【悲報】現行をベースとしたマツダスピードブランド、販売計画はないようです……。

スポンサーリンク

ブランドの熟成ですか。
確かに今、無理やり出すよりも正しい判断ではないのでしょうか。

マツダ、現行モデルをベースにした「マツダスピードアクセラ」と「マツダスピードアテンザ」の発売は計画なし
悲しいニュースだが、全く予想していなかったわけでもない。オーストラリアの自動車情報サイト『Motoring』に掲載されたインタビューによると、マツダは現行の「マツダ3」(日本名:「アクセラ」)と「マツダ6」(日本名:「アテンザ」)では、「マツダスピード」のような高性能バージョンを開発する予定はないとのこと。また、将来的にもし次期型にパフォーマンス・モデルが登場するなら、過去のマツダスピード・モデルよりも高級指向の製品になりそうだ。
北米マツダの社長兼CEOである毛籠勝弘氏によれば、今のところマツダは次世代「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術の開発に注力していく方針だという。
「我々の研究開発部門は、第2世代のSKYACTIVをお届けすることに100パーセント集中しています。これがなければ、他のどんな派生製品もありません」と毛籠氏は『Motoring』に語っている。さらに、「MPS(マツダ・パフォーマンス・シリーズ)などのパフォーマンス・モデルや、未来のアイコン的モデルの登場は、もう少し先になるでしょう」と毛籠氏は続ける。「SKYACTIV II」と呼ばれる次世代エンジンが発表される2017年頃になれば、マツダのエンジニアたちはパフォーマンス・モデルの開発に取り掛かれるだろう。”未来のアイコン的モデル”とはもちろん、昨年の東京モーターショーで発表された「RX-VISION」のような新型ロータリー・エンジン搭載のスポーツカーを意味する。
なお、毛籠氏はすでに将来のパフォーマンス・モデルの方向性を考えているようだ。同氏は過去の「マツダスピード3」(日本名:マツダスピードアクセラ)を「子供っぽい」と評しており、別の方向性を目指す時が来たと考えている。「マツダはより成熟した、上質で洗練されたブランドになってきました。その方向性に向かうべき新たな転換期を迎えたのです」と語っている。
現行のアテンザ(マツダ6)は2012年、アクセラ(マツダ3)は2013年に発売されており、次期型は2020年頃になると予想される。よって、派生モデルのマツダスピードは2021年以降になるだろう。つまり、もうしばらくの辛抱ということだ。

ソース:autoblog
img_2567748afdfd3bf9d6c88199e43b9c8834302.jpg
マツダの長年の悲哀である高級志向。
そちらに明確にシフトすると宣言しております。
高級志向であるのなら、中途半端は許されない。
高級志向に合わせて、MPSブランドは更なる価値が求められる。
実に一貫した経営方針です。
開発リソースは限られているのだから、
まずはスカイアクティブ2に注力し、その後でMPSや未来的アイコンの開発を行う。
未来的アイコンという言い回し、とてもワクワクしますね。
ソース内にありますが、きっとRX-VISIONのことでしょう。
ソースでは、スカイアクティブ2の発表が2017年とありますが
そうなると……時期的に、最初に搭載される車種はCX-5となるのでしょうか。
今年の11月のLAモーターショーにて、遂に次期CX-5が登場する!?
スカイアクティブ技術は、プラットフォーム(含ボディ、シャシー)、トランスミッション、エンジンの総称のはず。
ソース元で2017年にスカイアクティブ2と呼ばれる「新しいエンジン」としか書かれていないということは……?
なんにせよ、経営陣として今マツダスピードブランドで出すのではなく
より価値の高いブランドとなったタイミングで出したいと考えている。
……いよいよ、次期プラットフォームからFR化が現実味を帯びてきましたね。
マツダが次世代プラットフォームからFR化することを検討しているようですね