マツダ、3列SUVの新型CX-8をデビューへ!デザインや販売時期も判明!

スポンサーリンク

以前からマツダ自身が匂わせているCX-5の3列シートSUVの噂ですが、続報がありました!

CX-5のフルモデルチェンジはジェネレーションを壊すような大きなチェンジはないものの、徹底した利便性の改善やハイテク機能の追加がありましたね。

ミッドサイズSUVとして使い勝手は決して悪くはなかったのですが、細かい利便性の向上を一挙に行うことで商品価値をより磨くことに成功したモデルチェンジでした。

そして以前、マツダはミニバンから戦略的撤退をし、SUVに注力する、という方針を発表していました。

マツダの選択と集中。ミニバン市場から撤退し、SUV市場へと集中するようです。
ミニバンは国内人気こそ高かれど、国外人気はイマイチなものです。開発リソースは限られていますから、ミニバンからSUVへと注力先を変える...

この時初めて、この情報が確定したんですよね。

ミニバン撤退で生まれる余力は世界展開しやすいSUVに振り向ける。販売中の中型SUV「CX―5」をベースに3列シート7人乗りの大型SUVを新たに開発し、18年にも発売する計画。

この噂について、複数のメディアからリークが始まりました!

概要

以下引用

3列シート需要に応えるCX-6発覚!

次期CX-5から派生する多人数乗車可能な車
現在、マツダ系ディーラーが望んでいるのは、ファミリー需要が見込める3列シートのミニバンではないだろうか。しかし、マツダは今春、その需要を満たす、MPVのモデルライフに幕を下ろした。

国内ラインナップに残っている3列シート車は、プレマシーとビアンテだけ。プレマシーは7年目、ビアンテは9年目に突入しており、どちらも基本設計は古い。マツダがミニバンから距離を置く方針を明確にしている以上、後継モデル登場にも期待できそうにない。

そんなマツダが国内投入を検討しているのが、CXー6だ。当初は北米向けの戦略車であるCX-9が日本に投入されるとのうわさ(マツダは否定)があったが、MPVを上回る、全長5065×全幅1970×全高1750mmのボディサイズが、日本の道路事情に合わないことは明らか。より小さな車に白羽の矢が立つのも当然と言えよう。

CX-6とは聞きなれない名称だが、次期CX-5と並行して開発が進められている、ブランニューモデルのこと。もちろん、ミニバンではなく、CX-5派生のクロスオーバーSUVという位置づけだから、スライドドアもない。

ただ、3列シートは備わっており、マツダとしては同社の車づくりに共感を覚えつつ、「ミニバンほどの居住性は求めないが、3列シートは欲しい」というユーザーに売り込む考えだ。当然、MPVユーザーが最大のターゲットに定められる。

car sensorより

画像

scoop964

予想画像ですが……。

日経新聞からもリークが!

日経新聞からもリークがありました。

マツダは2017年末をめどに7人乗りの多目的スポーツ車(SUV)を発売する。5人乗りの主力SUV「CX―5」をベースに全長を延ばして座席を3列にする。世界的に人気が高まるSUVに車種を絞る戦略を進めるマツダは17年度中にもミニバンの自社開発・生産を終了する。7人乗りSUVの投入により、ファミリー層を中心とする需要に応える。

エンジンなどは既存車種から引き継ぐ。最低価格はCX―5の約246万円を上回る見通し。

マツダは従来、「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」の3車種のミニバンを展開し、15年には国内で計約1万台を販売した。ただ、海外販売比率が高まるなか、市場がほぼ国内に限られるミニバンに今後も経営資源を投じるのは難しいと判断した。MPVは16年春で生産を終えており、残るミニバン2車種も近く終了するとみられる。

従来マツダにはなかったSUV×ミニバンのセグメントが遂にデビューするようです!

最近ではほかメーカーも検討やリリースの準備をしているようですから、ミッドサイズSUV×3列シートの競争も激しくなりそうですね!

また、3列シートということもあり通常のCX-5よりも価格は上昇するようです。

3列シートということもありしょうがないかもしれませんね。

一方で、ビアンテ、MPV、プレマシーの販売は近いうちに終了するとのことです。

気になる方はお早めに!

2017年秋発売予定!?日経新聞よりリーク!

日経新聞のCX-3の記事中に、新型3列シートSUVの発売予定時期がリークされておりました。

秋には「CX―5」ベースの3列シート7人乗り派生車を発売する計画。

ということなので、思っていた以上に早くリリースされそうですね!

ディーラーからのリーク!?口コミも!

ディーラー側でも情報が解禁され始めているからか、クチコミ情報が一斉にリークされ始めました。

複数の人が同じ内容のリークをしているため、信憑性は高いと考えられます。

曰く、

『ビアンテとプレマシーは2018年1月に生産停止。その代わり、CX-6は2017年8月より生産開始2017年10月に行われる東京モーターショーにてワールドプレミアする。』

という情報が出回ってきました!

どうやら真実のようで、マツダからの公式発表もありましたよ!

ついにマツダから公式発表へ!

マツダ公式ブログより、

新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」の導入を公表しました。
マツダは、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルとなる新型クロスオーバーSUV「マツダCX-8」を2017年中に国内で発売することを、本日(2017年4月28日)公表しました。

「CX-8」は、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなります。

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように述べています。

「『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。」

画像

画像はこちら。

現在のところ、外観デザインはリークされていないもののインテリアはリークされています。

2列目はキャプテンシートであり、2:2:3の7人乗りモデルとなるようです。

このタイプのSUVにはありがちな3列目シートが狭いということもない上、非常に上質なデザインであることからミニバン需要を総取りしそうなインテリアデザインですね。

諸元表

現在判明している諸元表はこちらです。

外寸を見る限りCX-5に比べ、全長と全高が大きくなっているものの、全幅は共通です。ホイールベースはCX-5よりも270mmも大きくなっていることから、非常に座席がゆったりとなると考えられます。

一方、エンジンはガソリンエンジンが当初は搭載されないようで、ディーゼルモデルのみとなるようですね。

価格は発表されていないものの、フラッグシップモデルかつディーゼルエンジンであることを考えると300万前半スタートとなるのではないかと考えられます。

リーク通り、東京モーターショーでワールドプレミアするなら11月には販売するのではないかと考えられます。

謎のテストカーがリーク!これがCX-8か?

どうやらツイッター上で謎のSUVがスパイショットされたようです。

サイズはミッドサイズ以上はありそうです。となるとCX-5以上であることは間違いありませんが、CX-6かもしれません。

NCP131_Seiyan様より

OER3264F様より

高速道路で輸送中の同車と思われるスパイショットもありました。

全体的なスパイショットのスタイリングを見る限り、CX-4のような車高の低いワゴン型の3列シートSUVとなるようですね。

海外でスパイショットが!

国内専売モデルとなる噂があったものの、やはり海外でも販売されるようです。

リアは思った以上のボリューム感がありますね。

テールライトの間にメッキがあり、CX-5とは差別化されています。

CX-9と共通のデザインですね。

残念ながら、フロントデザインはリークされませんでした……。

レンダリングCGがリーク!

autoevolutionより、レンダリングCGがリークされたようです。

わかりにくいですがAピラー、Dピラーの形状が若干異なっています。

Cx-5をかなりベースにしたデザインとなっていますね。

ついにカタログがリーク!

社外秘となるカタログがリークされました。

コンセプトスケッチであるものの、ミニバンとは思えないような美しいエクステリアです。

CX-5に近いデザインですから、このデザインがリリースされる可能性が高いですね!

このカタログをもとに口コミサイトにてレンダリングCGをを作成している方がいました。

まとめ

現在リークされている情報をまとめますと、以下のような情報が判明しています。

CX-5をベースとしたSUVはCX-8で確定

6人乗りモデルと7人乗りモデルが存在。7人乗りモデルは後部座席が狭め

アウトドアでの利用を考慮しており、タープの設定もある

パワートレーンはディーゼルエンジンのみ

2列目、3列目を倒すと185cm程の空間が出来る。フルフラットかは不明

アラウンドビューモニター、ルーフレールが標準装備

2017年8月に生産開始、同年の東京モーターショーにてワールドプレミア

9月頃予約開始、発売は11月。価格は320万円前後

CX-6はCX-5の車高を下げ、アーバンスタイルのSUV風でありながらミニバンのような居住性を持つ車をしてイラストが書かれております。

7人乗りのSUVといいますと、価格的にもライバルはクロスオーバー7、エクストレイル、アウトランダー辺りとなることでしょう。

続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?