マツダ「越」のデザイナーのインタビューが公開されましたね

スポンサーリンク

ふむふむ。


944435.jpg
944440.jpg
以下引用

フランクフルトモーターショー15において世界初公開されたマツダのコンセプトカー『越KOERU』は、SKYACTIV技術を全面採用し、デザインテーマ「魂動(こどう)」をベースにさらなる進化をはかったクロスオーバーコンセプトだ。
世界的に成長しつつあるクロスオーバー市場に、マツダはどのような提案で挑むのか。『ロードスター』の「艶」と『CX-3』の「凛」で対となる魂動デザインのブックエンドを、どのような表現で「越えた」のか。チーフデザイナーの小泉巌氏に訊いた。

ソース:レスポンス
1つずつ見ていきましょう。
◆マツダが持つ全ての技術を考慮したデザイン

—-:越KOERUをデザインするにあたって、パッケージのベースとなったモデルはあるか。量販車への展開は想定している?
小泉巌チーフデザイナー(以下敬称略):デザインスタディモデルなので量産車へのつながりはアナウンスしないが、新しいカテゴリーにチャレンジするクロスオーバーの提案として作っている。ベースとは言えないが、全長やホイールベースなどパッケージそのものは『マツダ3(日本名:アクセラ』のセダンと、空間的に近いディメンジョンを持っている。

デザイン的に明らかにクロスオーバーを意識しているのは間違いないでしょうね。
しかしながらサイズは、コンセプトモデルなのでちょっとデカめ。
MAZDAの越「KOERU」のコンセプトカーが発表されたようです

サイズは全長4600×全幅1900×全高1500mm。ホイールベースは2700mmと、アクセラクロスオーバーだのCX-9だの色々囁かれていましたがCX-9より小さく、CX-7に近いサイズです。

これをアクセラサイズまで落としこむとなると……スケール感は大きく変わりそうですね。
噂通り、アクセラクロスオーバーみたいな感じになるかもしれません。
CX-3のナンバープレートがいい位置だったのでこっちも当然良い位置に配置されますよね?(´^ω^`)

—-:デザインする際には、パワートレインやアーキテクチャなども想定していたか。
小泉:これまで私は新世代商品群の骨格を手がけてきたので、それらの特性を最も表現できるようにデザインを考えた。新世代商品群のアーキテクチャ全てを加味しており、エンジンもガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、二駆四駆も両方、今我々が持っているものは全て入れることができるという前提でデザインした。

私は車の設計関係は全くわからないのでアレなのですが、ディーゼル、ガソリン、ハイブリッド、これらすべて普通にやったら入らないのですね……。
越の量産車はこれら全てのアーキテクチャが入るということが確定しているのは嬉しいですね。

—-:越KOERUで実現した新たな魂動デザインのキーワードとは?
小泉:バイタリティ(生命感)とディグニティ(品格)をキーワードとしている。生命感は魂動デザインの基礎となるものなのでそれは保ちつつ、品格を一段上に上げる試みを行った。その手段としてデザインランゲージを、グラフィカルな抑揚ではなくて、ボリュームの大きな変化と、プランビューの動きからハイライトを使ったトラクションの表現に求めていった。そういった進化の中で、次のステージを模索しているという状況。

ライトがより小さく、細くなっているので好みが分かれそうなデザインですが、この辺りはどうなるのでしょうか。
個人的には品格ということに関してはやっぱり雄が一番優れているんじゃないかな~って思います。
セダンが大好きってのがあるんだけどね。笑
—-:越KOERUで初めて取り入れたデザイン的要素は?

小泉:ホイールプリント(ホイールベース、トレッド)の内側に出来るだけテンションを集め、その外側にはボリュームを感じさせるようなテンションをあまり持たせない基本骨格を作りたいという理想を持っている。しかし、開発的に避けられないハードポイントがあったりして、量産車の場合はどうしてもそうできないことがある。そのため、初代マツダ6(日本名:アテンザ)の際やこれまでの新世代商品群もそういう理想から離れてしまうことがあったが、これはショーカーなので達成することができた。

よこもじ だらけや
知識不足でいまいち伝わりませんが、デザイナーの理想を徹底的に詰め込んだデザインのようですね。
ライトが小さすぎるのが気になりますが、リアデザイン、サイドビューなんか特に美しいと思います。

—-:近年のクロスオーバーは、リアピラー(Dピラー)をブラックアウトしてクーペスタイルを強調するものが多いが、なぜAピラーをブラックアウトさせたのか?
小泉:造形的には、キャノピーにする狙いがある。サルーンやキャビンというと“部屋”になってしまう。部屋というのは前(前面)があり、横(側面)があり、屋根があるという概念なので、それを(デザイン手法で)なくしてキャノピーにし、流体力学的な視点で航空機に近いカプセル状の形にすることで、動きをより確実に表現できると考えた。

キャノピーとは天蓋のことを言うそうです。Dピラーをブラックにしクーペ風にするように、Aピラーをブラックにさせることで天井部分を浮かせるようにデザインしたんですね。オシャレ。

—-:量産化する場合には「CX-◯」というネーミングになるのか。
小泉:ブランド全体の中でどういう役割を持たせるか未決定のため何ともいえないが、クロスオーバーなので、「CX」になるだろう。しかし、どんなナンバーを与えていくかは未確定。ヒエラルキーやカテゴリーのボーダーを越えるというメッセージを発しているので、どの枠に入れるという意図はない。既存のラインナップには3と5があるが、その間なのかその上になるかは皆さんからの意見をいただいて決めることになる。

てっきりアクセラクロスオーバーって名前になるとばかり思っていましたが、CX-○って名前になるようですね。
アクセラワゴン、アクセラセダン、アクセラクロスオーバー、マツダスピードアクセラ、アクセラHVってラインナップだったらまさしくイン……
まあ、向こうはそれぞれ名前が違いますけどね。笑
なんにせよ、このクロスオーバー車が量産車ではどのようなデザインになるのか。
CX-3では小さく、CX-5ではデカすぎると思う私にはピッタリサイズかもしれません。すっごく楽しみ。
これなら10年戦えそうや!!

スポンサーリンク