遂にRX-9が決定!?マツダ誕生の100周年に向けて2020年にリリースか?

スポンサーリンク

最近のマツダは精力的ですね。

以下翻訳

最新の報道によると、マツダは2020年に”RX-9″を販売するとある。

マツダは以前の東京モーターショーにて、RX-VISIONをリリースした。これはロータリーファンにとって、最大の希望となった。

どうしても、これまでの技術でロータリーを復活させることは出来なかったーーーなぜならば、排ガス規制に通らないためだ。だからこそマツダの研究者たちは突破愚痴は探し、8年もの時間をかけて徹底的に研究した。

そしてーーー日本のホリデーオートという車雑誌は、マツダの取締役会において、正式に車両のデザインと技術を承認し、2020年の販売にむけて動いていると報道した!

なぜ2020年なのかーーーそれは、マツダの自動車メーカーとしての100週年と一致するからである!

新しいRXプロトタイプは2017年、東京モーターショーにて詳細が発表されるであろう。2019年の東京モーターショーには、非常に具体的なコンセプトカーも出てくるだろう。

次期型RXは400馬力を目指し、HCCIエンジン搭載を目指し1.6リッターターボエンジンとなる予定だ。

重量は2866ポンド(1.3t)未満を目指している。
car scoopより

この報道を待ち続けていた人はどれだけいるのでしょうか。

私も何度も記事にしました。

2015年の東京モーターショーにてRX-VISIONが公開されたのは記憶に新しいですね。

直前まで隠され続けたRX-VISIONですが、実際に東京モーターショーでワールドプレミアすると東京モーターショーの話題を掻っ攫いましたね。

優れたデザインに加え、あのロータリーのコンセプトです。いつになるかは不明ですが、マツダが再びコンセプトを作ったというだけで世界中のロータリーファンの希望となりました。

また、以前日本からも報道がありましたね。

定期的に出てくるこの噂。前回出てきた噂の後、唐突にR...

果たしてドコまでホントやら……と思いましたが、重量や排気量なんかはかなり近い数字です。

こちらで掲載されているデザインは現行の延長線上なので、おそらくは違うと思いますが……。

RX-VISIONと現行デザインは、別のデザイン哲学ですからね。

これまでは噂だったのが実際にコンセプトカーがデビューし、更には役員会でも承認されました。

次期型RXのデビューが刻一刻と近づいていますね!

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする