マツダの決算短信情報!4~6月は欧州市場において、SUVが牽引したみたいです

スポンサーリンク

ちょっと前の記事ですが、簡単に和訳しました。

ちなみに、まだ日本では正式発表されていない様子です。

後日公開されると思うので、公開されたらまた分析します。

欧州マツダにおける、登録車数が成長。SUVが牽引している

マツダは去年の同時期に比べ、欧州市場において25%の販売増加であると発表した。

ドイツで17%の増加イギリスで4%の増加であるが、それ以上にスペインで30%の増加が大きな要因の一つであるとされている。

主に売れた車種はCX-5、そして去年には存在しなかったCX-3といった、SUVが大きく牽引している。

マツダの欧州営業&サービス責任者である、マーティン・テン・ブリンク氏曰く、

「我々が長期間市場を広げ、また市場を奪うことが出来ました。これは、欧州全域のスタッフやパートナーへの賛辞であります。」「もちろん、ラインナップ戦略やマツダデザインも、このシェア拡大にとって大きな意味があり、これら二つの要素によって今の結果があるのです。」と発言した。

マツダは確かに予測よりもポルトガル(163パーセント増)、スウェーデン(73%)、ベルギー(71%)、イタリア(67%)、フランス(64%)、デンマーク(53%)、フィンランド、ポーランド(39%)の増加に加え、以前に比べ大きなな営業利益も確保している。

更に2017年に英国にて発売される、MX-5 RF(ロードスターハードトップ)は、更にシェアを拡大させ、マツダのサクセス・ストーリーを引き立てることとなるでしょう。

carscoopより

というわけで、carscoopめっちゃマツダ大好きやんけ記事です。

ちなみに日本ではまだ決算短信は発表されていません。

ですから恐らく、公式の場で発表したことを記事にしているのだと思います。

マツダの株主・投資家情報(IR)。経営方針、個人投資家向け情報、業績・財務データ、決算資料、株式情報、債券・格付け情報を掲載しています。RSSフィードで最新情報をお届けしています。

前年比でしょうが、シェア拡大スピードがすごいですね。

決算が発表されて内訳を見てみないと分かりませんが、純増分がCX-3によるものなら

CX-3の牽引力はかなりのものがありますね。

欧州の税制ではCo2排気量や400cc毎異なるそうですから、1.5Dは恐らく欧州ではかなりちょうどいいのでしょうね。

なお、イギリスでのロードスターハードトップはこれです。

ニューヨークモーターショーにて、ロードスターハードトップが公開されたようです

かっこいいです。

ロードスターの赤もかっこいいですが、マシングレーもすごくかっこいい。

2014年の決算では、欧州での販売台数は日本や中国とほぼ同格でした。

マツダは本当に欧州で人気があるのか?

2015年では欧州市場が明らかに伸びていて、

販売台数は米国>欧州>中国≧日本の順番となっています。

2016年のマツダ決算を見てみよう! 今年は値引きを大きく行うか?

7/30に公開されるであろう、2016年度の1Qはどうなるのでしょうか。

はやく見てみたいですね!