マツダはAWDに対する戦略において、燃費を重視するようです

スポンサーリンク

私がちっちぇー頃はAWDではなく4WDって読んでたような気がします。
いつの間にAWDになったんですかね?

マツダ、AWD車の燃費で2輪駆車超え目指す
マツダは12月11日、独自技術によるAWD車(4輪駆動車)の燃費について、同じモデルの2輪駆動車を上回る性能を目指す方針を示した。
同日、北海道剣淵町の同社試験施設で開いた技術説明会で開発担当者が明らかにした。AWD車と2輪駆動車の燃費差は一般的に10%以上に達することが多い。マツダが2012年から搭載を始めた新開発AWD「i-ACTIV AWD」は、従来システムより43%の重量低減を図るなど、走行性能とともに燃費の大幅な改善も図っている。
同システムを搭載した『CX-5』の2.2リットルディーゼル車の燃費(JC08モード)は、18.0km/リットル。同じエンジンの2駆車は18.4km/リットルなので、その差は2%でしかない。マツダは今夏、上級車からコンパクト車まで国内向けの主要5モデルで新開発AWDの展開を終えた。
今後は同システムの改良を更に進める方針だ。開発を担当するドライブトレイン開発部の八木康アシスタントマネージャーは「近い将来に実用燃費で2輪駆動車を超えるよう取り組みたい」と述べた。更に、国の審査によるモード燃費についても同様の挑戦をしたいという。AWDは走行条件によって2輪駆動より、エネルギー損失を抑制することができ、燃費改善が可能となる。

ソース:レスポンス
CX-5_Gallery_Overview_2.png
n329.jpg
cx3j.jpg
AWDってなぜかわかりませんがFFよりも燃費が悪いイメージがあります。
まあFFよりもタイヤが多く回ってるし燃費悪そうやなあぐらいでしたが。
実際の所はどうなのでしょうか。
実燃費を掲載するe燃費
燃費競争の激しいコンパクトカーにおいて、
FF駆動、AWD駆動がある車種のサンプル数の多い車種で比較してみましょう。
JC08モード?あんなもんあてにならん
燃費ランキングのカローラアクシオのハイブリッドがリッター24.5キロってやばすぎわろりんぬですね。
圧倒的な存在感を示すプロボックスディーゼル。
話を戻しまして、さっそく比較してみましょう。
まずはデミオ
FFでは実燃費が20.23キロです。軽油であることを加味すると実質アクシオよりもコスパが良さそう。
一方、AWDでは18.71キロと、これもまたそこそこな燃費。
私のスイフトちゃんよりもいいぞこれ!?
リッター当たりの燃費差は1.52キロです。
その差、凡そ8.1%ほど。%で考えるとやはりそこそこ違いますね。
次にフィットハイブリッド
こちらはFFでは22.9キロです。
一方、AWDでは21.42キロ!
リッターあたりの燃費差は1.48キロと、デミオ以上に差は少ないですね。
差は6.9%ほどです。
次にソリオマイルドハイブリッド。
他2つと若干違うような気がしますが、いかんせんコンパクトカーでAWDとFFをラインナップとしている車種が少ないのでご容赦ください(๑•́ω•̀๑)
こちらはFFでは21.59キロ
一方、AWDでは15.52キロ
非常に大きな差が出ますね。
リッターあたりの燃費差は6.07キロ!
差はなんと28%!わお!
同条件での車種がe燃費には他にはないのでここで打ち切りとします。(๑˘・з・˘)ブー
てっきりどれもソリオ並に差があるのかとおもいきや、リッター20キロ前後を確保しつつ
差も10%未満に縮めておりました。
燃費が第一とされるようなコンパクトカーの世界では、この健闘っぷりは素晴らしいと思います。
一方、ソリオはいまいちな結果。
トールワゴンなので風の抵抗なんかも相当受けそうですが
FFは燃費性能が素晴らしいにも関わらず、AWDは相当燃費を落としてしまいます。
ハスラーのFFとAWDの燃費差は相当少ないので、AWDにおける燃費に対する技術が低いというわけではないようですが……。
しかし、AWDは燃費がモロっくそ悪いイメージが(個人的に)かなり払拭されました。
静岡は雪が降ったら号外が出るぐらい雪の振らない地域なので、燃費が悪くなるAWDはいらねえなあと思っておりましたが……。
冬場のドライブ先も増えるし、案外、悪くないかもしれません。笑