マツダの選択と集中。ミニバン市場から撤退し、SUV市場へと集中するようです。

スポンサーリンク

ミニバンは国内人気こそ高かれど、国外人気はイマイチなものです。

開発リソースは限られていますから、ミニバンからSUVへと注力先を変えるようですね。

車の中小メーカーは生存するためにより鋭くメーカー全体をブランディングする傾向へとシフトしています。

最近では三菱がその方向へと切り替えていますね。

どうやらマツダも選択と集中を行い、これから中期~長期にかけてマツダはミニバンを減らしSUVに特化するようです。

スポンサーリンク

概要

日経新聞より、

マツダは2017年をめどにミニバンの開発・生産から撤退する。多人数が乗るクルマとして多目的スポーツ車(SUV)の人気が世界的に高まっており、ミニバンの経営資源を振り向ける。三菱自動車も小型SUVや電気自動車(EV)に注力する。トヨタ自動車など大手がほぼ全車種をそろえて拡大を続けるのに対し、中堅自動車メーカーでは車種を絞り得意分野に集中する動きが広がってきた。

ニッケイの有料記事なので、概要だけ説明します。

1.ミニバンは2000年代、大きな支持を集めたが、SUVへと人気が移り市場が小さくなっている。
2.ミニバンの人気はトヨタ、日産、ホンダに集まり、マツダにとっては厳しい状態である。
3.グローバル市場の競争も激化している。経営資源を確保するために、マツダは2017年までにミニバン市場から完全撤退する。

実際、現在のミニバンの車種は大手に集中しています。

トヨタのミニバン3兄弟や、

トヨタのノア、ボクシー、エスクァイアのマイナーチェンジ情報で...

日産肝いりのセレナ、

思った以上に安いです。日産の意気込みを感じますね。

最近は落ち目であるものの、ハイブリッド搭載で巻き返しが十分可能なステップワゴンもありますね。

ミニバン需要自体は横ばいでありますが小型ミニバンへとシフトしている為、大型ミニバンは急速に市場がしぼんでいる状態です。

マツダは国内販売としてワゴン型ミニバンで、スポーツ性能が高いMPVと

スカイアクティブ×ミニバンを融合させたビアンテの2種類です。

以前はプレマシーもありましたがすでに廃止されています。

半年前まで3車種存在していたと考えるとミニバンが多すぎるかもしれませんね。

中国新聞から続報も!

マツダのお膝元である広島の新聞社である、中国新聞からも続報がありました!

中国新聞より、

ミニバンの開発、生産を終える方針のマツダは、2018年初頭にも、本社宇品工場(広島市南区)で続けてきた2車種の生産を打ち切り、ミニバンから撤退する。世界で人気が高まっているスポーツタイプ多目的車(SUV)に投資を集中させる。

現在、生産しているのはプレマシーとビアンテ。関係者によると、来年初めにも生産を終える。マツダは、国内でミニバン市場を開拓した先駆者として知られるが、これで完全撤退する形となる。

日経新聞とは時期が異なるものの、2017-2018年の間にMPV、ビアンテはなくなることが考えられますね。

スポンサーリンク

ミニバンの代わりに3列SUVをリリースへ!

同じく日経新聞より、このような記事もあります。

ミニバン撤退で生まれる余力は世界展開しやすいSUVに振り向ける。販売中の中型SUV「CX―5」をベースに3列シート7人乗りの大型SUVを新たに開発し、18年にも発売する計画。

以前、マツダの投資家向け情報を確認してみたところ国内向けにCX-9を検討しているという記事がありましたね。

マツダは欧州で売れている風潮があります。 それは本当なのか...

この後続報がないため、CX-9の国内販売は頓挫したのかもしれません……。

その代わりにCX-5をベースにしたSUVをリリースする予定とのこと。

恐らくこちらは世界中で販売するのでしょうね。

マツダCX-5の3列シートSUVである、新型CX-8の情報で...

続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?



シェアする