マツダの選択と集中。ミニバン市場から撤退し、SUV市場へと集中するようです。

スポンサーリンク

ミニバンは高級車種でありながら国内需要が大きく、
中古価格もある程度維持されており、メーカーにとって優良車種ではないのでしょうか。
ここをあえて撤退する理由は……?


img_2567748afdfd3bf9d6c88199e43b9c8834302.jpg
(40年ぶりぐらいに新調したロゴらしいです。
シトロエンDSのように新しいブランドを立ち上げるのか、このまま高級車を目指すのか?)
以前三菱自動車がSUVに特化するという記事を書きました。
三菱自動車の選択と集中。主力車種の開発を辞めて、SUVにより特化するようです。
今回はマツダが選択と集中を行うようです。

マツダは2017年をめどにミニバンの開発・生産から撤退する。多人数が乗るクルマとして多目的スポーツ車(SUV)の人気が世界的に高まっており、ミニバンの経営資源を振り向ける。三菱自動車も小型SUVや電気自動車(EV)に注力する。トヨタ自動車など大手がほぼ全車種をそろえて拡大を続けるのに対し、中堅自動車メーカーでは車種を絞り得意分野に集中する動きが広がってきた。

ソース:ニッケイ
ニッケイの有料記事なので、概要だけ説明します。

1.ミニバンは2000年代、大きな支持を集めたが、SUVへと人気が移り市場が小さくなっている。
2.ミニバンの人気は大手に集まり、マツダにとっては厳しい状態である。
3.グローバル市場の競争も激化している。経営資源を確保するために、マツダは2017年までにミニバン市場から完全撤退する。

こういった概要です。
最近のニッケイの飛ばしっぷりはすごいですね。
マイナス金利なんか、日銀が発表する前にニッケイは飛ばしていたようです。
部屋を調査しても、盗聴器類は発見できなかったとか。
どうなってんのこれ。
しかもこの内容。
3列シートのCX-5はちょこちょこ噂がありましたが、時期まで記載しているのは
初めてではないのでしょうか。

ミニバン撤退で生まれる余力は世界展開しやすいSUVに振り向ける。販売中の中型SUV「CX―5」をベースに3列シート7人乗りの大型SUVを新たに開発し、18年にも発売する計画。

日本にCX-9が展開されるとIRには書いてありましたが
マツダは本当に欧州で人気があるのか?
どうやらCX-9とは別に、CX-5ベースで3列シートのSUVを2018年には
ラインナップさせるようです。
……CX-5、あのトランクに3列目を載せられるのかな?
2017年にGen2へとベースを移す予定のマツダ。
後々ラインナップに追加される3列シートのSUVは
販売中のCX-5」と書いてあるので、現行のCX-5を利用するのでしょう。
そうなると、3列シートのCX-5ベースのSUVは
2017年に始まるGen2は搭載されないこととなります。
Gen2の一番槍はCX-5と噂されておりましたが……。アクセラとなるのでしょうか。
それとも、Gen2自体が延期しているのか?
このSUVには搭載されないけど、2017年にCX-5のフルモデルチェンジが来るのか?
理由は不明ですが、「2018年に3列シートのSUVがラインナップする」というのは
確定なのでしょう。
マツダのミニバンというとMPV、ビアンテ、プレマシーでしょう。
確かに……国内でもあまり見ない……!!
プレマシーの中古なんか割といいと思いますが、新車はちょっと……。
正直言って、現状のマツダのミニバンですと
トヨタやホンダに販売台数で勝てるとは思えません。
自販連のホームページ
マツダ自身もそれを理解していたのでしょう。
あえてミニバンに対しテコ入れを行わず、SUVと統合することで
国内だけでなく、国外への競争力を高めようということですね。
気づいたらマツダもSUVメーカーになってそうないきおい
Gen2は延期するのか?CX-9は日本でラインナップされないのか?アクセラのマイナーチェンジは?
全て、5月か6月辺りに公開されるアニュアルレポートで公開されるでしょうね。