグシップの名に恥じないSUVとなりそうですね!

スポンサーリンク

現在判明しているマツダ新型CX-8の情報

  • キャプテンシートの6人乗りモデルとベンチシートの7人乗りモデル
  • アウトドアでの利用を考慮
  • パワートレーンはディーゼルエンジンのみだが、要望次第で2.5LターボもMCで追加
  • 2列目、3列目を倒すと185cm程の空間が出来る
  • ルーフレールが標準装備
  • アラウンドビューモニターがオプションで選択可能
  • 2017年8月に生産開始、同年の東京モーターショーにてワールドプレミア
  • ベースはCX-9
  • すでに早期予約開始、発売は12月14日
  • 価格は320万~425万
スポンサーリンク
こちらの記事も読まれています

こちらの記事も読まれています。



シェアする