新たなサプライズとともに、新型CX-9がデビューしたようですね。

スポンサーリンク

でてきたでてきたじょうほうがでてきた
リーク情報通りの画像です。でっけえ!

【ロサンゼルスモーターショー15】マツダ CX-9 新型、初公開…250馬力の2.5ターボ新搭載
マツダは11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、新型『CX-9』を初公開した。
現行(初代)CX-9は2006年4月、ニューヨークモーターショー06で発表。『CX-7』(生産終了)よりもひと回り大きいSUVで、3列シートを装備するのが特徴。2008年モデルからは、エンジンを3.5リットルから3.7リットルV6に変更した。
2009年4月のニューヨークモーターショー09では、初の大幅改良モデルを発表。さらに、2012年10月、シドニーモーターショー12では、2度目の大幅改良を行い、新世代デザインの「魂動」が導入されている。
ロサンゼルスモーターショー15で初公開された新型は、2世代目モデル。マツダの最新の魂動デザインを採用し、力強いルックスを追求した。ボディサイズは全長5065mmと、先代比で30mm短縮。その一方、ホイールベースは55mm延ばし、室内とくに後席のゆとりを拡大した。
パワートレインには、新開発の「SKYACYIV-G 2.5T」を採用。先代の自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリンからダウンサイズした2.5リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力250hp/5000rpm、最大トルク42.8kgm/2000rpmを発生する。先代比で車両重量を最大約130kg軽量化した効果もあり、優れたパフォーマンスと燃費性能を両立させている。

ソース:レスポンス
はい、というわけで出てきました。CX-9。
画像はこちら。
981088.jpg
リーク情報通りの画像が出てきましたね。→新型CX-9がリークされたようですね
さすがクロスオーバーシリーズの最大サイズといいますか、むっちゃくちゃでかいです。笑
クロスオーバーのフラグシップということもあり、3列シートでありつつ、ラグジュアリーなインテリアデザインとなっております。
これまで以上にファイブポインテッドグリルが引き伸ばされており、飲み込まれそうな迫力がありますね。
981083.jpg
めっちゃくちゃ広い!
もちろん、マツコネを搭載。
しかしヘッズアップディスプレイが見当たりませんね。
CX-5にもありませんでしたが、なにか理由があるのでしょうか?
CX-9で新たに追加されたテクノロジーは、なんといってもエンジンですね。
これまで存在しなかった、2.5リッターのターボエンジンを積んでおります。
これまではV6エンジンの3.7リッターなので、ダウンサイジングターボを新搭載。

【LAオートショー2015】マツダ、新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新型「マツダ CX-9」に搭載
マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」シリーズの最上位エンジンとなる2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」を新開発した。
2016年春より、北米から販売を開始する新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」に搭載する。
アテンザなどに搭載されている自然吸気エンジン「SKYACTIV-G 2.5」をベースに改良を加えることで、卓越したカタログ燃費・実用燃費とともに、新型「CX-9」の使用シーンの9割以上(2015年11月時点、マツダによる計測値)を占める中低速領域でのリニアで力強い加速感、ターボラグ(ターボエンジンにおいて、加速時にコンプレッサーが機能するまでの遅延時間)のない良好な応答性を実現。4LV8自然吸気ガソリンエンジン並みの最大トルク310ft-lbを発揮する。

ソース:autoblog
どっかんターボじゃないターボを新開発したということでしょうか。
2.5リッターターボエンジンは4リッターV8エンジン並のトルクがあるのですね……。
他の車種のスポーツモデルにも転用できそうなエンジン。
これから新たなモデルにも搭載されているのか、楽しみですね。
又、このCX-9が日本でも展開されるのかは現在のところ不明です。
日本でも展開されれば面白いですね。