マツダ、CX-3のガソリンモデルを国内販売へ!今夏発売予定!

スポンサーリンク

売上を見ると、CX-3は競争に負けてしまっている車種であると言わざるをえない状態です。

デザイナーの夢や理想をすべてつぎ込んだ車種だからこそ活躍してほしいものです。

レスポンスより、

マツダ、CX-3にガソリンモデルの追加設定を検討…国内販売テコ入れで

マツダの青山裕大執行役員は2月2日に都内で開いた決算会見で、日本での販売が伸び悩んでいる『CX-3』のテコ入れ策としてガソリンモデルの追加導入を検討していることを明らかにした。

青山執行役員は国内での販売状況について「2016年は新商品がこれまでなかったということで、商品改良車を群として戦う戦略をとってきた。7月以降、『アクセラ』を皮切りに商品改良車を投入しているが、状況的にはアクセラ、『アテンザ』については、ほぼ計画通り。やはり業績が悪かったのがCX-3、『デミオ』のセグメントだった」と指摘。

その上で「CX-3、デミオともディーゼルを主力に展開してきたが、このセグメントの特徴としては短距離や都市内での移動であったり、あるいはりバリューを求めるお客様がいらっしゃるということで、これからはガソリンや、あるいはより量販帯にフォーカスしたような施策を展開していく」と述べた。

cx-3_top_hero_01_1610.ts.1610140139299200

スポンサーリンク

中国新聞によるリークも!

中国新聞より、同様のリークがありました。

決算会見の時点ですでにガソリンモデルの販売へと向かっていたようですね。

CX-3は素晴らしいデザインであり、マツダとしても徹底した商品開発をしていたはずです。

苦戦しているようでしたから、テコ入れは必要不可欠であったのでしょう。

スポンサーリンク

日経新聞からもリークが!

日経新聞よりリークがありました。

マツダ、SUV「CX―3」にガソリン車 国内テコ入れ

マツダは今夏、国内で小型多目的スポーツ車(SUV)「CX―3」のガソリン車を発売する。従来はディーゼル車だけで、販売台数が伸び悩んでいた。力強い走りや燃費はディーゼル車が勝るが、ガソリン車は価格が30万円程度安くなるとみられる。消費者の選択肢を増やしてSUV需要を掘り起こし、低迷する国内販売のテコ入れにつなげる。

今夏発売予定とのことです!

現行より30万安くなるということは、ベースグレードは200万円台となりそうですね。

パワートレーンは1500ccが検討されているようですから、XD未満のベースグレードとなりそうです。安全装置を外されるかもしれません。

具体的なグレード構成らは続報に期待しましょう。

スポンサーリンク

客足は実際に遠のいているようで……

正規販売を続けた結果、短期的にですが間違いなく客足は減っているようです。

マツダ、世界販売台数を過去最高を更新も減益へ!理由は中国市場にあり!
短期的には良くない決算内容と言わざるを得ません。CX-5の買い控えも反映されている決算内容です。

決算報告に目を通してみると、主力である日本市場、北米市場で右肩下がりのようです。

マツダ決算報告より、各国の販売台数を見てみると

sc0000

このような状況です。

米国での落ち込みが大きいですが、それ以上に日本の落ち込みが凄まじいです。

日本市場に合わせた車はデミオ、CX-3、アクセラですが、12月での販売台数実績がかなり落ち込んでいます。

販売台数を更新できたのは全て中国市場における大幅な拡大によるものです。

もはや、マツダの主な市場は中国になりつつあるのです。

sc0001

12月は稼働日が少ないので販売台数が大幅に下落することはどこのメーカーも同じですが、主力車種でこの落ち込みはきつすぎると言わざるをえないでしょう。

デミオが上がっている一方で、CX-3とアクセラの落ち込みがひどいです。ボラティリティが高すぎます。

高級ブランド化を急いだミスか?

デザイン及び技術的な競争力は間違いなくオンリーワンのブランドです。

オンリーワンということは、競争をする必要のない独特のブランドであるということです。中小メーカーが生き残るすべであるといえます。

ただし、オンリーワンは必然的に大手が手を出せないようなニッチな方向へと会社全体が向かいます。その象徴とも言えるのがCX-3でしょう。

CX-3はディーゼルモデルのみ、コンパクトクロスオーバーの中でも高額で、デザイン性に超特化することで居住性を犠牲にしています。

私はこのような車種をとても素晴らしいと思いますが、売れるのかは別の話となります。

価格差別と呼ばれる考えがあります。これはざっくり言うと、高い金を出しても買う人には1円でも高く、機能が制限されたとしても安くならないと買わない人には赤字にならない範囲である程度安くしそういう人にも売る考え方です。

車で言うと車種であればエントリーグレードから最上級グレードという形で行われていたり、同じ車種でも新車と中古車で実質的に行われています。

価格差別においてCX-3は、意図的にディーゼルモデルのみにし車両価格を上げて、安くならないと買わない消費者を切り捨てた車と取られることになります。

また、ディーゼルモデルの弱点として短距離での移動を繰り返すとエンジンにダメージを受けることとなる点があります。こういった顧客も必然的に切り捨てられます。

高級ブランド化するためには、ある程度の顧客層の脚切りが必要となります。

短距離での移動がメインの顧客まで脚切りしてしまうのは手痛いでしょうが、それでも顧客はCX-3の価格上昇について来れると判断し、ディーゼルモデルのみをリリースしたのでしょう。

「CX-3、デミオともディーゼルを主力に展開してきたが、このセグメントの特徴としては短距離や都市内での移動であったり、あるいはりバリューを求めるお客様がいらっしゃるということで、これからはガソリンや、あるいはより量販帯にフォーカスしたような施策を展開していく」

この発言はそういう意味なのです。

株主への利益が宿命である会社としての方向性はこうするしかないのでしょう。

マツダデザインもエンジンも、間違いなくオンリーワンです。

HCCIエンジンを世界で初めて開発したり、

マツダ、HCCIエンジンをついに実用化!非ハイブリッドで燃費30km台へ到達へ!!
ついに実用化です!素晴らしいです!ハイブリッドクラスの燃費まで伸びるようですね!

CX-4がデザインオブザイヤーを受賞したり、

マツダ、CX-4がデザインカーオブザイヤーを受賞!なんとマツダ車初の快挙!
CX-3とCX-5の間を埋めるというよりも新しいセグメントとして発売されたCX-4。最近続報を聞きませんが、どうやら中国ではデザイン...

悲願のRX-9もここまで近づいているのです。

遂にRX-9が決定!?マツダ誕生の100周年に向けて2020年にリリースか?

発言を見る限り、ガソリンモデルが日本でも投入されるのなら2.0リッタースカイアクティブエンジンとなるでしょう。価格も現行より安くなると考えられます。

恐らくまた続報が入ると思います。

続報は追って追記します。

スポンサーリンク
こちらの記事はいかがですか?

こちらの記事も一緒にいかがでしょうか?