マツダが次世代プラットフォームからFR化することを検討しているようですね

スポンサーリンク

※ニッケイの飛ばし記事です。
信ぴょう性は定かではないですし、まだ検討の段階です。

マツダ、次世代で「FR転換」を検討 高級路線を推進
マツダが中型車(C/Dセグメント)の次世代プラットフォームをFR(前部エンジン・後輪駆動)にする検討に入った。販売台数の7割近くを占める主力プラットフォームを、現在のFF(前部エンジン・前輪駆動)からFRに転換することになる。高級路線を推し進めたい狙いがありそうだ。
マツダは複数の部品メーカーに、2020年頃の発売を想定した車両のRFQ(Request for quotation:見積もり依頼書)を提出した。RFQに対するフィードバックを見て最終的に判断する。仮に量産を決断すると、2020年頃の全面改良が予想される「CX-5」や「アテンザ」からFRプラットフォームを採用する可能性が高い(表)。

ソース:ニッケイ
魂動デザイン以降、高級路線にシフトするためにディーラーをプレミアム路線にしているのは周知だと思いますが
ついにプラットフォームごとFFからFRを検討始めたようです。
定期的に高級路線を目指しますが……果たしてうまくいくのでしょうか。

 FRに転換する最大の目的は、ブランド価値の向上にある。FRの方が運動性能が高く、運転する楽しさを顧客に訴求しやすくなるからだ。

FRに乗ったことがないのでよく分かりませんが
ドライビングプレジャーを追求する上では必須なカテゴリーのようですね。
確かにドライビングプレジャーを訴える高級車のBMWは2シリーズ以外はFRです。
また、フラグシップセダン、中級セダン以上はFR車種が多いですね。
マツダはフラグシップセダン、フラグシップSUVですらFFなので
ドライビングプレジャーを訴える以上、必要な方向性なのかもしれませんね。
更にマツダは、往年の「あの車種」を復活させるかもしれません。→マツダのRX(ロータリースポーツカー)。2015年東京モーターショーにて、遂に復活するのでしょうか。
この車種こそ、マツダブランドにおけるドライビングプレジャーを語るには最高の訴求力だと思います。
マツダは言ってしまえば、世界のシェアでたって2%にも満たないメーカーです。
それは社長らが一番よくわかっていることでしょう。→マツダ「熱烈ファン囲い込み」小さくても勝てる戦い方【1】
シェアを増やすために営業力の拡大を狙うと5チャンネルのような失敗をまた繰り返すだけですし→マツダの過去の黒歴史!?「5チャンネル体制」の失敗
かといってマツダからクセのない車を出してもそっぽを向かれるだけでしょう。
また、車種を増やしすぎるのもコストアップにつながるので危険です。
また、EURO6ですらクリアできる会社が少ないにも関わらず→欧州の自動車メーカー、EURO6の目標基準値を達成できないと主張
2020年にはEURO7が施行されるのではないかと囁かれています。
研究開発費が膨張するのは間違いないですが、シェアを一気に増やすことも難しいのです。
全体的なシェアは同じ「2%以下」だとしても、利益率を上げることで
これからの研究開発費の膨張に対抗できる財務体質にするようにしなければなりません。
IRを見る限り、現在のマツダの営業利益率は約7%。
仮にBMW並の営業利益率を目指すとしたら、残り2%も挙げなければなりません。
ほぼ横ばいの販売台数で利益率を上げるためには、コストダウンだけでなく
売上単価を上げる必要があり、そのためにはある程度の高級路線は必要でしょう。
果たして市場はマツダの高級化を受け入れることができるのでしょうか。
ブランド価値というものは一長一短には上がらないものだと思いますが、
今こそマツダのブランド価値を上げるチャンスであることは間違いないと思います。
しかし……アクセラが300万、CX-5が400万、アテンザが500万となったら
現行が私でも購入できる最後のチャンスになりかもしれません……。