今年の11月のLAモーターショーにて、遂に次期CX-5が登場する!?

スポンサーリンク

2016/11/16 新型CX-5が公開されました!

マツダ、新型CX-5をロサンゼルスモーターショーにてデビュー!報道内容のまとめ!

こいつは気になる

11月のLAショーでニューマツダ CX-5登場か!?
新世代商品群も2巡目に突入
マツダが本腰を入れて開発したスカイアクティブ技術を全身にまとってCX-5が登場してからはや4年。あとに続いたアテンザ、アクセラ、デミオも同様に成功を収めているのは周知のとおりだ。世代交代が一巡し、今度はCX-5がモデルチェンジに向けて動き出す。
ロードスターの一新を終えて、基幹車種がスカイアクティブ技術と魂動(KODO)デザインを採用した新世代商品に生まれ変わったマツダ。今後も各モデルのブラッシュアップに取り組んでいくことは想像に難くない。そんな中、早くも一部のモデルが2代目へと切り替わることが判明した。その口火を切るのは、スカイアクティブ戦略の第1弾として登場したCX-5だ。
思えば、同車が発表されたのは2012年2月。まだ競争力もあって売り続けられそうだが、マツダは色あせてしまう前に世代交代させることを決めたようだ。
スカイアクティブ第2世代は採用されるのか
マツダの中期経営計画では、基本コンポーネントをリニューアルして、スカイアクティブGEN2(第2世代)に進化させることも言及されている。CX-5にこの新システムが採用されるか、気になるところだが、残念ながら次期型には間に合わない模様。
どうやら次期CX-5には、現行ユニットの改良版が用いられる見込みだ。すなわち、シャシーやエンジン、ミッションは現行スカイアクティブ世代のリフレッシュ版にとどまる。
それでも、2.2LスカイアクティブDにナチュラル・サウンド・スムーザーが織り込まれるなど、ディテールに改良が施されることは想像に難くない。
これと合わせて実施されるのが、作り込み品質の向上と、乗員が官能的な走りを通じて感じるクオリティの向上だ。具体的には、キャビンの静粛性アップが図られて快適性が高められ、徐々に増えているプレミアムブランドからの乗り換え客を満足させる質感を確保。もちろん乗り心地も高められるに違いない。
気になる発表時期だが、2017年早々というのがスクープ班の予想。しかし、早ければ2016年11月に開催される、LAショーで公開される可能性も。マツダの第2世代の口火を切るモデルとなるだけに注目したい存在だ。

ソース:カーセンサー
カーセンサーでの予想イラストはこちら。
scoop892.jpg
マイナーチェンジ版かな?
次期型で適用されるデザインコンセプトはこちらです。
b056e9d7b07e55cb432c627ee2ca941e.jpg
965833.jpg
これからのマツダデザインの方向性について、示唆に富んだインタビューが公開されました。
このデザインが適用される以上、グリルデザイン自体大きく変わるでしょう。
フィンは無くなって艶のあるハニカムになりそうなものですがどうでしょうか。
このRX-VISION、改めて見ると全くメッキ分がないですね。
ライト周りとエンブレムにしかメッキがありません。
メッキマシマシのこの時代、珍しくもあり、(個人的に)好ましいです。
しかしここまでグリルを大きくするのなら
エンブレムもボンネットに出したほうがかっこいいと思うのですが……。
ところで、次期型CX-5がリリースされる上で
気になるのはスカイアクティブGEN2が乗るのかどうか、
本当に全プラットフォームがFRとなるのかどうかです。
マツダが次世代プラットフォームからFR化することを検討しているようですね
本当にFR化するのであれば、間違いなく価格は跳ね上がるでしょう。
ブランドも高級化し、+50万円前後は覚悟しなければならないかもしれません……。
最近は高級車でもFRばかりを取り揃えているわけでもないですし
車内スペースなんかも考えてアテンザ以外のDセグメント車種、CX9、RX、ロードスター辺りだけ
FRにして、残りはFFのまま高級車を目指してもいいと思うんですけどねえ。
もう一つ疑問点として、スカイアクティブGEN2が載るか否かです。
このソースでは次期型CX-5には搭載されないだろうと考えているようですが
販売台数において、マツダブランド跳躍の大黒柱であったCX-5が本当に搭載されないのでしょうか?
私には到底考えられません。
IRを見ていただければわかりますが、今CX-5はアクセラの次に売れている世界戦略車です。
マツダは本当に欧州で人気があるのか?
確かにIRを見る限り、SKYACTIV商品郡は2017-2019まで継続的にアップデートを行い
2018年以降にGEN2をリリースしていくと書いてあります。
しかし、そうであるのなら来年ムリに出すよりも
2018年に一新し、より高い技術力を訴求したほうが
ブランド力も向上するのではないのでしょうか。
GEN2の情報が一切入ってこないのでなんとも言えませんが
開発が遅れて次期アクセラから搭載されるのか、開発が早まり来年でも搭載できるのかもしれません。
それよりも前提としてこのソースが全然違っていて
今年のLAモーターショーにワールドプレミアする可能性のほうが低いと思うので
あまり気にせず考えましょう。笑